ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サンディエゴ家捜し日記 その3
ここデルマーでの生活もあと3週間ほど(のはず)。
d0056879_15163328.jpg
殿はあいかわらず、今の家をエンジョイ中。


d0056879_1530409.jpgですが、飼主の方は、もう、大家に退去届を出してしまってるので、後には退けぬ。今月中に家を見つけないと、路頭に迷うことになるというのに、なんかしんないけど、パーティの予定もグイグイ入ってくる(3月末が近いせいか?)。。。



良いなぁ、この切羽詰った感じ^^;、というわけで、先週末もパーティの合間を縫って、またまた家捜しに行ってきました~
d0056879_15253829.jpg
今回は先週と打って変わって、モダーンなコンドミニアム編です。

我々が家を探してるアップタウンの海寄りのエリアには、大雑把に言って、お店が集中するヒル・クレストユニバーシティ・ハイツ、ダウンタウンに近く、最近、再開発が盛んなバンカーズ・ヒル(だいぶ昔の話になるけど、トム・クルーズがトップガンでうろうろしてたのはここ)、繁華街からは少しひいた所にあるSD発祥の地ミッション・ヒルズがござる。

ざくっと言うと、バンカーズ・ヒルは家はカッコいい(この手の近代的なマンションはここに集中している)が、周りが再開発中で趣に欠ける。ヒルクレスト、ユニバーシティ・ハイツは便利だけどざわざわしてる。あと若い人向けの物件が多く、しっかりした駐車場の確保が難しい(路駐が多い)。ミッションヒルズは開拓時代からの古い家がたくさん残っている散歩の楽しい美しいエリアだけど、賃貸物件がほとんどない。。。

我々の大本命はミッション・ヒルズな訳ですが、なにせ、物がないので、あきらめて、段々、手を広げてきたというわけです。いいかげん、くたびれてきたので、絶対に入った後もメンテが必要な古い家に対峙する根性も薄れてきて?、つい、楽な方に流れてしまったというのもある(苦笑)。こういう家のほうが猫もOKな場合が多いですしね。

***

ここ3週間でサンディエゴのアップタウン(ミドルタウンという人もいるが)の家を50軒以上、見たのですが、さすがにこんだけ家を見てると、まぁ、いろいろと思うこともあるわけでして。

で、一番思ったのは、、、

やっぱ、ここらはゲイの人が多いなぁー、と。

私個人はゲイと言われる人達に対して、正直、なーんの感慨もないんですけど、家を探していて(特にヒルクレスト地区)、左を見れば『あっ、手をつないでる』。右を見れば『おっ、肩、組んでる』ってな具合。仲良しさんだなー、と思うわけですよ(笑)。

あと、素朴な疑問としては、男同士は仲良く引っ付いてる人をいっぱい見るのに、なんで女同士で手をつないでる人は見ないのかしら?周りのアメリカ人(男性)の何人かに聞いてみたんだけど、『女同士だと手をつないだって面白くない?からだろう』だって。
さらに???。

家探しに関連しての発見もいくつか。。。
実は我々が良いと思った物件はほとんど、オーナーがゲイだったのよねぇ(キッチンが良いと思った家は特に割合高し!)、わっはっは。

なんでわかるかっていうと、例えばね、問合せ先に名前のあったトムさん(仮名)に電話すると、そのおうちの写真をいっぱい載せた、とかいうサイトのアドレスを教えてくれたりするわけ。で、そのサイトのアドレスがTOMandJIM.net。。。おー、来た来た、とかって思うわけよ(笑)。

ある物件なんて、広告自体に『ゲイ・オンリー・プリーズ(or ゲイ・フレンドリー)』とかって、堂々と。まぁ、これは逆にノーマルへの差別になるんじゃないの、と思ったりもするわけですが、まぁ、随分、日本とは事情が違うようですな。

***

と、ここまで引っ張ってまいりましたが、
はい! 昨日、ついに契約してまいりました。

d0056879_15555788.jpgあれだけ、ウルトラ・モダーンなロフトやら、高層コンドミニアムを見ておきながら、またも選んだのは古い家。

なせばなる!執念のミッション・ヒルズに見つけました(ペット禁、だったので一回あきらめた家だったのよ)。

そして、今度もオーブンもガスレンジもまたもとてつもなく古い。
我ながら性懲りもないですな。


↑ 不動産屋のオジサン、キム氏。このエリアの歴史を一席ぶって、帰っていかれました。。。

今の家は内装が青だらけだけど、今度はとにかく黄色。。。

お会いしたオーナーのバーバラさんの服も上から下まで黄色、さらに髪も金髪。。。もちろんパティオの花壇に植わってる花も黄色のみ。。。ピンクの花を植えたら、怒られるかも?というのは冗談だけど、海を見下ろすサンディエゴの一番古い住宅地(なぜかゲイの方々はこのエリアでは見ない。ふっしぎー)に位置するこの小さな家は、バーバラのリタイア後のおうちになるそうで、古いけれども、本当によく手入れがされていて、なんというか、あたたかいフンイキ。

彼女はペットを飼ったことがなく、この家はペット禁止というふうに出てたのですが、うちの猫は粗相をしたことがない(コレは事実、尻を舐めないとは言わんかったが^^)、それはそれはビューティフルで、毛も短い、私は掃除の大好きな?日本人だ、と熱弁を振るいまして、OKをいただきました。何でも言ってみるもんだね。

今度の家は、敷地で見ると、今、住んでる家の半分もないと思うのですが、正直、広い庭(と松)をもてあましていたので、帰国を前に自分の身の丈にあったサイズの家でリハビリするのも、いいかも、と。

d0056879_15541440.jpg
今の家ほど、海は近くないけど、毎日、こういう風景を見ながら暮らすのも悪くないでしょう。


さぁ、荷造り開始じゃー!と客用寝室を締め切って、作業を開始いたしましたところ…
d0056879_16422551.jpg
…Bが会社からもらってきたダンボールがあんまり綺麗じゃ無さそうだから、触らせたくないんだけどねー。

このかわいい視線に(←馬鹿)、いつまで持ちこたえられるか不安な飼主でした。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-03-09 16:58 | ◆日々の暮らし