ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:◆日々の暮らし( 84 )
Happy Halloween! 2006
秋もすっかり深まってきたSD、ついにサマータイムも終わりまして、時計も一時間進むのが遅くなり、その分、日暮れが感じられるようになりました。

が、朝はその分、早くから明るくなるわけで、ワタクシの6時台の散歩は順調に続けられております。
d0056879_8141961.jpg
d0056879_8143963.jpg
↑朝の楽しみ、近所の三毛猫。でも、つめたい、ちっ^^。

d0056879_8225149.jpg前も書いたようにこの辺はみな猫は外飼い。特に朝方は猫をよく見るような気がするんですけど、ここんとこ、中でも人懐っこい斜向かいの家のクロちゃん(仮名)は全く見かけず。

それは多分、、、ハロウィンだったから飼主が外に出さなかったんだと思うんですけど、真実はいかに。。。


↑ハロウィンのマスコット?として、人気の黒猫。ハロウィン時にはさらわれるという噂が^^;


昨日はハロウィンでしたが、みなさんはどう過ごされましたでしょうか?

我々は近所の友達んちで、来襲するお化けやお姫様、ヒーロー達をつまみに?、ぱーてーなど、しておりました。
d0056879_15265527.jpg
魔女の姿でお姫様たちにキャンディの入った籠を差し出す友人A。 『2個までだよ~』

我々が住むエリアはハロウィンがとても盛んな場所と言われてまして、遠くからも親が車に乗せて子供を連れてきます(賃貸のアパートや治安のそれほどよくない地域ではやんない所もあるからね。。。)。この日も5時半ごろから9時過ぎまでひっきりなしに怪しい人々が来襲。料理の支度を手伝いながら、食べながら、お菓子も配ってたので、慌ただしゅうございました^^


アメリカのハロウィン3回目の今年は、子供づれの友人に引っ付いて、初めて、お菓子をもらいに(いや、あたしはもらわなかったが)他所の家にもちょっと。普段は静かな住宅地はあちこち、照明で照らされ、妙な格好をした人がぞーろぞろ歩いてて、盆踊りでもあるのか、といった趣き。
d0056879_1532215.jpg
今年は週の前半にあたったせいか、歩いてる方の大人の仮装は地味だったそうだけど(友人談)、迎え撃つ方はばっちり仮装してる人も結構いました。パーティやってるんだろーなー。


では、今日はハロウィンの飾りつけの様子、等々、朝、散歩しながら撮った写真も一緒にご披露させていただきますね。

まず、カボチャ。10月にはいるとそこらじゅう、カボチャだらけでしたが、カボチャはこういう所からやってきます。
d0056879_8295877.jpg
夏が終わる頃から、近所のスーパーも園芸やさんもかぼちゃ、かぼちゃ、かぼちゃ。。。立派なのを1個、3-4ドルとかで手に入れることが出来ます。Whole Foodsではいい値段でほおずきも売られてました(サンタフェのレストランにもあった)。

そして、当日のWhole FoodsやTrader Joe's(どっちもスーパー)は、頭に釘の刺さったゾンビや、血まみれの海賊、シャーロックホームズにお姫様、妖怪。。。がぞろぞろ(もちろん、みんな店員)。ある缶詰の場所を聞いたら、オッドアイのコンタクトをいれ、顔に血のりを塗った店員さんが爽やかに応対してくれました^^; まぁ、こういうのも、ハロウィンの楽しみ?かな。

さて、今年のうちの近所のハロウィンの飾り方のトレンド?もご紹介しましょうかね^^。

標準的な飾り方はこういう感じ。
d0056879_8191885.jpg


こっちは義理でやってる感ありありのタイプ。まぁ、一応、お菓子はあるよ、みたいな。
d0056879_8181824.jpg
リサイクルのかぼちゃも人気のようですな^^


で、上の2軒はまぁ、そう派手ではないタイプ。では、以下、飾りのバリエーションをお見せしましょう。


まず、平和なタイプ。
d0056879_8361542.jpg
なんか、勘違いしてるような気もするけど、かわいいだしょ。


次、歩いてて邪魔なタイプ(笑)。
d0056879_8373569.jpg
自分ちの生垣のみならず、街路樹も縦横無尽に飾ってます。。。


恐さにシフトしたタイプ; お墓編。
d0056879_8382369.jpg
(R.I.P.、ってのは、Rest in Peace; 安らかに眠れ、の略。お墓の決まり文句みたいね)

こういうのは時系列で追っていくと、ハロウィンが近づくに連れて、お墓に剣が刺さったり、血のりが増えてったりするようだけど、まぁ、そこまでは写真撮んなかった(笑)。


で、怖い系で生き物(主に蜘蛛)編。
d0056879_8402237.jpg
白い蜘蛛の巣みたいのを玄関中に張り巡らしてる家はよく見るけど、左下の家は玄関ドアまで黒いレースのカーテンで覆ってて、ちょっと新しい感じがしました(今年の新傾向なんだそうな^^;by 新聞)。が、いずれにしろ、家に入るのが難儀なことでありましょう。

こういうのは毎年やってってるとエスカレートするんでしょうけど、結構、金かかってるのも多いなぁ、と思ったりもして。。。去年のクリスマスも思ったけど、何が彼らをここまで駆り立てるんでしょうねえ^^;...


一番、あほ(失礼)だと思ったのはこれ。
d0056879_15484252.jpg
ガレージにテントが設置され、カボチャ大明神であるかのように、でかいカボチャが飾られております。両脇に嬉しそうにニタニタ笑いながら立ってるお兄ちゃんたちのいうことにはカボチャに挨拶しないと、お菓子をあげないよ。。。(←ばか、だと思いません?(笑))

で、これ、夜だと暗いし、不気味なBGMに紫のランプ、お人形とかも置いてあって、あんまり気持ちのいいものではない。そこに、友人の息子Y(4歳)が勇気を振り絞って、カボチャに近づいたところ、、、

センサーが作動して、上から幽霊の人形が落ちてくるわ、カボチャの目は光るわ、おまけにテーブルの下からは血まみれの手がニョキッと^^; 効果音で魔女の笑い声までついてました。

『アーハッハッハ。。。』

お兄さん達、、Yがびびって飛び下がると、それはそれは嬉しそうに大笑いしつつ、キャンディをくれました(1個だけ、ケチ)。。。毎年、いろいろ考えてるんだそうです。ご苦労様なことです。。。


