ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ロブスター & ロブスター
また会いましょう、と、いうことで、宴の日々。。。

先日はNちゃんちにお呼ばれしてきました〜。サンディエゴ引っ越し隊(3家族でお互いの引っ越しを手伝い合って来たのです)のメンツがメンバーです。

d0056879_21515026.jpgNちゃんお手製のおご馳走がいっぱい。

これは牡蠣のジョン(卵の付け焼き)かな〜。素材の良さが生きております。プリプリよん♪

衣がかりかりの香ばしいからあげクン。
d0056879_21482911.jpg


懐かしいお味のさわやかなサラダ。
d0056879_2148437.jpg
みんなに大人気ですぐ無くなっちゃって、ね。でも、何度もつぎ足してくれました〜。

ドライカレーも美味しゅうございました。
d0056879_2149614.jpg


d0056879_2214350.jpgあたくしも少々。
d0056879_222529.jpg
d0056879_2222056.jpg海苔とすし酢がまだあったので、巻き寿司を作ろうと思ったら、巻き簾がもうない。梅干しがあるんで、豚肉の梅しそ蒸しを作ろうとしたら、蒸し器がない、、、ということに、料理し始めてから気がつきましたが(^^)>。


意外になんとかなるもんですね。巻き簾はラップと布巾で代用。梅しその方はいつも皿ごと蒸すのですが、パーチメントペーパーに巻いて、せいろで蒸したら、とりあえずはなんとか^^;

ただ、寿司は巻き簾がないと均一に力が入らないということがよくわかりました(爆)。不細工ですけど、見逃してくださ〜い(笑)。


そして、じゃかじゃん♪♪ 

この日のハイライトはロブスターの炭焼きでございま〜す。
d0056879_2151990.jpg
気の毒に生きてたそうで。。。いい匂いで焼かれております^^;。


d0056879_21553935.jpg室内にまで香ばしい匂いが充満。

いまか、いまか、と拷問のような時間を過ごすと。。。






本日の焼き手がロブスター様とともに盛大に参上(笑)→



ちょうどいい焼き加減。ふわふわの身でしたよ。
d0056879_21564618.jpg


次にこんなロブスターの固まりが食べられるのはいつだろう(遠い目)。
d0056879_21591150.jpg
誰かの結婚式っすかね(笑)。

Kさんお手製の小豆入りのシフォンケーキも軽やかで美味しゅうございました。
d0056879_22214710.jpg
抹茶入りのクリームも作ってくれてまして、絶妙の組み合わせ。うす甘くてうまい。和菓子のよう。あたしも作りたい。今度、レシピ教えてくださーい。

Nちゃん、Kちゃん、ごちそうさまでしたっ。我々以外の二家族は当分、アメリカに住む予定だと思うのですが、近いうちの日本での再会を信じて。みなさん、次は日本で会いましょう。







d0056879_22361668.jpgこちらもこのブログに何度も登場してるカップル。RちゃんとGです。日本でも絶対に会うとわかってますけど、最後にうまいものを食べにいこう、と、誘ってくれまして。

サンディエゴといえば、この店。ザガットサーベイでも常にSDレストランのトップ3に入ってるでしょう。

メジャーリーガーも遠征時に通うという寿司太田に久々に。

サンディエゴには何軒か、日本人が安心して(笑)通える寿司屋がありますが、人によって、ご贔屓はいろいろ。が、うちは太田派でございまして。それもなかなか予約が取れない太田さんの前のカウンターを予約してくれたというので、この日は本当に楽しみにして行ってきました。

さぞやいい写真が撮れることはわかっていましたが、常に予約客で満席のこの店で一眼レフを構える勇気がなく(苦笑)。太田さんに断って、数枚だけ、コンパクトカメラでこそこそと撮らさせていただきました。

注文したのは太田さんへのお任せ。この時期に一番美味しい魚を、最適な方法で出してくださいます。うまいです。最高です。この店に来ると、いつも生きてて良かったと思います(笑)。

最初の一品。たいら貝の春のサラダ。
d0056879_2239107.jpg
苦みのある野菜との取り合わせが絶妙。


この店にはウニを食べに来ます。ここに来るまで、そんなにウニは実は好きじゃなかったんだけど。
d0056879_22433732.jpg
サンディエゴの地物です。太田さんもこのウニを見つけて、サンディエゴにお店を出そうと思われたそう。当たり前ですが、全く臭みなし。ただただ、甘い、以上、という感じです。ちなみに一緒に載ってるエビも地物。生きておりました。。。合掌。おいしかった。


こちらも太田さん、工夫の一皿。
d0056879_22455040.jpg
左から、タケノコの木の芽和え、しいらのみそ焼き、いかを明太子と一緒にオリーブオイルで和えた物。

他にも美しいお料理が次々と出て来て、お寿司も春らしいネタを厳選して、出してくださったんですが、写真は撮りませんでした。ごめんなさい。


最後にこれだけ。今日の超おすすめと言われ、断るはずもなく^^
d0056879_2248467.jpg
食べる直前まで生きておられました(重ねて合掌)ロブスター(伊勢エビ)のお寿司と、身をさっと蒸した物。食べられるのは来週までで、その後は禁漁期に入るそう。味は、、、もちろんおいしゅうございました。こりこりっとね♪


太田さんの解説をたっぷり楽しみながらいただくお寿司は、サンディエゴでの我々の楽しみの一つでした。
d0056879_2251332.jpg
↑この子は男の子。ちなみに我々が食べたのは女の子。見分け方を教わりました〜


太田さん、ここにいてくれてありがとう(笑)。もし、サンディエゴに来ることがあったら、絶対にまた来ます!

そして、Rちゃん、G、ごちそうさま!(恐ろしいことにゴチになってしまった^^;)。

次は東京でおごるね(ひぇー(笑))。頼むから、ボーナス月に来日してね(爆)。
[PR]
by koru2005 | 2007-03-14 23:07 | ◆日々の暮らし