ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
どこまで出来るか一泊二日ラスベガス挑戦記③;The Spa編
すみませんが、まだまだ続くラスベガス編。今日はスパのお話を。

d0056879_5251911.jpg突然ですが、Aはマッサージ物が大好きであります。子供の頃からやせっぽっちの冷え性だったため、小学生の頃は九州に住んでいたのに、しもやけ。

長じては、肩こりがひどく、おまけに20代の頃、編物のしすぎで、腰の筋を切って以来(筋ってパシッて音がして切れるんですのよ、知ってました^^?)、腰痛とは親友状態。と言う訳で、旅行・出張の楽しみはマッサージと言っても過言ではありません。

↑出発前の空港で、あまりの腰の痛さにスタバで買ったホットティー(の元のお湯)を腰に当ててるところ。ああ、気持ちいひ~♪

というわけで、ベラッジオのThe Spaです。本館ロビー奥に04年12月に建設された通称スパ・タワーに鎮座するこのスパ。全米でも行ってみたいスパ、ベスト10に入ったこともある超人気スパです。
d0056879_5331294.jpg
…1階のフレンチドアがスパ&サロン(1階;ヘア、マニキュア)の総合入口。

d0056879_5584224.jpgd0056879_672838.jpg
…スパ受付は2階にあり、そこでプログラムを相談して、決めます。
今回もホテル到着後、一直線にここに来て、予約。腰が痛くて、履き替えたビーサンが哀しい…。

バキバキ系の好きな私は(ちょっとや、そっとじゃ、もう効かないの(苦笑))、今回はAshiatsu(明らかに足圧ですね、これは)マッサージを選択しました。後でお姉さんに踏まれるのが楽しみだわ?というわけで、予約時間までちょっとスパ・タワーを探検に出ました。

今回のスパ・タワーのもう一つの楽しみはこれ、Jean-Philippe Patisserie
d0056879_6155014.jpg
…このJean-Philippeさん、もともと、ベラッジオのパティスリー・シェフだった方ですが、お菓子の世界選手権(というのか)でチャンピオンにもなられた方。友人諸氏から絶対にラスベガスではこのお菓子屋に行け、と言われていた我々、彼のお菓子を食べるのを楽しみにしてきたのですね。
d0056879_6222045.jpg
d0056879_621382.jpg
…さすがフランス人の作ったお菓子、アメリカじゃないみたいに美味しかったですよ。アイス(巨大な三段重ねで$6弱!)も超美味~。

因みにこのパティスリーの目印はこれ…
d0056879_6251021.jpgd0056879_6252519.jpg
…天井まである世界一(こういうのはアメリカらしいが)のチョコの噴水。チョコレーターのBはこれを頭から浴びたいと喜んでおりました。うぷっ。(私、チョコ苦手なの、実は)

ではスパに戻りましょう…
d0056879_6275373.jpg
…これが二階の回廊の先にある、スパ(女性用)の入口。

1700坪以上あると言うこのスパ、中に入ると、ロッカーの鍵が渡され、お姉さんが一通り、まずは施設を案内してくれます(してもらわないと、よくわからないくらい、いろいろある)。
d0056879_6333535.jpg
…スパ(所謂、温浴ゾーン。ここでも施術が行われます。他に普通の温浴ソーン、ジャグジー等もあり)エリア。周りはいろんな種類のサウナと瞑想室。今回、私は行く時間がありませんでしたが、とても設備のいいジムも付属してます。

温浴ゾーンを横目に、大理石とウッドベースの落ち着いたロッカーを抜けると、このシャワーゾーンに…d0056879_637338.jpgd0056879_636371.jpg
d0056879_6364847.jpg上二枚はタオルや様々な飲料が用意されたドレッシングルームの一部。マッサージ後、レモンの入った冷たい水がおいしかったわ。

下はシャワーブースの中(なぜか照明の色が次々と変わる)。


裸の人がうろうろしてるので、なかなか良い写真が撮れなかったけど、実際はとっても広くて、綺麗。手ぶらで来ても、全く困らないように、備品も完備されてます。

ただ、すごく不思議だったのは、ドレッシングルームにヘアケア製品とともに、いろんな種類の消毒/アルコール系の化粧水(実際は薬品)が置かれていたこと。乾燥肌の私には全く縁のないこれらの薬品。何に使うんでしょうねぇ。誰か知ってたら教えてくださーい^^。

で、肝心のマッサージですけど…

実は余りに腰が痛いので、バキバキ系はヤバすぎるだろーと、急遽、ヒーリング・リラックス系に変更いたしました。受付で言ったら、キャンセル料がかかると言われたので(バカタレ)、スパの案内のお姉さん(実際にこの人もプロ)に相談。ことなく、変更できました。

ガウンに着替えて、ラウンジでお茶を飲みながら、待つこと、数分。現れたのは、白人の痩身長躯、白髪混じりの学校の教頭先生風オジサン!!! 私の長いマッサージ人生(?)、男性にマッサージ(それも今回は裸だし、個室だ!)してもらうのは初めてで、内心『しまった、変更の時に性別指定するの忘れた』と舌打ちしましたが、時、既に遅し。

オジサンに導かれ、肩や腰の調子の話などしながら(しっかり連絡が行ってました)、オジサンの名札が貼りだされた個室へ。肩腰を中心にコリをほぐすマッサージをすることを確認したところでオジサンは一旦、退場。ガウンを脱いで、清潔なシーツの敷かれたベッドにもぐりこんで、オジサンの再登場を待ちました。間接照明の薄暗いお部屋は静かにクラシックが流れて、お香がたかれ、リラックスした雰囲気でした。

で、80分後、結果は…

いやぁ、気持ちよかった。やっぱり力があるんで、すごく効いたと思う。マッサージの前はずっと、肩こりから手がしびれてたんだけど(ずっとレポート書いてたから)、マッサージ後は肩こりって何だっけ、状態。久しぶりに手足もぽかぽかして、眠くて眠くて、オジサンにお礼を言うのに、ろれつが回らない始末。揉み返しもないし、オジサンの使ったハーブのオイルのおかげで、私の超乾燥肌もしっとりつるぴか。オジサンのマッサージャー暦20年以上は伊達じゃなかったようです。

これまではバンコクの場末で受けた、タイ・マッサージがサイコー、女性のちょっと太目の方がしてくれるマッサージなら尚よし(バキバキ系は体格の相性って絶対あると思う)と思ってましたけど、意見を改めます。

ベラッジオのスパに行く機会があったら、NICKさん、指名してあげてください。お上手です。だいじょぶよ、シーツ、ちゃんとかけて、やってくれるからね^^。
d0056879_5325291.jpg
…The Spaの入場料$25(ジム、温浴、プールゾーン)。マッサージ(入場料込)は50分 $120~、ミニマッサージ 20分 $75~。旅行代理店を通すと、倍以上、ふんだくられることもあるようなので、頑張って自分で予約するのが◎。日本人にも慣れてるから大丈夫。このドームがThe Spaの目印です♪
[PR]
by koru2005 | 2005-09-12 07:47 | ◆サンディエゴの外