そして、最後に今年の怖い大賞、じゃかじゃん♪

私が子供だったら一番行きたくないのはこの家だな。

d0056879_8415761.jpgまぁ、この辺は古い家ばっかりで、そのせいか、敷地が広めの家も結構あるんですが(除く、うち)、この家はその中でもでかい(奥行きもある)。そして、もちろん古い(たぶん90年位前の建物)。

その上、鬱蒼とした大きな木に囲まれててですね。夜、この前を歩くのもちょっと嫌だなーと思うわけですよ(実は小心者)。

いえ、この辺は治安は非常にいいのですが、ここに暗い中、入ってくのは、やだなー、と。


なのに、ちゃんと、ハロウィンの支度はしてくれてるんですよ、ほら。
d0056879_844110.jpg

大木の裏の薄暗いポーチには、ひっそりとこの死神(骸骨が鎌を持ってる)が、あなたを待っています。家がでかいんで、道からはアップが撮れなかったけど、すごいリアルなんです。怖いよう。

自分が子供だったら、この家はかなり肝だめしな気分でいくと思います。よっぽど、いいお菓子がもらえるんじゃなきゃ、いーやーかーもー。

*久々のチーズ部 & more...
[PR]
by koru2005 | 2006-10-30 05:32 | ◆日々の暮らし
なんだかめでたかった先週
日本から約一日遅れでアメリカ西海岸でも満月が見られました。満月と富士山を見ると、自動的にめでたいような気分(花札の影響か。。。)になるワタクシ、我が家もさくっとお月見しましたよ。

d0056879_5293328.jpgで、ブログにアップしろと、関西方面からあおられましたので(笑)、今週が終わらないうちに(SDはまだ日曜)。

← スペイン風の古い建築&パームツリーの隙間から見えるお月様。サンディエゴらしい風景ではありますが、まぁ、趣きにはちと欠けますわな^^;

SDには似合わないと思いつつ、ここ数日、あちこちで見せられて、頭に来てたので(笑)、私も作りました。
d0056879_5353376.jpg
d0056879_535545.jpgみたらし団子じゃ^^

← が、これ、タレも団子もレンジでチン、するだけ。所要時間10分弱。すぐに固くなるのが、レンジ調理の難点ですが、ちょこっと食べる分にはまぁOK。気軽に出来るのがいいところであります。



**

先週のめでたいことといえば、もうひとつ。10月2日は

りるーちゃんの4才のお誕生日でした。

先日、検疫に関しての書類を見直してて、久々に目に入った血統書。シミジミ見ると、飼主も忘れてたようなことが書いてありました。なので、誕生日を記念して、本邦初公開。
d0056879_5461889.jpg
実は殿はAmazone君という名前もお持ちでありました。

来たばかりのころのAmazoneの勇姿。。。
d0056879_549582.jpg
もう、こんな風に片膝には絶対に載らないけどさ。

昨日のAmazone。
d0056879_6544973.jpg
飼主、この猫のおかげでさらに腰が悪くなったと自信をもって言えますが、先日のぎっくり腰はだいぶましになりましたので、昨日から抱っこは解禁しました。1時間限定でストレッチやりながらですけども(情けない)。


おんぶはまだ自信がないので、こちらが代理。
d0056879_556476.jpg


最初の頃はBが会社から帰ってくるたびにビクついてたりるーちゃんですが、長の年月でオトコ同士の友情も培われたようです。
d0056879_557394.jpg
↑ 渋い大人のオトコの表情をお楽しみ下さい(爆)。



が、兄弟の中で一番、活発、遊び好きと言われた殿、中年男になっても毎日、追いかけっこが欠かせないやんちゃぶりは変わらず。

* 誕生日記念 サービス動画(笑)。子猫時代の遊びっぷり(動画28秒)

* そして、今日。
d0056879_5595850.jpg
↑ カ~モ~ン♪、と私を誘ってるところ。この後も写真を撮ろうとしたけど、灰色の稲妻しか写ってなかった^^;。

d0056879_614324.jpg
↑ その後、腰の悪い飼主を振り切り、冷蔵庫上のゴールへ。得意満面の顔。


運動の後。。
d0056879_63236.jpg
↑ 飼主の枕の上で昼寝に入らんとするところ。。昨夜もこのように枕を占拠されて、寝苦しい夜でした(苦笑)。


そして、さらにしつこく、お誕生日記念動画2(アイドル風よ^^)。

* 中年男の自堕落な昼下がり(28秒)

子猫のときに大阪からうちに来たのを入れると、4年弱で既に5回の引越を経験してる殿。来年は多分、最後の(と思いたい)大きな引越が控えております。おかげさまでここのところ、とても元気な殿。頑張って乗り切って、一緒に日本の生活をゆったり楽しもうね。
d0056879_6145978.jpg
では最後に皆さんにご挨拶。

このブログのおかげでいろいろなお友達ができました。これからもよろしくね♥ by りるー。



More 今日のチーズ部。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-10-09 06:04 | ◆日々の暮らし
めざせ、焼き鳥道!?
土曜日の朝にビキッと腰をやりまして、土日を中腰で過ごしましたが、センベイ布団&腰痛椅子&サポーターの三点セットが効いたのか、おかげさまでだいぶ痛みは取れました(結局、病院の予約は水曜にしか取れなかった。ま、行くけど)。

が、いちばん、効いたと思われるのは(逆にいうと腰痛の原因になってたのは)、殿の抱っこ&おんぶを、この三日、全然、してないことですな^^; 涼しくなったもんで、膝に載りたがるんですけど、彼を膝に載せると、PCでの作業がかなり不自然な姿勢になるもんですから、ね。

なんで、かわいそうにかなり不貞腐れてます。お時間のある方はその不貞腐れぶりを見てやって下さい。あ、言っとくけど、この動画、長いけど、特に何も起きませんので^^;

『退屈@PCを打ちまくる?飼主の足元にて』


***

では、本題。

タイトルにもありますように、先日、また、焼き鳥を食べました^^;

といっても、場所はうちでやりましたけど、今回は主催じゃありませんで、ね。
d0056879_74461.jpg
そう、主催者はこの方、R君。カタカナで書かれた自分の名前入りの板前さんのユニフォームを着てますけど、仕事はもちろん、板前、ではなくて、Bの同僚君です(笑)。


