ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
私達はイワシが食べたいのですが、、、@ Del Mar Beach
アメリカは日本以上にフリーペーパーの類が盛んなようで、うちのポストにも頼んでもないのに、Del Mar なんちゃら、とか、North countyなんちゃら(どちらも同居人家のある地域名)といったタウン紙が毎週、どっちゃり入ります。

いつもはほとんど見ずにゴミ箱行きのその新聞たち(だぁーって、隣のだれとかさんちの薔薇がきれいに咲いた、とか、うちの孫が発表会でバイオリンを上手に弾いた、とかそういうネタが多いんだもん)。

が、とある夕方、日ごろから食い物のことしか考えてないAの目をひいたのが『Grunion run』という記事でした。
d0056879_0463881.gif
なんでも、このGRUNIONくん(グランニョン、みたいな発音らしい)はイワシの仲間で、春から夏にかけて、満月と新月の夜に大潮に乗って、浜辺に上がり(!)、カリフォルニアの海岸に卵を産みに来るそうな。その記事曰く、これは都会の伝説、さぁ、浜辺でのたうち回るイワシの群れ(本当はGRUNIONなんだけど、私の頭の中では既に、ただのイワシ)を見に行こう。これは自然の神秘だ、、。


よくよく読むと、18歳以上はカリフォルニアの釣りのライセンスを持ってる人のみ、その、イワシ拾っていいと書いてある。
でもさ、のたうち回るくらい来るんでしょ。
2、3匹くすねても、わかるまい、とナイロン袋をポケットに隠し持って、昨日の夜中、漁に?行って参りました。

近所の人の手前、夜中に歩いていくのも怪しいので、車で海岸に向かいます。時は丑三つ時、いつもは海に来る観光客でにぎやかな通りも静まり返っていました。
d0056879_142538.jpg


新月の浜辺は更にまっくら。実は小心者のAは既にビクビク。
d0056879_151222.jpg
Bに引きずられるようにして、浜辺におりていきました。
d0056879_164188.jpg
夜の海は昼間以上に、塩の香りが濃厚です。
満潮時のため、いつにも増して、波も高く、やっぱりこわいよー。




d0056879_174763.jpg
わかります?波頭が青めなのが。さらに目を凝らすと、時折、キラッ、キラッと波の先端が鏡の反射のように光りはじめました。イワシ様のご到着のようです。

そしてよくよく見ると、誰もいないと思った海岸にうごめくもの。人もいました。

で、みんなで一緒に波打ち際に近づくと…
d0056879_193166.gif
おお、イワシだ、イワシだ。。。ご夫婦で卵を産み付けてる模様、がんばってます、がんばってます。。。

塩焼き、塩焼き、という単語が頭の中で回ります。が、
d0056879_111690.jpg
ボランティアの人々も周りでこのイワシ君を観察してるのよねー。

ベテランの方々の話によると、大群を見るには、運と浜辺で何時間も待つ忍耐力が必要で、彼らはイワシが来ると思われる時期(月2回、各4日×数時間)はひたすら、浜辺でイワシをお待ちになるそう。
自然って素晴しいわよね、と言われ、そうですね、と取り出しかけたナイロン袋をポケットに隠すしかなかったAでございました。

根性のない我々は眠気に負けて、大群が来る前に帰ってきてしまいましたが、本来はこういう光景が見られるはずだったのですね。
d0056879_1181876.jpg
d0056879_1184690.jpg
d0056879_1193543.jpg


次の満月は7/23~26。次回は人の少ないところに行かねば、と心に誓いつつも、やっぱ、夜の海、こわいかも~、とも思ったりして。サンディエゴにお住まいの皆さん、あんまり暗くなくて、イワシがいっぱい来るところって、どこでしょうかねー。あと、出来れば、ボランティアはいないほうがいいんですけど...
[PR]
by koru2005 | 2005-07-12 02:01 | ◆サンディエゴあれこれ