ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
The Wedding in La Jolla
日差しはあいかわらず強いものの、暑い!と感じることはすっかりなくなり、SDにも秋がしっかり到来したようです。9月はアメリカの新学年の始まり。私のコースも秋学期が始まり、ちと、他にも新しく始めようとしてることもありまして、このブログもなんとなく週一ペースになりつつあるような^^;

バタバタはしてますが、我が家は皆げんき♪

もちろん、この方も元気。最近の彼の(私の?)楽しみはブラッシング。というのも(ちょっと前だけど)新しいブラシを買ったら、殿にも好評なのですよ。ほれ、こんな風に。。。
d0056879_1312345.jpg


気持ちいいらしく、すぐこうなっちゃうの^^;
d0056879_13141031.jpg
そして、見よ、このブラシの威力を! ↑

このブラシ、だいぶ前にtomoさんのブログで拝見して、ずっと欲しいなぁと思っていたのですが、値段にビビって(猫用定価$34.95、ひー)、手が出せず。しかしながら、こう見えて、寒冷地出身の種である殿はダブルコートのかなり厚い毛の持ち主でして、我が家は一年中、灰色の綿毛が舞っておる。

このブラシのうたい文句、もう、抜け毛に悩まされません!、に、どうにも抵抗できず、e-bay(半額だったのよ、おほほ)での購入に踏み切った次第。抜け毛は皆無とは言いませんが、かなり、取れまする(これ3分くらいでこうなる)。猫にも負担がないようですし、うちには良かったようです。


***


バタバタしてるのは、公私共にいろいろとイベント毎が重なってるというのも大きな理由。これから、クリスマスにかけて、アメリカでは楽しいイベントが続き、ホリディ気分が盛り上る1年で一番華やかな時期に突入しますけど、今年一番楽しみにしていたイベントの一つが先週ありましたのよ。d0056879_13404110.jpgd0056879_13405532.jpg
2週間前に行われたブライダルシャワーに引き続き、RちゃんとGの結婚式がLa Jolla(ラホヤ)で執り行なわれたました。こちらは↑凝り性のGが自らデザインした招待状。ご覧の通り、日本の水引をモチーフにしています。

RちゃんとGのカップルはSDで一番親しくしてもらっている友人のうちの一組。こちらに来て以来、本当に彼らにはお世話になりました。こだわりの強い彼らの結婚式は予想通り、素晴らしいものでした。


会場はこちら、海をすぐ見下ろす閑静なLa Jollaの住宅地にあります古いお屋敷。
d0056879_13503710.jpg1900年代初頭に、あるお金持ちの未亡人の避暑用の別荘として建てられたこの屋敷は、SDの歴史建造物にも指定されております。

凝ったつくりの建物も見ごたえがありますが、スペイン風のパティオと、薔薇の花園に囲まれた裏庭も面白いデザイン。

今回のお式と披露宴はこの広い敷地をフルに使って、行われました。

←エレガントな玄関。この建物、どこをどう撮っても絵になるので写真を撮るのが楽しかったです。


ちなみにこの方はGの親友S君。イケメン倶楽部に自信を持って、推薦できるいい男の彼。ブルータスのモデルみたい(by B)な外観の持ち主ですが、Bの知り合いなんで、このサイズで失礼。ちなみにGもハンサムで有名。この晩は他にもなかなか結構なイケメンの方々が何人もおいででございました、ひひ^^

受付は1階のサロンにて。
d0056879_1445179.jpg
このサロンもよく保存されていますが、このお屋敷でいいなぁと思ったのは、調度品も当時のものを使ってあるんですね^^ 1階はすべて、ゲストの待合室として開放されていたのですが、各部屋とも家具もデコレーションも素晴らしかったですよ。トイレも凝ったつくりのタイル張りでかわいかった。


今回、私はお式の開始の2時間も前にココに来ました。というのも、頼まれていたことがあったからね。
d0056879_1484878.jpg
↑一緒に着付けをした友人E嬢。

そうじゃ、ブライズメイド5人への浴衣の着付けじゃ。着物はワタクシは結構好きでして、着付けも一応出来ることは出来るのですが、人に着せたことはほとんどないもんで、前日、Bを相手に思わず、練習しちゃいましたよ。彼は小さくないので、紐は長さが足りなくなるし、お端折りは取れなくて、本当に練習になったかは疑問だけど(爆) 

誰に着せるかはブライダルシャワーで確認済み。どの子もアメリカ人にしては小柄だったので、一安心していたのですが、細くても、皆さんグラマーでねえ・・・^^;(羨) 帯が胸に当たって折れちゃうのよ。。。かなり補正してもおっつかない。仕方ないから、わざと帯の一番上を折り返して、シワをごまかしましたけど、どうしても着崩れしやすい。それが気になって、気になって…。披露宴が終わるまで、びくびくしてました(苦笑)

今回、背景もゴージャスでしたけど、Rちゃんの衣装も印象的でね。
d0056879_1419116.jpg
d0056879_14192358.jpg
このお色直し用の黒内掛けはRちゃんのおうちに代々伝わるものだそうで、R家に嫁ぐ人、R家から嫁ぐ人が順番に着続けたもの。Rちゃんは20人目の花嫁さんなんですって。

ご覧の通り、刺繍、染め、織りもそれはそれは豪華。分厚い羽二重が貸衣装とは全く違う(あたりまえ)。眼福でございましたワ^^


さて、式の時間が近づいてまいりましたよ。
d0056879_14171323.jpg
女の子達の控え室はこの屋敷の女主人の元寝室。
さぁ、行くぞ!、と言ってるところです♪