実は我ら、近所に住んでるBの同僚君たちで作られた『日本食を食べる会』に組み入れられてまして、月イチくらいで、かわりばんこに日本食パーティやってんですけど、9月のその日はちょうど、このR君のお誕生日でもありまして、ね。

日本長期出張中に、和食のお料理教室にも通った料理好きのR君、『誕生日だから、オレが主催する!』と、おっさられまして。最近、お買い上げになったBBQグリル、ご自慢の包丁(日本が誇るGLOBALの和包丁をお持ちでした^^)、大量の材料、ビールをピックアップトラックに積み、うちにやってきたというわけです。
d0056879_7241830.jpg
↑最初、手伝い不要と言われましたので、彼の作業の様子をパチリ。

ちなみにこの板前のユニフォームは、日本出張からアメリカに帰国する時に、日本の同僚の子達からお餞別にもらったんだとか。帽子、パンツもオソロでもらったそうで、さすがにそれはこの日は持ってきてなかったけど、本人、その、日本の調理師セットが大層、お気に入りのご様子。焼き鳥も、日本滞在中にはまったとかで、青山のA店はなんとかだー、とか、銀座のB店はナントカだー、とか、いろいろ講釈しながら、準備をするR君でありました^^;

わたしも何か前菜でも作ろうと思って、一応、材料は準備してたんだけど、材料買いすぎたから、何も要らないと言われ。見てるのも暇なんで、最終的にはお手伝いなど。
d0056879_7272538.jpg
が、予想はしてたが、片付けは出来ないくせに、職業柄か、やり始めるとコマカイこの人。彼のご指導に従って、串を打ちましたが、雑なワタシは串を真っ直ぐ二本平行&刺す材料はなるべく形と大きさを揃えて、という彼の指示を守るのはなかなか難しゅうございましたワ(苦笑)。


というわけで焼き鳥パーティじゃ。
d0056879_733465.jpg
今日のメンツは他に、この前、結婚したRちゃんとG夫妻(彼らもレギュラーメンバー)、と、これまた近所に住んでるAちゃん。きちんとした日本食をまだ食べたことがないというAちゃん。興味津々で初参加です。若いのに(24歳…)ちゃんと、おみやげも持ってきてくれました。
d0056879_736044.jpg
カプレーゼですな(チーズ部♪)。さっぱりしてて、焼き鳥の合いの手になかなかようございました。お洒落な彼女、入れ物は今やコレクターズアイテムのオールド・パイレックス。おばあちゃんのをくすねてきたそうな。


几帳面なR君の焼き鳥風景。串が焦げないようにと、ホイルで包んだ煉瓦が泣かせるでしょ(笑)
d0056879_7392296.jpg
d0056879_7393896.jpg
椎茸にかけるかつおぶしまで持参の彼でした。ちなみに奥のきゅうりは、今回、唯一あたしが出した(と言えるのか。。)もの。いやぁ、自分ちで人の作ってくれるもの、食べる機会など、皆無ですからね、我が家のバヤイ。どれもコレも美味しくいただけましたよ。他にもねぎまとか、いろいろあったんだけど、R君があまりにも丁寧に焼いて、どんどん、いいタイミングで、皿に置いてくれるもんだから、タイミングを外すのが悪くて、写真、撮れませんでした、ははは。


d0056879_7441651.jpg終始、たのしー、たのしー、とほとんど自分は食べずに焼き続けたR君にシャンパンで乾杯。

料理&おもてなし好きの彼、ほんとーに楽しかったようで(普段は1人暮らしなので、ほとんど料理をしない)、毎週でもやってもいい、と叫んで、夜中に帰っていかれました(笑)。


d0056879_7485752.jpgR君、34歳、独身、職業デザイナー、趣味料理。彼女募集中。

どうですか、そこの独身のあなた? 我々の引越の時も、彼、sweetだわ、と、ワタシの友人から一番人気だったのよん。

が、その場合は片付けはあなたの仕事です。

↑宴の後、我が家に残された、ねぎ四把、と、形の悪い野菜たち、他(爆)

酔っ払った彼、その日は何もかもやりっぱなし&次の日に残りの材料を全てワタシに押し付けていかれました。ねぎ四把もどないせーちゅうねん^^;。


ま、ヒマなあたしたちが心配するまでもなく、あっという間に次の彼女ができるでしょうけどねえ。それはそれで、どういう子を次に連れてくるか、検分するのが楽しみだわ、ホホホ(←オバサン)。

でも、次のパーティは焼き鳥以外がいいなぁ。。。さすがに、ちょっと、飽きました。ごにょごにょ



More; 今日のチーズ部…
[PR]
by koru2005 | 2006-10-03 07:05 | ◆日々の暮らし
こ、こしが。。。
久しぶりにビキッとなってしまいました。

書こうと思ってたネタはあるのですが、
健康第一、で、ちょっとアップを延期します。

あした(月曜)の病院の予約が取れるといんだがなー。

しばらく、殿のおんぶ&抱っこは厳禁。
コレが一番たいへん、か、も。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-10-02 01:53 | ◆日々の暮らし
The Wedding in La Jolla
日差しはあいかわらず強いものの、暑い!と感じることはすっかりなくなり、SDにも秋がしっかり到来したようです。9月はアメリカの新学年の始まり。私のコースも秋学期が始まり、ちと、他にも新しく始めようとしてることもありまして、このブログもなんとなく週一ペースになりつつあるような^^;

バタバタはしてますが、我が家は皆げんき♪

もちろん、この方も元気。最近の彼の(私の?)楽しみはブラッシング。というのも(ちょっと前だけど)新しいブラシを買ったら、殿にも好評なのですよ。ほれ、こんな風に。。。
d0056879_1312345.jpg


気持ちいいらしく、すぐこうなっちゃうの^^;
d0056879_13141031.jpg
そして、見よ、このブラシの威力を! ↑

このブラシ、だいぶ前にtomoさんのブログで拝見して、ずっと欲しいなぁと思っていたのですが、値段にビビって(猫用定価$34.95、ひー)、手が出せず。しかしながら、こう見えて、寒冷地出身の種である殿はダブルコートのかなり厚い毛の持ち主でして、我が家は一年中、灰色の綿毛が舞っておる。

このブラシのうたい文句、もう、抜け毛に悩まされません!、に、どうにも抵抗できず、e-bay(半額だったのよ、おほほ)での購入に踏み切った次第。抜け毛は皆無とは言いませんが、かなり、取れまする(これ3分くらいでこうなる)。猫にも負担がないようですし、うちには良かったようです。


