ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Comic-Con International その1; コスプレ編
SDに来て、3回目の夏を迎えた我々。何度も書いてるように、SDの海沿いは冷房いらずのさわやかな天気がウリ。それが先週の土曜はほんとーに暑かった。SD全体が記録的な暑さだったらしく、内陸の方は44度とかいう、オソロシイ気温に達したらしい。

普段は真昼間でも冷房設定温度23度みたいな冷たい海風がそよそよと吹き込む我が家も、珍しく湿気が多かったためか、無風。。。
d0056879_2395766.jpg
お昼間には珍しい雲(夏は快晴続きなのです)。


こうなるとSDは暑い。室内でも30度いったのではないだろうか(はい、かなり、軟弱になってるの^^;)。おまけにうちにはクーラーがない(本来は要らない。今も涼しくて長袖着てるくらいだから)。

じっとしてても汗が出てきそうな、この感じ、これは日本だわよ、と思いながら、土曜の一番暑かった真昼間の数時間、りるーちゃんを見習って、一番気温が低い場所=高さが低い場所、すなわち床に寝転がって、耐え忍んだワタクシでありました(笑)。神が我々に『日本の夏を忘れるな』と啓示をくれたのかもしれぬ、とか思いながら。。。(←オオゲサ)


***

そういう記録破りの暑さの中、先週の木曜から日曜に行われたイベントが、毎年、全米&世界中から人を集めるオタクマニアの祭典;Comic-Con International(略してコミコン)。コミックスのみならず、SF映画/小説の関連グッズ、レゴ、おもちゃ、フィギュア、等々、いわゆるサブカルチャー系のコレクターズアイテムの巨大なショーでございます。

毎年、アメリカ人が夏休みに遊びに行きたい場所NO.1に選ばれ続けているSDで、ダウンタウンが一番込み合うのがこのコミコンの開催期間。去年は10万人を超える人々が来場したそうですが、今年もすごいことになってましたよー^^。
d0056879_2382038.jpg

ダウンタウンの会場周辺はど渋滞するので、今年もトローリー(電車)で行った我々。コミコンが始まって以来、うちの近所のスーパー等で、コミコン関連のTシャツを着た人を見かけたりしてましたが、既に駅からこの調子(笑)。お2人とも明らかにコミコンの来場者であります。


ちゃんとライトセーバーもお持ちだった右側のおじさん(念のため、説明しとくと、これはスターウォーズのコスプレ。ライトセーバーというのは武器の一種です。)、電車内でも注目の的。サービス精神旺盛なアメリカ人ですから、ぶーん、とライトセーバーを取り出して見せてくれたんですのよ^^

ところがこの時期、観光客が多いもんですから、トラブル防止に乗車している警備員から、『ライトセーバーは車内ではしまってください』との注意が。それまで、わいわい、わくわくと楽しげだったコミコン会場に向かう電車内は一瞬のうちにシーンとしてしまいました。。。

(いいじゃん、それくらい。お祭りなんだから)という乗客全員の無言の圧力を感じた警備員。そこで彼が言い直したことには、『電車内ではライトセーバーを使わずに、フォースを使ってください』 ("Use the Force."ってヤツですね。オビワンの声でどうぞ^^)。

途端に電車内は大爆笑。一転して拍手喝さいが警備員には浴びせられたのでありました。アメリカのオタクの祭典は明るいのでーす。



去年はスターウォーズがメインでしたが、今年はスーパーマンがいっぱい。
d0056879_256413.jpg
本来はコミックス愛好者の集いから始まったこのコミコンも回を重ねるにつれ、大きくなり、最近では、SF、ファンタジー系の新作ハリウッド映画がどこよりも早く、大々的にプロモーションされるのが慣わし。

d0056879_3103470.jpg去年のスターウォーズ関係者(ナタリー・ポートマン等)、おととしのマトリックス関係者(キアヌ・リーブス等)の来場に引き続き、今年も複数の映画のプロモーションが行われました。
↑今年、来場したサミュエル・ジャクソン。写真は撮れなかったので、地方紙Union Tribuneから拝借しました。他にもニコラス・ケイジ、ヒラリー・スワンク他のハリウッドスターがやってきました。


