ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
なにしろ、ひこうき、が好きなもので @ Miramar Air Show
週末以来、最高気温でも20度前後となり、SDの秋も本番。朝晩は日差しもだいぶ弱くなって、お日様が苦手の私にも優しい気候となりましたので、腰痛防止もかねて、朝、散歩を始めました。

最近の散歩のお楽しみは、いろんなおうちのハロウィンの飾りつけ。玄関のカボチャが見えますか?
d0056879_0331745.jpg
朝七時前の写真なんで、薄暗くて悪いけど、この界隈ではハロウィンの支度はチャクチャクと進んでる模様。歩いていると、あちこちにカボチャがごろごろ置かれているし、墓場もあれば、魔女、こうもり、黒猫、各種ゴーストもおられる(笑)。ここらは他所のエリアからも人が来るようなハロウィンの盛んな場所なんですワ。

というわけで、↑この写真は予告編。

月末はうちは友達んちのハロウィン・パーティに参加しますが、そのときに会えるであろうかわいいお化けたちの写真と一緒に、朝、散歩やジョギングをしてるご近所の人達の目を盗んで、コソコソ(笑)撮った写真も一挙公開する予定。本場アメリカのハロウィンの記事、今年もお届けさせていただきまーす^^


****


で、本題。

今日のテーマは『ひこうき』。

d0056879_2032750.jpg唐突だが、うちのBさんは趣味がやたら多い。が、彼が一番好きなのはガンダムではなく、『ひこうき』。

この週末、彼が3年来楽しみにしていた世界一大きな航空ショーMiramar Air ShowがSDにあるMCAS Miramar(ミラマー海兵隊基地)にて開催されたので、行ってまいりました~。


SDに転勤が決まった時以来、このショーを見るのを楽しみにしていたB。ところが去年もおととしも出張で行けず。この時期は本番前の練習も含めて、基地界隈では軍用機がごーごー飛び回るので、飛行機の進路にあるBの会社の屋上からは実はかなりよく見えたりもするのだが、飛行機は離発着を見ないと!と、おっさる(笑)。

じゃあ、せっかくだから、と、あっという間に売り切れる滑走路正面、報道関係者の真横の席のチケット(チケットが無くても、飛行機は空を飛ぶものなのでショーは見えますが、多少、遠くから見ることになる)を何ヶ月も前からゲットして今年こそは、と、アサイチに出かけたのですが。。。
d0056879_20411419.jpg
どしゃぶり(大笑)。


いや、日本なら、雨が振った、あらま、ってな感じでしょうが、この前にいつ雨が降ったか覚えてないようなSDで雨、それも豪雨。行い悪すぎだよ、と、非難しつつ、一旦退避。

雨が止んだのを見計らって出かけたら、雷雨という予報にもかかわらず、その後、一滴も振らず。例年、暑くて暑くて日差しもきつく、がっちり日焼け対策をしていかないとひどい目にあうと脅されておりましたが、テキドに雲もありまして、なかなか快適なショー日和となりました。これは晴れ女のアタシのお陰ね(=傲慢^^)。


では基地内のスナップ。アメリカのエアショーは完全に家族の娯楽。心なしか、ガイド役であちこちに立ってる兵隊さんは女性が多くて、ソフトな雰囲気。子供向けのエンターテイメント(カムフラージュ・メイク、等)もしっかり用意されてて、マニアのパパに引きずられてきた子供もなんとか間が持つようになってます。
d0056879_22193684.jpg
商売としてのプロの食べ物屋、ミリタリーグッズ屋、おもちゃ屋以外にも、海兵隊の各隊ごとの出店もありまして、やばそうなTシャツ”Hard Iraq Cafe;爆弾はただ”が平気で売られてたり(海兵隊はイラクへの派兵の中心部隊。。。)。

一番人気の店は自分の名前が入れられるG.I.タグ屋(もちろん、本物。$7)。渋谷あたりに行くと、模造品がすごい値段で売られてますから、お土産にはいいかも?ね。

こういう商業エリアのあちこちで売られてたのは、日傘、サングラス、サンスクリーンと耳栓! この品揃えを見ると、エアショーの過酷さがわかろうというものですが、いやー、頭の真上を飛ぶ軍用機はうるさかった(苦笑)。 


で、はい、こちらが騒音の元凶ショーの目玉。世界一古い(今年で60周年!)アクロバット飛行隊、米海軍所属、ブルーエンジェルスざんす。
d0056879_2393459.jpg
d0056879_2242331.jpg
解像度をもっと上げときゃ、字までくっきり見えたのに残念。この写真だとなんだかのんびりしてるようですが、最高速マッハ1.8(音速の約2倍ですな)。こういう青い機体が目の前でゴーゴーとものすごい爆音を立てながら、サービス精神いっぱいに芸を披露してくれます。

ほれ、これが、彼らの売り物の一つ『Opposing Knife-Edge Pass(通称ジャック・ナイフ、の背面すれ違いバージョン。すれ違いざまにナイフを抜くイメージからの名前だそう)』。
名前通り、超至近距離をすれ違いながら飛びぬけます。
d0056879_23161184.jpg
d0056879_23163711.jpg
自転車同士でやってるわけではないですからね^^。これが出来るパイロットは相当の訓練をつんだ人のみ。このテクニックの高さがブルーエンジェルスのご自慢というわけです。