***


バタバタしてるのは、公私共にいろいろとイベント毎が重なってるというのも大きな理由。これから、クリスマスにかけて、アメリカでは楽しいイベントが続き、ホリディ気分が盛り上る1年で一番華やかな時期に突入しますけど、今年一番楽しみにしていたイベントの一つが先週ありましたのよ。d0056879_13404110.jpgd0056879_13405532.jpg
2週間前に行われたブライダルシャワーに引き続き、RちゃんとGの結婚式がLa Jolla(ラホヤ)で執り行なわれたました。こちらは↑凝り性のGが自らデザインした招待状。ご覧の通り、日本の水引をモチーフにしています。

RちゃんとGのカップルはSDで一番親しくしてもらっている友人のうちの一組。こちらに来て以来、本当に彼らにはお世話になりました。こだわりの強い彼らの結婚式は予想通り、素晴らしいものでした。


会場はこちら、海をすぐ見下ろす閑静なLa Jollaの住宅地にあります古いお屋敷。
d0056879_13503710.jpg1900年代初頭に、あるお金持ちの未亡人の避暑用の別荘として建てられたこの屋敷は、SDの歴史建造物にも指定されております。

凝ったつくりの建物も見ごたえがありますが、スペイン風のパティオと、薔薇の花園に囲まれた裏庭も面白いデザイン。

今回のお式と披露宴はこの広い敷地をフルに使って、行われました。

←エレガントな玄関。この建物、どこをどう撮っても絵になるので写真を撮るのが楽しかったです。


ちなみにこの方はGの親友S君。イケメン倶楽部に自信を持って、推薦できるいい男の彼。ブルータスのモデルみたい(by B)な外観の持ち主ですが、Bの知り合いなんで、このサイズで失礼。ちなみにGもハンサムで有名。この晩は他にもなかなか結構なイケメンの方々が何人もおいででございました、ひひ^^

受付は1階のサロンにて。
d0056879_1445179.jpg
このサロンもよく保存されていますが、このお屋敷でいいなぁと思ったのは、調度品も当時のものを使ってあるんですね^^ 1階はすべて、ゲストの待合室として開放されていたのですが、各部屋とも家具もデコレーションも素晴らしかったですよ。トイレも凝ったつくりのタイル張りでかわいかった。


今回、私はお式の開始の2時間も前にココに来ました。というのも、頼まれていたことがあったからね。
d0056879_1484878.jpg
↑一緒に着付けをした友人E嬢。

そうじゃ、ブライズメイド5人への浴衣の着付けじゃ。着物はワタクシは結構好きでして、着付けも一応出来ることは出来るのですが、人に着せたことはほとんどないもんで、前日、Bを相手に思わず、練習しちゃいましたよ。彼は小さくないので、紐は長さが足りなくなるし、お端折りは取れなくて、本当に練習になったかは疑問だけど(爆) 

誰に着せるかはブライダルシャワーで確認済み。どの子もアメリカ人にしては小柄だったので、一安心していたのですが、細くても、皆さんグラマーでねえ・・・^^;(羨) 帯が胸に当たって折れちゃうのよ。。。かなり補正してもおっつかない。仕方ないから、わざと帯の一番上を折り返して、シワをごまかしましたけど、どうしても着崩れしやすい。それが気になって、気になって…。披露宴が終わるまで、びくびくしてました(苦笑)

今回、背景もゴージャスでしたけど、Rちゃんの衣装も印象的でね。
d0056879_1419116.jpg
d0056879_14192358.jpg
このお色直し用の黒内掛けはRちゃんのおうちに代々伝わるものだそうで、R家に嫁ぐ人、R家から嫁ぐ人が順番に着続けたもの。Rちゃんは20人目の花嫁さんなんですって。

ご覧の通り、刺繍、染め、織りもそれはそれは豪華。分厚い羽二重が貸衣装とは全く違う(あたりまえ)。眼福でございましたワ^^


さて、式の時間が近づいてまいりましたよ。
d0056879_14171323.jpg
女の子達の控え室はこの屋敷の女主人の元寝室。
さぁ、行くぞ!、と言ってるところです♪


というわけで、はじまり、はじまり~
d0056879_14243145.jpg
d0056879_14284438.jpg
d0056879_14291019.jpgお式はパティオで行われたのですが、ご存知のように、最近の日本の結婚式はアメリカのやり方を踏襲してるものですから、式次第は我々にも親しみやすいものでした。

←でも、三々九度をちゃんとしたんですよ。演奏の人達もこの時はさくらさくらを奏でてくれてね。


本人達の希望で今回、ドレスコードは結構カジュアルでしたけど、式自体は厳粛そのもの。
d0056879_14335052.jpg
いいお式でした。(クッションはRちゃん作)。


さて、まだまだ続く、この日のイベント。
d0056879_143512.jpg
d0056879_14355363.jpg花嫁花婿やご親戚、グルームズ・メン、ブライズメイドが写真を撮られまくってる間、裏庭ではパーティの準備が急ピッチで進行中。


その間、我々は、といえば、、、
d0056879_14374836.jpg
d0056879_1438037.jpg
d0056879_14381680.jpgパティオで飲んで、待っておりました^^

アペタイザーもかなり種類がありましてね。さすが、La Jolla、ケータリングの質もなかなかのようでございました。




さ、支配人の方のお声かけでパーティのはじまりはじまり~
d0056879_14434059.jpg
ライトアップされたパティオを抜けて、、、

薔薇に囲まれた裏庭に着席。
d0056879_14435735.jpg
d0056879_14442031.jpg
前菜はメロンとチーズ(チーズ部、むふ♪)

d0056879_14443390.jpg
私のメインはサーモン(その下はマンゴー入りのリゾット)。他にビーフ、ベジタリアン用が用意されてました。

幸せのおすそ分けも。
d0056879_14505596.jpg
d0056879_14521938.jpg



締めはやっぱりこれですよね。
d0056879_1452454.jpg
Gの妹、Dがゲット(20歳!)。大喜びでかわいかったです。


まさか、アメリカに、、、と、何度も仰られていたRちゃんのお母さまも、本人達も涙していた今回の式。20年来のGの親友というベスト・マンのBのスピーチ、Gのお父様のご挨拶も真情のあふれる暖かい内容で、この披露宴は実際には、とても心温まるものでした。折に触れて、準備の経過を聞いていた我々も結構、感激致しましたです。

