ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おさんぼ・さんぼ: ダウンタウン 哀愁の駅前編
前にも書いたが、ここのところ、生活の中心はすっかりワールドカップ。幸か不幸か、時差の関係でアメリカ西海岸での生放送は朝の6時から午後2時くらいまでの昼間な上に、何せ、働いてないので、テレビは見放題。

これまでは家でほとんどテレビを見ないので、月々のケーブルテレビ代を惜しいと思っていたが(ちなみにアメリカではケーブルに入らないとテレビはほとんど見られません)すっかり元を取ってる感がある。

おまけに夏が来てしまって、外が暑い(今、夕方7時現在 外気温25度)&日差しがすごい。
d0056879_11415547.jpg
昼間のスーパーにて。融けそうな日差し。。。夏のサンディエゴの空に雲などというものはない。

が、家の中にさえいれば、海に近い我が家は、家中を冷たい海風がそよそよと吹き渡り、エアコン不要&昼寝最高の気持ちよさ(体感温度は20度前後でしょう)。全米一のパーフェクト・ウェザー、ここにあり(サンディエゴは全米一気候の良い都市として有名なのです)、という快適さである。

が、このままでは引きこもりになりそうだったので、土曜日の今日、サッカーを3戦とも見終えて(笑)、久々に外に出てみました。
d0056879_120454.jpg
ワイパー跡が汚いですね、失礼^^;

d0056879_1225512.jpg
行った先はうちから車で10分くらいのダウンタウン。SDに初夏の訪れを告げる(一応5月くらいから咲くので)紫のジャカランダが綺麗でしょ。この花はSDのシンボルなのよん。


今日のお目当ては駅。
d0056879_1212747.jpg
d0056879_12122075.jpgこちらが観光名所にもなっている1915年オープンのサンタフェ駅。アムトラックと言う長距離の電車の発着駅として、全米で2番目に忙しい駅なんだそうです。サンディエゴ、アメリカの端っこだからね。
実はわたくし、約20年前、ここからアムトラックに乗って、LAに北上し、2ヶ月の旅を終えて帰国しました。ここ、サンディエゴでは知り合いの知り合い(要するに他人)のヨットに泊めて貰いました。そういうホスピタリティと言うのか、当時の日本では知らない外国人をいきなり泊めるというのはありえないと思いましたんで、印象的だったなぁ。まさか20年後に、SDに住むことになろうとは思いませんでしたが。
d0056879_12442312.jpg


20年前は駅の裏に高層の建物はなくて、真っ青な空にこの白い駅がやけに目立っていたのを覚えています。海もよく見えてました(駅の裏はすぐ海)。
d0056879_12262011.jpg
ほら、こんな風に、駅のすぐ近くは海。この船はいつも観光客で賑わってる航行可能な世界最古(1863年建造)の帆船スター・オブ・インディア号。今は博物館になってます。これもいつか、ご紹介しましょうね。


駅の中も外に劣らずコロニアル調、壁のカラフルなタイルがよく保存されていますです。
d0056879_12364180.jpg
d0056879_1237533.jpgd0056879_12462138.jpg
ああ、懐かしいなあと言うわけで、哀愁(笑い)↑。

ついでに新しい駅もちょいと。この古い駅の道を挟んだ反対側はトローリーと呼ばれる市内を走る電車の駅。
d0056879_12544324.jpg
d0056879_1255062.jpg
高層ビルの下をくり抜いた作りの超近代的な駅と赤い車体のコントラストはなかなか絵になります。駅のビルの一角には近代美術館(MCASD)の分館も入ってますんで、暑い日はいいかもね(入場無料、冷房キンキン^^)。


と言うわけで?今日の収穫。
d0056879_131743.jpg
近代美術館にて、Bお好みのヘンな飛行機を集めた写真集。


d0056879_1318772.jpg
d0056879_13184832.jpg暑さのあまり、どうしても食べたくなって飛び込んだ韓国料理屋の冷麺。

冷たくてさっぱり。美味しゅうございました。麺をはさみで目の前で切ってくれるのがまたいいね。



d0056879_132064.jpg
d0056879_13201711.jpg
そして、〆は、リトル・イタリー地区(イタリア料理店が集まった地区)にあるジェラートやのジェラートじゃ。

コールドストーンが何のその(笑)。私の周りではこの店がSDで一番おいしいジェラートやと言うことになっております。そういう?エリアにあるため、兄ちゃんはあやしいけど、甘さ控えめ、天然素材のみを使ったジェラートは、甘ったるいアメリカの普通のアイスクリームとは一味違ってくせになる美味しさ。ここはエスプレッソも美味い。うちから近いため愛用してる店です(今日のフレーバーはカシスとマンゴ)。

と言うわけで、今日は終わり。

さぁ、寝る支度をしなくちゃ^^ では、みなさん、応援頑張りましょう。








d0056879_1124099.jpgついでにちょっとだけ、アメリカと言うか、サンディエゴでのワールドカップの盛り上がり具合など。ここに写ってる新聞はUnion Tribuneというサンディエゴで発行されている地方紙。国の広いアメリカでは日本のように独占的な全国紙と言うものが強くないので、例えば私の周りはみなUSA Today(全国紙の一つ)とかではなく、これを読んでいる。

そもそも、カリフォルニア自体、日本より広いわけですから、州外と言うのは、日本の県外よりは、はるか彼方、ほとんど海外に近い世界^^。全国と言われても、なんだっけ?な気分になるのはよくわかる。いわんや、国外においておやであろう。

話を戻しまして、アメリカの新聞と言うのはこういう風にアイテムごとにページが分かれていて、日本の新聞よりはるかに分厚い。日曜版なんて折りたたむと3-4cmあるので、うんざりするが、まぁ、自分の好きなところだけ抜いて読めるので便利ともいえる。

ワールドカップの話をすると、今日のスポーツ欄は広告を抜くと、都合8ページあったが、そのうち、ワールドカップ関連は約3ページ。残りは大リーグが2ぺージ、ゴルフのUSオープンが1ページ、いろいろなスポーツの結果一覧表が1ページ。結構大きな扱いではある。

メキシコに近いサンディエゴは当然ラテン系の人が多いので、それなりにサッカーは盛ん。あと、サンディエゴは多分、アメリカの中でも純粋なアメリカ人(両親とも3代さかのぼってもアメリカ人、みたいな^^)がかなり少なめな地域だと思うので、我々の周りではワールドカップはかなり話題になっているのは事実。

特に我々の現地の友人はBの会社経由の知り合いが多いせいか、アメリカ国籍や永住権を持ってはいても、欧州やラテンアメリカの出身者も多く、ワールドカップはそれはオオゴトというわけ。

というわけで明日も人んち(アメリカ人)で朝の6時からみんなで日本戦を見まーす。頑張れ、ニッポン、ということで、さらばっ。
[PR]
by koru2005 | 2006-06-18 13:46 | ◆サンディエゴあれこれ