ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アメリカの夏祭; Del Mar Fair(デルマー・フェア)
d0056879_1451812.jpg
同居人家の住むDel Mar(デルマー)というエリアは競馬場(赤鉛筆のおじさんというよりは羽根のついた帽子を被ったご婦人方が見られる系です^^)があることが有名で、毎年、夏になると競馬を目当ての観光客が押し寄せ、華やかな雰囲気になります。その競馬シーズンの直前、今の時期に、その競馬場と隣にあるデルマー・フェア・グラウンド(常設のフェスティバル用の広場)を使って、開かれるのがSan Diego County Fair、通称、Del Mar Fairです。

なんでも、このDel Mar Fair、毎年100万人以上の人が押し寄せる巨大な催しらしい。しかしながら、近所に住んでる身としては、この時期になると道路がやたら渋滞し、普段、通れる道も一方通行になったりして、正直、少々、うっとおしい訳です。去年は引っ越してきたばかりで、まだ余裕のなかった同居人家ですが、SDに住むこと早1年、アメリカのお祭りとはどんなもんか一度、見てやろう、と挑戦的気分満々で、本日、行って参りました。
d0056879_145468.jpg
↑入口、ここまでにたどりつくまでも実は長蛇の列でした。



d0056879_146972.jpg
↑今日のチケットを持ってくと近所の映画館が安くなる(らしい)。
d0056879_1611577.jpg
↑パンフレットでご挨拶中のシュワちゃん(州知事)。

今年のテーマはご覧の通り『映画』。メインのパビリオンの中にはサンディエゴに関係した映画のポスター等が展示されてましたが(マリリン・モンローからトム・クルーズのトップガンまで)、うーん、頑張れ、展示係、という内容。パビリオン内にはお客さんも、それほど多くなく、まぁ、テーマは皆、どうでもいいのね、ということがよくわかりました。

で、みんな何しに来てるかというと、まずは、これ…
d0056879_14151813.jpg
ほとんどが家族連れのお客さんたちは、どうやらまずは食べに来てるらしい(意外に旨かったチーズケーキのチョコレートがけ、アーモンド&ピーナッツトッピング;自分でトッピングを選んで$2.25)。
会場には合成色素と油脂いっぱいの身体に悪そうな(by Tamra; 私の口の悪いアメリカ人の友人です)食べ物関係のお店が延々と並び、皆、嬉しそうに食べながら歩いているというわけです。
d0056879_14162287.jpg
↑こんなにいっぱいの人、アメリカに来てはじめて見たかも。因みにすぐ向こうは海ざんす。

で、食べ物以外はというと…
d0056879_14184695.jpg
↑ケーブルカーで二つの会場間を移動中。芝生部分が馬の走るフィールド。
d0056879_14584691.jpg
いつもの競馬場は即席遊園地に早代わり。大人の楽しめるようなものはほとんどないけど、お客さんのほとんどが小さい子供連れなので、カメラやビデオを持った親達が、子供の乗り物に乗ってるところをおさめるのに大忙しという風情でした。

関係ないけど、我らが一番印象的だったのはこのアヒル…
d0056879_14225241.jpg
これ、金魚すくいなんです。上手にすくえるとぬいぐるみがもらえるらしい。女の子達が一生懸命がんばってました。

もともとは競馬場なので、動物もいっぱいいます…
d0056879_1424792.jpg
↑牛小屋、馬小屋、いろいろ小屋…。入る前には手を洗うべし、との表示あり。
d0056879_14242088.jpg
↑ヒューマニストのフィンランド人の友人を怒らせた豚のレース(今日は時間が合わず、見れなかったが)の会場。実は会場中にはいろいろな動物のウンウンの香りが漂ってまして、やっぱり、アメリカ、農業国なのね、とも思ったりしてね。

時間を見ずに行ったため、今日は見られませんでしたが、他に映画の上映、コンサートや、バイクのレース、モトクロス・カーの体験コーナー等々もあったようです。

で、初めて行っての感想は、、、まぁ、一度行けば十分ですねー。子供向けの催しっちゅうことです。周りにいるアメリカ人に行く必要ない、といわれた意味がよくわかりました。

ただ、うちの近所って実は有色人種(自分も含む)がほとんどいないエリアなんですね。で、今日、会場で見た人々は半数以上がラティーノの方々。白人比率(ラティーノは入りません)が50%を切ってるサンディエゴの実態がはじめてよくわかったりなんかして、いろいろと実は考えさせられるフェアでございました。

やっぱり、食わず嫌いはよくないということで、次は競馬見学に挑戦予定。今日と対照的なお客さんが同じ場所で見られることでしょう。これもまたアメリカということで、チャレンジしてまいりたいと思います。どうやって馬券を買うのかは謎ですが、、、。
[PR]
by koru2005 | 2005-07-04 15:10 | ◆サンディエゴあれこれ