もう、とっても幸せなことは知ってるけど、さらに幸せになって欲しい。そして、これからも一緒に遊ぼうね。
d0056879_14444876.jpg
お幸せに。

長くて悪いとは思っているのよ。。。^^;
[PR]
by koru2005 | 2006-09-12 13:07 | ◆日々の暮らし
オンナの会
来週、こちらに来て二度目の結婚式に出席することになっているのですが、それに先だって、週末、ブライダル・シャワーという会に初めてお呼ばれしてきました。

アメリカでは結婚式の前に、花嫁、花婿、別々に同性だけのお祝いの会が開かれるとは聞いていたのですが、何をするものかは全く謎。招待状には『お式の準備に忙しい花嫁Rちゃんをリラックスさせるようなギフトをお持ち下さい』と、ありましたので、ちょっとしたプレゼントを持って、うちから車で40分ほどの会場のお宅へ、いそいそと行ってまいりましたよ。


今日の会場はRちゃんが初めて日本からアメリカに留学した時にホストファミリーになってくださったというお宅。それ以来、彼女が帰国し、また、渡米し、二度目の留学をして、こちらで就職してからも、親戚のようなお付き合いをされているとか。話で聞いていた通り、本当に皆さん、暖かい方々でした。

そして、大家族でみな、なかよし。おばあさま、おばさま、等々の年配の女性が何人も出席されていて、日本で似たような親戚の多い家庭に育った私には、こういう雰囲気はとても懐かしく、ちょっと大分の自分の家にいるような気分にも。。。^^


アメリカのパーティ、、、着いたら、まずはお約束?の握手攻撃。この日は、終始、忙しく立ち働いていたホステス(お母さま)の代わりにおばあさまが社交の中心に。何度も何度も名前を確認してくださり、皆の名前と顔を一致させてくれて、話に入りやすくしてくれます。こういうことがアメリカ人は本当に上手だと思いますね。社交に不慣れな日本人の私は、ここでは、とにかく、必死に相手の名前を覚えます。アメリカ人、とにかく、人の名前、忘れませんからね^^;
d0056879_251260.jpg
こちらがおばあさま。握手をしながら、しっかり、にっこりお客様を確認中^^

d0056879_2511722.jpg
食堂でもさらに続く紹介の輪。この家のおじいちゃんも、お父さんもどこかに出かけてくださってたようで、ごらんのとおり、女子ばかり。


挨拶が済み、場がほぐれたところで、かわいらしくセッティングされている会場=お庭に移動。

どうよ、プールよ♪ アメリカみたいでしょう(笑)。
d0056879_2582328.jpg
が、実は日本の首都圏並みに地価の高いSDではプールはかなり貴重。街中&海辺に近いうちのあたりだと、よっぽどの豪邸でもない限り、まずはお目にかかれないシロモノでございます。ありがたや、ありがたやー。
(ここは多少、郊外、ではある)。


やっぱり、水はいいねえ。朝晩、涼しくなったとはいえ、昼間はご覧の通り、日差しぎらぎらのSDですから、水がそれは涼やかで、目を楽しませてくれました。
d0056879_2584879.jpg
d0056879_3183478.jpg
ちなみにこの方が今日のフラワー・コーディネーター^^。20年以上もフラワーアレンジメントを趣味でやってらっしゃるそうで(本業は別にお持ち)、頼まれて、よくパーティー等のお花のアレンジをされるそう。こちらのお母さまの従姉の方だそうです。


チーズ部部長としては、チーズのレポートもしなくちゃ、ね^^ あれだけ、たくさん、こちらのスーパーにチーズがあるのは、もちろん、食べる機会があるからなのよ。パーティにチーズプレートは欠かせませんからね、ほら♪ 
d0056879_319013.jpg
ブリーのチーズプレート。他にもチェダー、モントレー・ジャックのプレートも別に用意されておりました。後ろにちらっと写ってるオレンジのケーキも甘すぎず、美味しかったですよ^^

d0056879_3245433.jpg
このサラダにもしっかりブルーチーズが入ってます。サンドイッチのきゅうりもかわいいでしょ。こちらのお宅には大学院の博士課程に在籍中の長女の女の子を筆頭に、20歳前後のお嬢さんが3人いらっしゃるのですが、彼女たちが今日の食べるものをすべて準備したんですって。

d0056879_3252787.jpg
人数が多いので、コーヒーはスタバから買ってきたと申し訳なさそうにおっしゃってましたが、飲み物もお手製(右のピッチャー)。ハイビスカスジュースとフルーツジュースを混ぜたというそのドリンクは、結構、酸っぱめ&良い香りで、プールでのパーティにぴったりでした。

そうそう、アメリカ人だって、よく料理する人もいるし、そういう人の料理は味も薄めで、もちろん、おいしいです。なんてったって、この家の方々は皆、細い(笑)。普段、食事に気を使ってる家だということがよくわかります。


食べながらやることは、知らない人と、ひたすら、会話、会話、会話。。。
d0056879_3423412.jpg
渡米当時、相槌のうち方(こんなの日本の学校じゃ習わないでしょ^^;)も知らない頃だったら、死にたくなってたかも(苦笑)。さすがに2年以上、こっちに住んでるので少しは慣れましたが。。。


さ、散々しゃべったところで、今日のメインイベントだよ。
d0056879_351110.jpg
プレゼントの公開でございまーす。パチパチ~♪


プレゼントに埋もれる花嫁。リラックスさせるもの、というお題だったためか、ギフトはスパ関係のモノが多かったかなー(スパの金券、スパ用のボディケア、お風呂グッズ、等々)。あとは2人の記念になる写真立て、アルバム、インテリア用品、とか。
d0056879_3514095.jpg

d0056879_3521728.jpg
ワタクシは皆と重ならないように、と、和モノ(手ぬぐいと、日本の名湯・温泉の素セット、等)で、笑いを取らせていただきました。お式用の本プレゼントも和モノを差し上げるつもりなので、一応、お揃いということで^^。

d0056879_3591746.jpg皆がお互いのプレゼントにキャーキャー笑ってる間も、さりげなく、でも、ひたすら、気を使うこちらのお母さま(水色のキャミの方)。おかげで初めてのブライダルシャワーでしたが、本当に寛いで過ごさせてもらいました。