というわけで、はじまり、はじまり~
d0056879_14243145.jpg
d0056879_14284438.jpg
d0056879_14291019.jpgお式はパティオで行われたのですが、ご存知のように、最近の日本の結婚式はアメリカのやり方を踏襲してるものですから、式次第は我々にも親しみやすいものでした。

←でも、三々九度をちゃんとしたんですよ。演奏の人達もこの時はさくらさくらを奏でてくれてね。


本人達の希望で今回、ドレスコードは結構カジュアルでしたけど、式自体は厳粛そのもの。
d0056879_14335052.jpg
いいお式でした。(クッションはRちゃん作)。


さて、まだまだ続く、この日のイベント。
d0056879_143512.jpg
d0056879_14355363.jpg花嫁花婿やご親戚、グルームズ・メン、ブライズメイドが写真を撮られまくってる間、裏庭ではパーティの準備が急ピッチで進行中。


その間、我々は、といえば、、、
d0056879_14374836.jpg
d0056879_1438037.jpg
d0056879_14381680.jpgパティオで飲んで、待っておりました^^

アペタイザーもかなり種類がありましてね。さすが、La Jolla、ケータリングの質もなかなかのようでございました。




さ、支配人の方のお声かけでパーティのはじまりはじまり~
d0056879_14434059.jpg
ライトアップされたパティオを抜けて、、、

薔薇に囲まれた裏庭に着席。
d0056879_14435735.jpg
d0056879_14442031.jpg
前菜はメロンとチーズ(チーズ部、むふ♪)

d0056879_14443390.jpg
私のメインはサーモン(その下はマンゴー入りのリゾット)。他にビーフ、ベジタリアン用が用意されてました。

幸せのおすそ分けも。
d0056879_14505596.jpg
d0056879_14521938.jpg



締めはやっぱりこれですよね。
d0056879_1452454.jpg
Gの妹、Dがゲット(20歳!)。大喜びでかわいかったです。


まさか、アメリカに、、、と、何度も仰られていたRちゃんのお母さまも、本人達も涙していた今回の式。20年来のGの親友というベスト・マンのBのスピーチ、Gのお父様のご挨拶も真情のあふれる暖かい内容で、この披露宴は実際には、とても心温まるものでした。折に触れて、準備の経過を聞いていた我々も結構、感激致しましたです。

もう、とっても幸せなことは知ってるけど、さらに幸せになって欲しい。そして、これからも一緒に遊ぼうね。
d0056879_14444876.jpg
お幸せに。






が、恒例の?チーズ部です。

アメリカでチーズを語る以上、これを抜きには、の一品、を今日はご紹介。d0056879_1591749.jpgd0056879_1593366.jpg
d0056879_1594741.jpgd0056879_1595967.jpg
して、その調理結果は。。。


マカロニチーズでございます。
d0056879_16192739.jpg
(焦げてしまった^^;。ひー、ごめんなさい)。

材料はチーズ(オレンジ色のチェダーは必須)、卵、牛乳、マカロニ、バター。。。つまり、とっても高カロリーです。
国民的な料理なだけに、すごい数のレシピがあるようですが、どれも、すんごい量のバターとチーズ(たいていマカロニの倍量以上)が入ります。

カラダに悪いものは大抵、美味しいものですが、これもチーズ好きには堪えられない旨さ。なんたって、乳製品と卵しか入ってないっすから、まずいわけがない♪

が、胃弱の日本人には時に油がきついので、こちらは簡易版、、、
d0056879_1620218.jpg
チーズとバターを削減したもの。要はほぼグラタンです。上からパルメザンを振ってみたりもして。

工夫の余地がいろいろあるようですので、冬に向けて、いろいろ、バージョン違いのマカロニチーズに取り組んでみたいと思っておりまーす♪





さて、今週も部員の方々からエントリーをいただいておりますよぉ。

熱心に部活動をしてくださっているがらさん@『そういうことになっちゃいました』と、初登場の鯖猫さん@『エコ猫な人々』からは、なんと、同じお菓子のエントリーをいただきました。トッポ・ベイクドチーズケーキ 豆乳仕立て、でございます。結果は、、、(笑)。甘いスナック類のチーズへの道はなかなか険しいようでございます。。。残念でございました。

がらさんからはライスナック ミックスチーズ味のご紹介もいただきました。こちらは食べやすくてオススメだそうな。スナック類はもしかして、塩味の方がチーズは食べやすいのか?(ほんとうか?^^;)


こちらも初登場、wasanegiさん@『ちんから峠』からは、モッツァレラのサラダと、チーズケーキ(もち、どっちもお手製、旨そうだよ~)をご紹介いただきましたよ。涼しくなって、そろそろ、ケーキ作りをしたくなる季節ではあります。あたしもそろそろ、ケーキでも、焼きたいなぁ^^。

以上、お三方様、部活動、たいへんご苦労様でした。

チーズ部では常時、皆様のご報告をお待ちしております。
また、よろしくねん。d0056879_15353912.jpg



そして、ここまで、こんな長ったらしいブログを読んでくれたそこのあなたもどうもどうもありがとう。

良い一週間をお過ごしくださいませね~


*追加; Rちゃん達へのプレゼント、、、こちらのお店の大鉢とサーバーをセットでさし上げました(表紙のとは違うものです)。飾っても美しいし、サラダや前菜を入れればパーティ等でも便利か、と。実はあたしがずっと欲しくてね、わはは。


[PR]
by koru2005 | 2006-09-12 13:07 | ◆日々の暮らし