ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
買物嫌いのファッション・トーク
最初に言っておきますが、実は私は買物が嫌いです。よくスーパーに行ってんじゃん、といったあなた、それは当たり。私、食べ物の買物はまだ、ましなんですけど、いわゆるウィンドゥ・ショッピングが大嫌いなんです(いらいらするの、苦笑)。おかげで洋服の店には、人に買物に誘われた時、か、必要に迫られたときしか行きません。

が、この週末、Bのボス、ブレンダさん(女性)のお宅のパーティーにお呼ばれされたA&B。ところが、よく考えたら、Aの履く

       『靴がな~い!!!』

ということで、パーティの当日、切羽詰って、アウトレットなんかに行ってきました。

ので、今日のお題はたまには駐妻らしく!、洋服の買物、についてです。

Bのボスのブレンダさんは、我々がサンディエゴで最初に入ったホテルに大量の猫缶と、サンディエゴの地図を届けておいてくれた方。りるーさん連れの旅行でボロボロ&持っていた猫缶をすべてロスの空港で没収されたA&Bは、ホテルの部屋に置かれていたこのプレゼントと、優しい言葉の書かれたカードに、涙が出るほど感激したものです。

去年もホームパーティに呼んでいただいたのですが、その時はりるーさんの具合が悪く、Aはパス(一泊置いて温泉に行ったら、ピーピーになり、病院に行った…)。今回は這ってでも(オオゲサ?でも、そういう気分なのよ)行かねばなりません。で、…
d0056879_2343299.jpg
…パーティのコーディネート案A。

では(?)長年、デザインの分析・調査・コンセプトメイキングを仕事でやっていたA、本日のコーディネート案A(バーゲン案内?)を説明させていただきます(10年以上毎月雑誌を何十冊もチェックしてたんで、買物が嫌いになったという気もする…もういいや、って感じなんです(苦笑))。

ブラウスは今年のGUCCI。裾の三段フリルが実物は結構ゴージャスだけど、色が黒なのでパーティにも普段にも着れて便利&シルク・クレープなので、シワにならずにいいかな、と思って購入。グッチ~!と驚いたあなた、もっと驚かしてあげましょう。私、これをSDのSAKS FIFTH(高級デパート)のアウトレットで8割引で買いました(日本で買うと更に高いですが、定価約900ドル→100数十ドル)。私にピッタリだったXSサイズのこのブラウス。想像するにアメリカ人には入らず、売れ残ったらしい。ラッキー!(いつも私を買物に引きずり出してくれるリパ子チャン、感謝)

バッグはJAMIN PUECHというパリのデザイナーのもの。私は彼らのバッグがだーい好きなのですよ。この人達、パリコレに出してるデザイナーのバッグを作ってることでも有名で、一つ一つハンドメイドで作られる彼らのバッグは非常に凝ったものが多く(私のも牛の角でできたボタンが手縫いでとめられています)、世界中にコレクターがいます。日本だとH.P.FRANCEが代理店をやってますが、これも日本で買うといーいお値段。が、私はe-bay(アメリカの巨大インターネットオークション)で数千円で新品を購入しました^^。

で、ボトムはCIMARRONのブラック・デニム。日本でヤフオクで購入。定価は日本で15000円くらいかなー。でも確か3000円くらいだったような。ヤセッポッチのAはアメリカで大人用ボトムを買うのは絶望的なので、こちらに来る時に大量にこのシマロンを買ってきました(細いんです、このブランド)。因みにアメリカでの私の子供用サイズは12歳のSLIMってやつです。私、背はまぁ普通なので、12歳用だとちょっと丈が短いんだけど、この上だとお話にならないの、ふうぅ。

普段のAはサンディエゴに合わせて(湘南時代からそうだったとは言わないでね、旧友の方々)カーゴパンツかジーンズに、草履履きのほぼノーメーク(日光アレルギーなんでサンスクリーンは必須)。学校とスーパーしか行かない限り、これで全然OKなSDなわけなんですが、Bの会社の方々が来るパーティーということは、=出席者は全員デザイン関係。で、この人達、草履履きの半ズボンしか見ないSDでどこで買うんだ、というくらいお洒落なんですぅ(泣)。ブレンダさんちの玄関で、『Hi!』と言った瞬間、上から下までファッション・チェックされるのは必定。

というわけで、実際に買物にいったのはこちら。
d0056879_232442.jpg
…うちから車で15分くらいのCarlsbad Premium Outlets。SDにも一応、デパートちっくなものはあるのですが、上でも書いたように、アメリカって物を定価で買うのがアホらしくなるバーゲン王国。今年の春夏のプラダのあれ~、とかって思わない限りは、アウトレット系の店(いろいろあります)に行くのが賢い主婦というわけ。

で、飛び込んだ先はこちら。
d0056879_2339186.jpg
BARNEYS NEWYORKのアウトレット。見た瞬間にどこのブランドとわかるものを持つのが好きじゃないので、セレクトショップ愛用者のA。日本時代から、ちょっとひねったデザイン物を扱うバーニーズ(新宿、銀座、横浜、大阪にあり)は好きでしたが、こちらにはアウトレットがあるので重宝してます。あたしのサイズは残ってるしね。

本日のお買い上げ。
d0056879_23594899.jpg
…ほっほっほ。靴じゃないって? だーって、可愛かったんだもん。パッチワークのこのキャミ・ブラウスはNYのデザイナーMARC JACOBS。このキャミ、裾が二段になってたり、ストラップの留め具がホーンだったり、なかなか凝った作りなので、可愛いけど、子供っぽくない。いやぁ、またパーティ、あるかなぁ、と思って、ね(笑)。

d0056879_001574.jpg
…大好きな黄緑色&サイケ柄が気に入り、ついブラウスも買ってしまった。アンクル・ストラップのサンダルは今年流行のウエッジ。はて、何センチヒールかなーというくらい厚底なのですが、どうせ、巨大なアメリカ人とハグしなきゃいけないんで、ちょうどいいじゃん(?)と。因みにどれも100ドルしません。

d0056879_004184.jpg
…ついでに寄ったCOLE HAANにて、大好きなオレンジのかわいいサンダルを発見し、これまたご購入。だーって、これいくらだと思う?

ふっふっふ。39ドルなの(5千円弱)。皆さん、日本でコール・ハーンがいくらするか知ってますかぁ。アメリカでも日本円換算で定価2万位~はするコール・ハーン、更に日本は高い関税(37.5%)がかかるんで、髙島屋等のデパートでは本当に恐ろしく高い値段で売られているのですよ。

はー、今日の買物は終わりました(30分くらいしかいなかったけど)。次に服、買いに行くのはいつだろう(遠い目)。

子供サイズ&幅狭甲薄の足で、日本でも買物に苦労してましたが、アメリカのバーゲンでは悪いことばかりでもない、ということで、今日の話は終り…。
[PR]
by koru2005 | 2005-08-29 00:57 | ◆サンディエゴあれこれ