ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
減ったり増えたり
d0056879_5412691.jpgすみませんが、まだ、サンディエゴにいます(笑)。

うちの手乗り猫もいまのところ、元気です(これでも落ち着いて座ってる。一人で座ってるよりはずっといいらしい)。

でも、この角度だと、は、腹の肉が。。。ぎゃー。

これは毛で、Bの腕に押さえつけられてるし、ここまでじゃないのよぉおお。

って、アタシは誰に言い訳してんでしょうね^^;



飼い主の方は、毎日、いろいろな物を知り合いに押し付けるお嫁に出す毎日と申しましょうか。SDは3年間限定、日本に家具は残して来た&今、うちにあるものは前任の方や周りに譲ってもらったもの+切羽詰まって買った巨大なIKEA製品ばかりで、日本の狭い家に持って帰るのも、、、なものですから。

家具以外にも、家の中に緑がないと寂しくて、つい増えてしまった観葉植物をどうしようかと苦慮しておりましたんですが、こちらもみな、引き取り手がつきまして。

d0056879_11214641.jpgみんな、三年間ですくすくと大きくなったので、本当に良かった、と、ほっ、としているところです。次のお家でもかわいがってもらってほしいワー。


←大事な家族の一人=観葉植物のA子もその他諸々のお道具と一緒にお嫁に。



そして、毎日、いろんな人に会って、別れを惜しみ、再会を誓う日々が続いています。みんなに会えるのは楽しいけど、特にこちらに永住している友達、永住予定の友達との別れはつらい。また会えるだろうか、と、つい考えちゃうから、ね。


そんな日々の中、別ネタ?も兼ねて(笑)、ちょっと前にお呼ばれしたSさんちのランチを今日は。ここの一家もただいまSDに駐在中ですが、こちらに来る前からの知り合いで、共通の友人も多く、日本の家も近い。というわけで、しんみり気分はなしの楽しいランチでありました。

S家のSDの住まいはこのブログに何度か出て来たCardiff by the Sea(パタゴニアとかがあるところ。サーフィンのメッカだす)。つまり海の側。もちろん、ここの家もオーシャンビューよん(写真はなくてごめんね)。

S家には駐在の直前に生まれた2歳にならないかわいい女の子がいるんですけど、まめなNちゃん、卵好きの私のためにキッシュを焼いて、待っていてくれました。
d0056879_1563024.jpg
パイ皮も自家製。えらい! えらすぎ!!


シナモンロールも手コネだよーん。赤ちゃんがいるのに本当に頭が下がります。
d0056879_212223.jpg



スープまで作ってくれていて。
d0056879_215467.jpg
この人のお料理はお人柄を反映したいつも優しいお味。盛りつけも私と違って女らしくてね。


そして、入れ物は、、、みなさん、おわかりですね。ルクちゃんでございます。そう、彼女はルクちゃんをいーろいろお持ちでして。日本時代からかなり持っていたそうですが、こっちに来て、購買熱に拍車がかかったとか^^。

その彼女にいろいろなお鍋やオーブンアイテムを見せてもらい、使い方を教えてもらって、相談して。。。

じゃじゃーん♪ ええ、ついに私も買いました(つまり、これが今日の別ネタ、笑)。
d0056879_25534.jpg
また、黒じゃ、たはは。

右は26cmのキャセロール。左はグリルです。2つで140ドルくらい。茶色だとさらに40ドルくらい安かったんだけど(アウトレットは時期によって、色ごとのセールをする。先週は茶色だった)、自分のテーブルにあの茶色は合わなそうなので、値段には涙をのんで?、初志貫徹の黒に致しました。

前に書いたように私は煮込みは圧力鍋の人なので、煮込むというよりはオーブンから直接テーブルに出す料理や鍋料理に使いたくてキャセロール(ルクのこれは浅鍋)です。Nちゃんもキャセロールを一番使う、と強力に押してくれたので、えいやっ、と^^

一つ大きい30cmにするかは店頭でも随分考えたけど(店員はそっちを薦めた)、大きいのを買ってしまいこむよりはたくさん使いたいし、日本のオーブンに入れることを考えると小さい方がいいかな、と、思って決めました。

平日の昼間に行ったもんで、例によって暇な店員殿と、なぜ26cmなのか(;日本に帰る=家が狭いから(笑))、なぜ黒なのか(;和食器に合うから)、日本で何を料理するんだ(;すき焼き、等の鍋料理もしくはオーブン料理)、すき焼きはどうやって作るのか(;。。。省略^^;)等々、延々とエイ会話をするはめになりましたが、久しぶりに英語を使う機会となって良かったワ(爆)。SD、英語、普段、要らないからねえ(苦笑)。

それに、人懐っこくて親切なSDローカルの彼女に、『キティと気をつけて日本に帰ってね(この人はなぜ私がSDに、誰と来たのかも聞いたので)、良いご旅行になりますように、いつか是非またSDへ』、と言ってもらえて、やっぱ、SDの人はいいなぁ、と。帰国間際なのでしみじみと、ね^^

前から欲しかったグリルもこの週はセールでかなり安かったので、つい^^;。よく考えたら結婚して初めて買った鍋です(今使ってる鍋は結婚前に揃えたもの&大学時代からのもの)。また、10年くらい鍋買わないと思うんで(笑)、買った以上、使い倒したいと思います!

ここんとこ、このブログを読んでくれてるいろんな方に、ルクルーゼを買ったかと聞かれ続けていたので、宿題を終わらした気分。あー、すっきりした〜(爆)





手みやげによくこのクッキーを焼いて、人に押し付けていたのですが、何人かにレシピを聞かれましたので。。。

d0056879_233052.jpg<材料> 

ナッツ(くるみ、アーモンド、等、混ぜても) 100g
砂糖 100g
バター(マーガリンと混ぜても) 180g
粉(写真は全粒粉と普通の半分ずつ。お好みで) 250g
卵 1個 
あれば、グラニュー糖 適宜

<作り方>
1。ナッツを煎る(やらなくてもいいけど、煎ると香りが違う。オーブンでも)。冷めたら刻んでおく。
2。ぐにゃっとなるくらい軟らかくしたバターに砂糖を入れて、(あればハンドミキサーで)混ぜる。砂糖がざらざらしてても平気。バターが溶けすぎないように。
d0056879_233133.jpg

d0056879_2332730.jpg3。粉を2に入れて、手で混ぜる(練らない!)。粉ッ気がなくなったらOK。

d0056879_2334193.jpg4。ナッツを入れて、まとめるイメージで軽くこねる。生地がまとまって、手やボールにつかなくなるまで。

d0056879_2335767.jpg5。4を三等分して(200gずつくらい)して、棒状にまとめ(直径3−4cmくらい)、ラップを巻いて、冷蔵庫で冷やす(切りやすくするため)。ちなみに冷凍するとこのまま一ヶ月くらい平気。

6。5の生地を溶き卵→グラニュー糖に順に入れて転がす。。。やらなくても平気だけど、周りがぱりぱりになってずっと美味しい。
d0056879_232030.jpg

6。5の生地を1cm弱の厚さに切り、ちょっと離して並べ、180度で約20分焼いて、出来上がり♪
d0056879_232441.jpg


さぁ、Yさん、Nさん、やってみよー(笑)。
[PR]
by koru2005 | 2007-03-11 11:40 | ◆日々の暮らし