日本のアキハバラ方面のイメージと違い、老若男女、様々な人が押し寄せるこのコミコン。モーターショーを思わせる広大な会場内には、コアなマニア向けのアメコミの作家やイラストレーター、フィギュア関係のアーティストの方のサインブースがあったり、子供向けにレゴ教室があったり、と、いろんな人が楽しめる工夫がよくされています。

が、コミコンで一番面白いのは、実は来場者を見ることだと私は思う。と言うわけでとくとご覧あれ。コミコンは実はでっかいハロウィンなのだよ^^d0056879_333818.jpgd0056879_333465.jpg
親子で仮装♪(パイレーツ・オブ・カリビアンかな) 彼氏と仮装♪


d0056879_3352661.jpgd0056879_3355813.jpg
鎖帷子(ロード・オブ・ザ・リング? ナルニア?)とマリオ。暑いのにご苦労なことです^^;


d0056879_3402085.jpgd0056879_3404088.jpg
ケロロ軍曹(って知ってます?(笑))とゴーストバスターズ。


そして、一番多かったのはアメリカ人の大好きなこの映画…d0056879_3422376.jpgd0056879_3424495.jpg
もちろん、スターウォーズでございます♪ 実は我々も去年はこのスタートゥルーパー(白いのですな)の扮装をした友人たちと来たのよね(笑)。あまりにスターウォーズ系は多いものですから、差別化が大事になってくるらしく、右はエルビス・トゥルーパー^^;。アメリカ人には大うけで、記念撮影が大人気でありました。


では我々の周りはといいますと、、、去年一緒に来た彼らとはスケジュールが合わなかったので今年は別の友人たちとまいりました。

が、ちゃんと^^。
d0056879_4152932.jpgお見せできないのが残念な美人の誉れ高い京女の友人A嬢。得意げに着ているのは、忙しい彼女が夜なべしてスパンコールを刺繍した(爆)イデオン(昔のアニメですな)のTシャツ。

Aの名誉のために申しておきますが、彼女、アメリカ人の旦那様との間にそれは愛らしいお嬢さんがいらっしゃるママ。あまりに英語が出来るので、若い頃、日本で旦那様と出会ったときに、イギリスのどこの出身か(当時、イギリス系の語学学校で英語を教えてたから、わざとイギリス英語を使ってたそうな)と聞かれたと言う正しいキャリアウーマン様でございまーす(笑)。


ではうちのBはと申しますと…d0056879_4432898.jpgd0056879_4435195.jpg
30年ぶりにお裁縫をいたしました。わっはっは^^

我が家にはそもそもアイロンをかけなきゃいけないような服がほとんどないんで、アイロン使ったのも生まれて始めてに近いB。細かい部分はアイロンの先を使うと言うことすら知りませんでした(笑)。布が動くというから見てみたら、最初、待ち針も使ってなかったし^^;

が、まぁ、根が器用&モノを作るのに慣れてる人ですから、結構、手際よく完成。六種類もの布がパッチワークされたこのアップリケ(?)。裏地もつけたことで、その日のコーディネートに合わせて、付け替えも可能な力作でございます(大笑)。


おかげで…
d0056879_4483956.jpg
コミコン会場では香港、台湾系を中心にアーティスト↑(コミコンの出品者ですな)に声をかけられまくりで、なかなか楽しかった模様。中国人を使って(と、言ったのは香港人です^^;)商品化したらどうか、とまで言われておりましたワ。

そうか、こういうものをネタに使えば、新しい家事アイテムを仕込むのも簡単なのだ、と、あれ以来、ちょっとしたシワにも自らアイロンをかけるBを見て、思った妻のワタクシ。


次はガンダムおにぎりとかで料理にもデビューしないかしら。ねえ、りるーちゃん。。。
d0056879_5561928.jpg


熟睡中で全く反応無し。。。


睡眠の邪魔をして、たいへん失礼いたしました。。。



***

一回で流すには惜しすぎるこのネタ、次回、『コミコンの中の日本』編に続きまーす。
[PR]
by koru2005 | 2006-07-26 02:38 | ◆サンディエゴあれこれ