行き帰りから含めて、6時間弱、英語をしゃべりっぱなしで、なんか、英会話の特訓コースみたいだったような。おまけにここんとこ学校も休みで、ほとんど英語を使ってなかったので、ちと、くたびれましたが、久しぶりに自分の母や伯母の年齢の優しい女性達と話せて、和めたなー。

また会おうね、と、皆とはお別れの挨拶もして、お式もさらに楽しみです。ここの家の女の子たちはブライズメイドになる予定で、浴衣を着せることになってるので、しっかりお手伝いさせていただきますわよ。その前に、久々だから、ちょっと、着付けを練習しとかなきゃ、だが(笑)。
d0056879_461350.jpg
花嫁Rちゃんからはお土産に彼女と彼のイニシャルをかたどったお手製のクッキーをいただきました。クッキーの色は彼らのお式のテーマカラーのグリーンと茶色。お味は各々、お抹茶とアールグレイ(多分)でこれまた美味でした。デザイン関係の仕事をしている2人ですから、さぞや、スタイリッシュな式になるでしょう。そう意味でもとっても来週が楽しみです♪



<今日のチーズ部>

上のパーティでも食べましたが、チーズ部部長、しばらくは1エントリー、1チーズを目指しますので(予定)、今日の分。

先日のチーズ(Fleur Vert)の残りがありましたので、刻んで、ドライトマトが漬けられていたスパイス&ハーブ入りのオイル、ファーマーズ・マーケットで買ったトマトと一緒にカッペリーニ(細麺)を和えて、冷製パスタに。さらにパルメザンとイタリアンパセリ、ケーパーも散らして、残り物料理にアクセントをつけてみました。
d0056879_4311243.jpg
トマトの甘さとチーズの酸味がワタシ的には◎。暑い日のお昼にピッタリでした^^d0056879_4443928.jpg d0056879_8321580.jpg




そして、部員の方々からも早々にご報告をいただいております。

神戸のTamarind-Cafe'様からは芦屋の老舗ケーキ屋さんの一口サイズのチーズケーキと、雪印パルメザンチーズ、6pチーズのアレンジのご紹介。

大阪のううたろう様からは、LOTTEの意欲作(笑)、クランキーチョコのチーズケーキ味の試食レポート(ご苦労様でした^^)。

テキサス州ダラスのdarari様からは、ハッチというチリのフェスティバルと合わせて、ご当地のチーズ事情及び、パルメザンを使ったスナックをご紹介いただきました。

みなさん、レポートありがとうございましたぁ m(_ _)m

ご興味のある方、お名前のところにリンクを張っておきました。どれも、興味深い&エントリー自体、毎度、楽しい方々ですので、是非、飛んで行って、ご覧下さいましね。


引き続き、チーズ部(ネームカード、チーズ部で登録しております^^)では、チーズ関係のご紹介、お待ちしております。皆様、ふるって、エントリーして下さい~♪



<今日の殿>

Rちゃんのシャワーは、くつろぎ・リラックスがテーマでしたが、うちにも、リラックス大好き、マッサージ大好きな方が約1名いらっしゃいます。彼のマッサージのエンジョイ振りをどうぞごらんくださいまし(シーツの洗濯中で後ろがばっちくてごめんなさーい)。

<動画・音入り(54秒)>
[PR]
by koru2005 | 2006-08-30 04:44 | ◆日々の暮らし
おためしおためし? @ Acura Classic
熱波が行った後、ここんとこ、ずっと、しとしとしてたSDの海沿いですが、昨日辺りから晴れ。朝晩20度、昼間25度みたいなSDの爽やかな夏が戻ってきました。

猫でわかる今日の天気;

雨の日(週の半ば)。。。
d0056879_2482159.jpg



晴れの日(金曜~)。。。
d0056879_2485875.jpg
今日もうちの狩人は、大好きな窓際で光合成に余念がないようです。海風が気持ちいいもんねぇ^^


こんな暮らしやすいSDの夏、今年で終わりかと思うと、お日様嫌いの私も頑張って楽しもうとも思うもの。そんな折、Bがもっと楽しめるようと小道具を買ってくれました。
d0056879_2541046.jpg
(↑大阪のお方、あたしの机汚いでしょ。ながら族なんだもーん^^)

d0056879_2543246.jpg日差しのきついSDでは積極的には南側に窓を開けません。従いまして、家の中は常に薄暗い。残念ながら我が家の被写体は日陰では完全に保護色&彼はご存知のようにとても動きが速いでしょ。
今の90ドル強と言う超安物カメラではかなり限界を感じてたというのもありまして^^;


何度か書いたようにブログを始める前までは旅行にもカメラをもって行かないくらい写真に興味なかったんで、人間、変れば変わるもんじゃ。

が、電気屋に買いに行ったはいいが、あまりに私がカメラのことをわかってないので、店員には一眼レフはやめた方がいいのではとしつこく言われる始末(苦笑)。Bが一眼レフの使い方を知ってるからということで、やっと?、売ってもらえました。。。

いまだ、絞りって?、焦点距離??、シャッタースピード???の世界ですが、(ワタシ的には)こんな高いカメラ、元を取らないともったいないので、毎晩、寝る前に取説を読んで、頑張ってます(笑)。英語なんで、用語がよくわかんなくて、さらに混乱してますがね(爆)。


と言うわけで、試し撮りじゃ。。。
d0056879_3222176.jpg
水餃子。たれは頂き物のアレ。フル活用させていただいてます^^

単にAFで撮っただけなんで、一眼レフの意味ないっちゅう話もあるが、やっぱ、レンズが大きいので光は良く入る気がするねー(←わかってないくせにエラソー)

d0056879_324993.jpg水餃子を作ったのは、
←これを使ってみたかったからでーす。

人のボーナスが出たのをいいことに買ったフードプロセッサー。実は同じメーカーの小さいのを持ってるので2台目。が、日本の定価の1/5の値段でしたので、我慢できずについ^^;(from e-bay)

日本の狭い台所でどこに置くかはともかく、、、さすがパワフルで使いやすい。


調子に乗って、こういうものも。。。(写真は前のカメラにて)
d0056879_337851.jpgd0056879_358880.jpg
ライムのパイと、抹茶のムース。ここんとこ、ちと忙しかったので、逃避につい力が入りましてね(笑)。