動くブルーエンジェルスは、正直、圧倒的にカッコいい。気がついたら、頭の上を蝿のように飛び回る(本当にそんな感じなのよ^^;)彼らの写真を撮りまくってて、気分はすっかり似非戦闘機オタクのワタクシでした。

が、みんな、そんなに興味ないと思うから、ね(笑)。あとは動画でおまけ(音量に注意!)。

ナレーションに載って、テイク・オフ!(動画)

『ダイヤモンド・フォーメーション』(動画)
;60年前にブルーエンジェルスによって始められたアクロバットのわざとして有名
 


見てわかるように飛行中にバックに流れる音楽はノリノリのハードロックで、会場はトップガン、の雰囲気そのもの。パイロットも一人一人大画面で紹介され、地元出身の子には盛大な拍手があったりして、スポーツの中継のようでもありました。

が、この前にブルーエンジェルスの母機F/A-18や、Hurrierの圧倒的なハイテク加減、戦車とヘリを使ったイラク爆撃の想定演習も見せられていたので、大喜びする周りの人々を見て、正直、段々と複雑な気分にもなったりして。

そりゃ、自分の国のものだと思えば、心強くて、誇らしい気持ちにもなるのかもしらんが、この美しく高度に洗練されたモノ達が何を目的に作られたのか、思い出すと、なかなか、ね。。。
d0056879_0402820.jpg
会場に展示されていたこの機は核も搭載可能。


というわけで、実はショーで我々が一番楽しんだのは第一次大戦当時(紅の豚、の時代、ね)に開発された双翼機のデモでありました(Bさんがコレクションしてるのもその頃の飛行艇^^)。当時のものは基本的に木製。飛行機というより、ひこうき、という感じで愛らしい。

最後に双翼機を操ることでは世界一と言われているSean Tucker氏の冗談のような曲芸飛行をご覧アレ。

紅の豚、のリアル・バージョン(?)(動画)。

このおっちゃんは偉大だよ。
空中でくるくるぶんぶん回りながら、地上からの司会者の問いかけに答えて、『あー、疲れたから、ちょっと休むよ(と、エンジンを止める。当然、落ち始める)』『お、そろそろ、地面に当たるから操縦桿、持たなきゃ(と、地面すれすれでエンジンをかけて、機首を上げ始める)』等等、マイクを通じてしゃべり続けておられました(笑)。
d0056879_0534491.jpg
着陸後の顔見世(オープンカーにて)も、イケイケ。。。^^;





気分がらぶりー♥な"ひこうき"(双翼機)、で、すっかり盛り上った我々。前から聞いていた、ひこうき、に因んだレストランの噂。今日こそがそこに行く機会だろう、ということで、ごはんを食べに行って来ました。

これが噂のレストランの内装。第一次大戦当時の飛行機(とその関連グッズ)のコレクションであふれる建物は当時のフランスの農家を完璧に再現したとかでなかなか凝ったつくり。
d0056879_8184564.jpg
何箇所もある暖炉では火も焚かれています。

梁が印象的な店内はまさに"ひこうき"だらけでありました。
d0056879_8163981.jpg
d0056879_820034.jpg
大きな窓の外は、実は。。。
d0056879_8204928.jpg
本物の飛行場であります。アヒルの池もあったけどさ^^

アメリカでは飛行機というのは、(ヤンキースの選手じゃなくてもできる)趣味の一つ。そのため、SDにもあちこちにこうした個人所有の飛行機のための飛行場があるのですよ。


こういうクラッシックなお店では普通のものを頼むのが一番だろうということで、オーダーはこんな感じで行ってみました。
d0056879_11222273.jpg
日が落ちるに連れて写真がイマイチになってってますが失礼^^;

マティーニから始めて、海老のカクテル、チーズスープ&オニオンスープを前菜に。メインは我が家としては珍しく、肉々しいステーキとローストビーフ(旨し!)など。ご覧の通りのボリュームでしたが、洋食チックな味わいで結構おいしいの。つばめグリル好きの我々、はっきり言って、この店、気にいりました♪

カクテルから始めて、デザートまで頼んで、チップ税込み$100。

第一次大戦時に活躍した空軍部隊の名を冠したこのレストラン。軍関係のお客さんも多いとかで、どうかなー、と行くまでは思ってましたが、実際にはお誕生日のディナーやちょっとお洒落した楽しそうな家族連れでいっぱいで、ほどよくリラックスした雰囲気。

毎週行くような店じゃないけど、サービスも過不足なく、しゃきしゃきしてて気持ち良かった。サンデー・ブランチも評判がいいようなので、今度はお昼に来てみよう、と心に誓った夜でありました。

中だけでなく外の雰囲気もなかなか。
d0056879_8353127.jpg
d0056879_8303876.jpg
飛行場に落ちる夕日が綺麗だったよん。



<チーズ部について>

立ち上げ以来、2ヶ月も、いろんな方から毎週、チーズ関連のエントリーを寄せていただき&掲載させていただきました。部長、こんなに皆さんに一緒に遊んでもらえると思わなかったので感謝感激雨アラレ(古すぎ)でございますm(_ _)m。

が、そろそろ、立ち上げの時期も終了かと思いますので、気の向いたときに、、、というのんびりペースに移行したいと思っております。

d0056879_8563223.jpg


引き続き、部活動のご報告お待ちしてますが、のんびり気長にいきましょ、ということで、どうぞこれからもよろしくで~す \(^^)/
[PR]
by koru2005 | 2006-10-16 20:01 | ◆サンディエゴあれこれ