ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Party Party
<本日の主役その2; バーベキューグリルでローストした
ハーブ風味のチキンです♪>
d0056879_0392776.jpg

ホームパーティが多いというのは日本にいる時から聞いてましたが、実際にアメリカに来て思うのは、ほんとーにパーティだらけだということ。たった1年のアメリカ生活でこれまでの人生で経験した以上の回数、パーティに行ったような気がします。カフェで出会った人に、共通の知り合いが偶然いたからという理由だけで、いきなりディナーにご招待を受けた時には、うーん、さすが開放的なカリフォルニア、と関心したものです。

こちらでは家族ぐるみのつきあいが当たり前ですから、それもホームパーティが盛んな理由かな。ダンナだけで遊びに出かけようものなら、それが離婚の理由になる国ですから。

しかーし、それ以前に思うのは、こちらの家がでかいこと…
d0056879_0132151.jpg

↑この手前にはさらに10人は座れるひろーいソファコーナーが。
d0056879_0133516.jpg

↑ご主人手作り(!)のバーベキュー&パティオスペース。奥にはキャンピングカーもあります。

地価が東京並みに高くなってしまったサンディエゴの家の広さは、アメリカの平均よりはかなり狭いです。が、30人以上の人を招んでも、空間は余裕。写真に写ってるスペース以外にも余裕で30畳以上ある正式なリビングルームと広ーい芝生のお庭もあります(あ、もちろん、さらに二階もあります)。10人もの子供達が家の中で、ゴムボールのぶつけ合いをしても、親も何も言わない。だって、別に困りませんからねぇ。。。

そして料理も持ち寄りスタイルが多いのも、パーティが気楽な理由。お客が鍋を持ち寄るいわゆるポット・ラックスタイルが主流なので、ホストだけがくたびれることもないというわけです。
d0056879_0441042.jpg

こちらの奥様はイタリア系の方なので、今日はハンドメイドのピッツァが主役でした。
d0056879_1522649.jpg

サルデニア出身のカルメンさんの焼くピッツアはぱりぱりのクラストに、酸味の利いたトマトとチーズの組み合わせが絶妙。焼きたてのピッツアは優しいマンマのお味でした。他にもこの日はタイカレーやら、サーディンのマリネ、中華おこわ、等々、食べまくりの5時間でした。

そして、私が作ったのは太巻き…
d0056879_0563578.jpg

普通のスーパーにも寿司コーナーがあるここカリフォルニアでは、皆、お寿司が大好き。おかげさまで、四本巻いていった太巻きもあっという間に完売。出汁からとって作った甲斐があったというものでした。
[PR]
by koru2005 | 2005-06-06 01:10 | ◆日々の暮らし