本当はこれのソルベも作ろうとしてたの。
d0056879_34289.jpg最近、Whole Foodsでよく見るオーガニックのイチジクで作ったコンポート。イチジクは生より火が入ってるほうが私は好き。
レモン、バニラビーンズ&リキュールで香りもつけて、キーンと冷やすと夏のいいデザートに(with バニラアイス&バルサミコ♪)。

レモンを入れると、ジュースもかわいいピンクになるので、半分は凍らして、フードプロセッサーでガガッとソルベに、、、と思ったら、ガラスの入れ物ごと取り落とし、、、そのブツはあり様への貢物になってしまいました(嘘、慌てて、必死に掃除しました^^;)。悔しいので、ソルベはリベンジしようと思ってます、ぶつぶつ。

さらに外での試し撮りにも。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-08-06 02:58 | ◆日々の暮らし
ふたたび(よたび?)、SD引越隊発進!
先週末も(もちろん今も)SDはびかびかーと晴れ。そんな雲ひとつないSDの空の下、また引越をしてまいりました^^
d0056879_2123234.jpg
今回の引越す人、Y氏&Nちゃんち(旧宅)から見た風景。我が家もありますアップタウン・エリアの、その少し内陸よりにあった彼らのアパートは風のよく通る気持ちのいいお部屋でした。

ちなみに丘が茶色いのは造成中だからじゃないんですよ。これがSDの標準。水をまかないと基本的に多肉植物みたいの以外、ほとんど生えない。海に近いごく一部を除き、SDは本来、砂漠のようなからっからの気候なんですワ。



恒例の?引越互助活動も今回で4回目(お互いに引越を手伝ってる友人がいて、ここ2年でこれで4回目なんです^^)。いいかげん、慣れて来た我々、さらに今回は引越のプロを自認する(何十回も自分らで引越ししたそうで)Kさん(黒Tシャツの女性)が陣頭指揮をしてくれて、あっという間に終わってしまいました。d0056879_2163992.jpgd0056879_216562.jpg
日本では考えられないくらい、アメリカ人は気軽に引っ越すイメージがありますが、皆、移動のたびに家財は結構、売り払っていくので、こういうふうにトラックを借りて、自分で引っ越すのはごく普通らしい。我々も前回そうしましたし、ね。


Y氏&Nちゃんの新居は前のアパートから海方向にほんの数キロいったところ。うちにさらに近くなってとても嬉しい。
d0056879_228598.jpgSDのアップタウンには古い魅力的なおうちが数多く残っていますが、こちらも1910年代の建築。当時の建物らしく(今の家を探す時にかなり家のことは調べたので、建築様式に詳しくなっちゃったんです^^;)、玄関前にパティオのあるかわいらしい作りです。


d0056879_254054.jpgd0056879_254594.jpg
電話のない当時、パティオ↑はお客が家人が帰ってくるのを待つのに使われていた、と言うのは本当でしょうか^^ 1年中、外で快適に過ごせるSDで、こうした半アウトドアの空間を作るのは生活の知恵なんでしょうね。右はレバー式のチャイム。もちろんちゃんと動きます。

d0056879_2561575.jpgd0056879_2564238.jpg
暖炉もしっかりあります。冬もさほど寒くないSDですが、一軒屋にはたいていついてる気がする。最近はガスのところも増えてますが、こちらはもちろん薪のもの。で、右の穴は何だと思います?


これ、台所の換気口(換気扇がわり)なんですよ。ちなみにうちもこのタイプ。インディアンの家式だと、不動産屋からは説明されました^^;。

私も今の家に決める時、この換気口が一番気になって(台所が油でどろどろになるんじゃないかと思って)躊躇し、大家さんにも『わたしはアメリカ人と違ってイチから毎日料理するから、家の保全のために換気扇を付けたら』と提案したのですが、あなたは油を使わない日本人だから、大丈夫よ、と言われる始末。

だった1年だし、人の家だし、そう言うんだったら知るもんかい、と思って、じゃんじゃん天ぷらとかもやってるんですけど、それがうちの台所は全然べたついてないんですよ。不思議なことに。この穴、SDでは意外にちゃんと意味があるようですワ^^; 湿気の関係かなー

d0056879_3927100.jpgd0056879_3341164.jpg







照明カバーや床、窓枠も約90年前のままの、魅力的なこのおうちですが、一番、皆の注意を引いたのはコレ←。
当時の冷蔵庫なんですって。穴の下に氷を入れる場所があって、この棚を冷やす仕組みだそうな^^

お昼は近所のギリシャ食堂のテイクアウトのジロス・サンドをゴチになりました。
d0056879_3131238.jpg
d0056879_3132290.jpg

d0056879_3145396.jpgコレはみんなの分を取りに言った時の写真。
その店、見るからにギリシャ系の、あたしの3倍くらい彫りの深いおばちゃんたちが、馴染みのお客さんたちが来るたび、ぶちゅーぶちゅーと挨拶してるようなこなれたお店。

フェタチーズを中心にチーズの小売もやってます。他にお惣菜やバクラバなどの地中海東岸地方のお菓子もいろいろと売ってまして、ひっきりなしにお客さんが来てましたね。


d0056879_463384.jpgサンドイッチも美味しゅうございましたわー。

と言うわけで、皆お疲れ様~。

次は誰の引越かしらね^^



部活動の記録…
[PR]
by koru2005 | 2006-07-13 03:46 | ◆日々の暮らし
四連休にしたこと、の2
アメリカさんのお誕生日のおかげで、いただいた四連休。世間に合わせて?、一応、花火も見て、BBQ(って、パティオで材料を焼いただけだが)も、した我が家ですが、実は野望がありましたのよ。


が、それをお披露目する前に部活動からいってみましょう^^

まずスム部
d0056879_2348536.jpg
この日はマンゴ(オーガニックが1個99セント。ビバ・アメリカ♪)とバナナ、ヨーグルト、豆乳にて。
d0056879_944684.jpg




次、ドルセ部
d0056879_23502374.jpg
Trader Joe'sというスーパーをフラフラしてる時に見つけたバー。Dulce...とありましたので、即、買いしました。


中はこういうの…d0056879_23542145.jpgd0056879_23544735.jpg
コロコロしてるのはおコメ。なんか、ぽんぽん菓子を固めたと言うか、おこしを軟らかくした、というか、みたいなのに、キャラメルがかかってる感じです。味はご想像の通り^^; こういうエナジー・バーみたいので、すごく美味しいって物はない気がしますね。小腹が空いた時は便利だけども。

