ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サンディエゴ最後の週末
自分の日記も兼ねてますので、記録のために。

***


昼間は野球。
d0056879_921963.jpg
d0056879_923186.jpg
が、まさか、こんなに真剣にやるとは。。。

メンバーが集まって知ったのですが、経験者が多く、かなり本気モードでした。女子も最初は混じってたけど、後半は打席だけ。。。


場所は近所の野球施設。
d0056879_943248.jpg
隣りのフィールドは試合中。

ここはSDのうちのすぐ近くの公園の中なんだけど、少なくとも5面くらいは公式の試合が出来そうなフィールドがありました。たいていのフィールドには観客席もついてて、売店もあったり。そして、もちろん、ただ、でございました。単に行って、空いてるフィールドを使っただけ。

これがアメリカのスポーツの環境なんだよね。やろうと思えば、大抵のことはすぐできたなぁ。これを知った後では、日本の野球のレベルがあれだけ高いのはすごいことだと思いますですよ。



夜はBの会社の上司殿が彼女の自宅でパーティを開いてくれました。

送別ボーリングの時に、こんなんじゃなくて、ちゃんとしたパーティをやったげるから、と、言ってくれてたので、ありがたく伺いました。
d0056879_912852.jpg
遅刻して(恥)着いた我々に駆けつけ三杯?ならぬ、駆けつけシャンパン。

ついでくれてるのは、Bが仕事上で一番親しくしてた人の1人。彼はミシガンにいるんだけど、Bが出張であちらに行くたびに家に呼んでくれたり、どこか連れて行ってくれたり。彼がSDに来るときは今度はこちらが、という関係で、3年間、毎日のようにBと(夜や週末にも^^;)電話をし合うという仲睦まじさでした(笑)。

彼はこの週、ちょうど出張でSDに来てまして。おいしいシャンパンとチーズ(彼はフランス出身)をわざわざ持って来てくれていました。
(Bが着てるヘンな赤いシャツは猫がトレードマークの寿司屋のユニフォーム。おまえにピッタリ?だ、と、この場で着させられたもの^^;)


飲んでー、食べてー、スピーチ。
d0056879_9143663.jpg
こんなに人が来てくれてよかったね、B。狭くもない上司殿の家、人で一杯でございました。。。



d0056879_9245375.jpg
d0056879_9254037.jpg建築雑誌に何度も掲載されたかっこいい上司殿の家。傾斜地を上手に利用した面白い構造で、入口はお寺に行くかのように延々と階段を上がった先にあります(外観はのせちゃうと場所がわかるかも、なので失礼)。

彼女のパーティはいつもとても勉強になりましたです。スタイリッシュでねえ。。。

この日も30人(もっと?)とか、人が来てたんだけど、絶対に使い捨てのコップは使わない。いろんなところから、次々とグラスが出てきて、魔法のようでした。ま、日本の一般的な家だと、収納場所からして、かなり無理がありますが。

食べ物もテキドな量で、つまみやすいものが用意されていました。これは最後のデザートとチーズのプレート→


しかーし。8時から始まったというのもありまして、夜はどんどん更けていく~

そして、突如、踊りだす人々@夜中。
d0056879_9272743.jpg
この二人は知り合い同士だけど、恋人でも夫婦でもない。単に踊りたかったから踊り始めたらしい。


広がる踊りの輪。
d0056879_9275423.jpg
気のせいじゃないと思うが、アメリカ人ってあんまり踊らないねえ、こういう時。踊りまくってたのは、欧州出身者ばかりでした。。。



踊りを見て笑ってるアメリカ人グループ=Bの遊び友達@壁際。
d0056879_918146.jpg
彼らには三年間みっちり遊んでもらいました。彼らがいなかったら、我々の(特にBの)SD生活はかなり退屈だったでしょう。。。


解散したのは夜中の2時過ぎ。

一番、印象に残ってるのはパーティを主催してくれた上司殿とのお別れ。

3年前、我々がサンディエゴに着いた初日。ロスの空港で持っていた猫の餌を没収され、くたくたの状態で到着したホテルで、彼女がホテルの部屋に届けてくれていたたくさんのキャットフードとサンディエゴの地図、それに添えられていた暖かい言葉は本当に嬉しかった。

どんなにお礼を言っても言い足りないくらいお世話になった彼女との最後のハグ。寂しかったです。


***


うちから見た昨日の富士山。
d0056879_7582884.jpg
富士山を見ながらも、サンディエゴは楽しかったよ、と、時に思い出す今日この頃。もう、随分、遠いことのようにも感じていますが。


でも、これを書いたので、あー、すっきりした。

というわけで、ありがとう、サンディエゴ。本当にいい所だったよ。でも、わたしはわたしの本来の生活に戻らなければ。

さぁ、本気で日本を楽しもう♪、そのためにはそろそろ小遣いも稼がなきゃだワ。どっかに楽でオイシイ仕事はないかしら(爆)。
[PR]
by koru2005 | 2007-04-29 08:00 | ◆日々の暮らし