日本は今、どうなんでしょうか。アメリカはこういうエナジー・バーみたいのは90年代からポピュラーになったそうで、私がよく行くスーパーにはコーナーがあって、何メーターもずらーっと並んでます。

本来はスポーツの最中の栄養補給のものだったみたい。私の周り見てても、アメリカ人、日本人と比べ物にならないくらい、ハードなスポーツする人が多いですから。このバーも、そういうスポーツ用の栄養バーを作ってるメーカーが、女性向けとして開発したそうで、抗酸化作用の高い成分が入ってるのが肝だそうですワ。


そして、久々のCIS。写真は貯まってるんだけど、なんか、機を逸してましてね^^;。今日はBさんご愛用のこのB級チョコ。
d0056879_0183874.jpg
これまた、Trader Joe'sでゲットしましたバナナチップ・チョコです。
d0056879_9451655.jpg




中はこういうの。d0056879_021898.jpgd0056879_0212312.jpg
単にバナナチップにミルクチョコがかかってるだけなんですけど、あっさりした甘味で癖になる美味しさ。気がつくと、ぼりぼり食べちゃって、うちでは、すぐなくなっちゃう。1.99ドルと言う値段もかわいいんだなー^^。


d0056879_8144649.jpg今回、出てきたTrader Joe's というスーパーはLA近郊のパサデナと言う街が発祥のスーパー。Whole Foodsほどは、オーガニック、とひっちゃきになって唱えるわけでもなく、でも従来の巨大スーパー・チェーンとは一味違うオサレな&ちょっとナチュラル風な品揃えでSDでも大人気。

TJ(と以下略)のナニがエライって、安い(笑)。このスーパー、セールをしないことで有名ですが、その分、普段から単価を下げるのがポリシー。ワインやオイルの品揃えが良いことで、定評がありますが、オリジナルの半加工品の品揃えがほんとうに豊富(開けて混ぜるだけみたいな)。人件費が安いアメリカだからできるんでしょうが、世界中から高品質の食品をかき集めてるWhole Foodsともども、私がアメリカから日本に是非もって帰りたいものの一つだったりします^^。


***

さて、で、四連休に私が何をしたかったか。それはこれじゃ…
[PR]
by koru2005 | 2006-07-09 09:32 | ◆日々の暮らし
四連休にしたこと、の1
昨日の火曜日はアメリカのお誕生日(独立記念日)でした。月曜日もお休みにして、土日とつけて、四連休という会社はとても多く、Bの会社もそう。おかげで、祭日の少ないこちらで、Bさん、久々にのんびり出来た模様です。

アメリカは1776年にイギリスから独立したわけですから、今年で230歳、、、若いのう。だって、日本の建国は紀元前660年ってことになってますから、わが国は御年2666歳。すごい差ですよねえ。やっぱりいろいろと若い国だなーと住んでても実感してはいますが。


こっちに来て驚いたことの一つに、いかにアメリカ人が自分の国が好きで好きで(もちろん例外もいましたが)、星条旗が好きかということがありました。欧州出身の友達と話しても、彼らもそう思ってるから、アメリカ人のアメリカ大好き加減、というのは、やっぱり目立ってる気がする。

例えば、日本で日の丸のTシャツを普段、着て歩いてたら、ちょっとやばい感じがしますが、こちらでは、ごく普通に星条旗模様のTシャツを着たり、普段から車や家に星条旗を立ててみたりしています。

郵便局のサイトで、記念切手のページを見ても、動物シリーズとか、季節モノ、とかと並んで、ごく普通にパトリオットシリーズ(愛国者シリーズ…と訳すとすごいが)があって、星条旗の様々なバージョンが用意されてるんですよん。

そんな自分の国、ラブ♥のアメリカで、1年で1番、星条旗を見る日が昨日だったというわけです。渡米した年のちょうどこの時期、DMV(運転試験場みたいなもの。要するに役所)に行ったら、職員ほぼ全員が星条旗模様やアメリカ万歳みたいなTシャツ等々を各々着てまして、ひええ、と思った覚えがありました。今じゃ、すっかり慣れちゃったけど。

サンディエゴは軍の街でもありますので、右寄りといわれてまして、独立記念日の催しもそれなりに盛大です。
d0056879_1457674.jpg
こうしたパレードもあちこちであります。今年は日に当たりたくなかったんで、これは昔の写真。


日陰あるいは夜の女のワタクシ向けの独立記念日のイベントとしては花火もございますのよ。
d0056879_1501298.jpg
d0056879_1514843.jpg皆様おなじみの我が家のダイニングから見える風景。これは夕昏時。暗くなり始めるとすぐに、この海岸の左右及び真ん中の三箇所で花火が上がりました、こんなふうに




肉眼だともっときれいなんですけど、ガラス越し&三脚無しのコンパクトカメラではこれが限界でござった。この夏こそ一眼レフを買いたいなー。


昨日は7時過ぎから10時くらいまで、どんどんパンパン、花火があちこちで上がり続けてまして、結構、近い場所でも上げてるらしく、そのたびに揺れる我が家^^; 可哀想な殿は右往左往して、ベッドの下に入るかどうか考えてる風情でありました。

そんな彼を見捨てる?のは忍びないので、窓越しに見てたんですけどね。普段静かなこの界隈なのに、なんだか、人がいっぱい歩いてるんですよ。気になったんでちょっとだけ、外に。うちのすぐ裏の谷を見下ろす道に行ってみたら、こんなことになってました
d0056879_15104674.jpg
わかりづらいけど、ずらーっと人がいるの。両脇は路駐の嵐。ご丁寧に椅子やビール持参の方も大勢。どうやら、ここらって、花火の鑑賞スポットだったらしい。
人の隙間から見えてる三角形のライトアップはシーワールド。ここも夏の間は毎晩、花火を上げる殿の仇敵^^;

結局、昨日は5箇所の花火を見ました。。。急いで帰ったらいつものように殿はベッドの下に立てこもってました。
d0056879_15173230.jpg
毎晩、ご苦労なことです。日本の家はさらに花火の音がうるさい場所にあるのですが、すっかり忘れてしまったらしい。来年は頑張ってね、りるーさん。
d0056879_15202778.jpg
↑こちらはもちろんプロの写真。Union Tribune(SDの日刊紙)より。
というわけで、Happy Birthday, USA!

部活動の記録…
[PR]
by koru2005 | 2006-07-06 15:53 | ◆日々の暮らし