ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ:Cheese ( 21 ) タグの人気記事
Santa Barbara: The most beautiful downtown in America
d0056879_5154268.jpg9月の1週目、レイバー・デイ=勤労感謝の日にちなんで、Bの会社も三連休。日本に比べて、全然、連休の少ないアメリカ、急に思い立って、一泊で出かけてまいりました。

行った先はこちらSanta Barbara(サンタ・バーバラ、以下SBと略)→

なんせ、急に思い立ったもので、車で一泊で帰ってこれるところはどこだろうと考えたのですが、前々から、周りのカリフォルニア出身の人達に、SBはカリフォルニアで一番美しい街だから、と、言われていたのを思い出しましてね。

d0056879_1465575.jpg中央カリフォルニアに位置するサンタ・バーバラまで、州の最南端にあるサンディエゴの我が家からは約350km、理論上は約4時間弱のドライブ。L.A.を抜けて走るこのルートは気持ちのいいドライブ・コースとしても有名で、おととしのアカデミー賞脚本賞受賞映画 『SIDEWAYS サイドウェイ』 もSDから、このルートを通って、SBに向かう道程が舞台になりました(大人向きのいい映画だす)。

映画のポスターにもあるように、『サイドウェイ』ではワインが重要な脇役として、再々、登場しますが、SB郊外は良質のワインの産地としても近年、有名です。行くことに決めてから、SB市のウェブサイト等を一応、チェックしたのですが、そこには誇らしげに『アメリカで一番美しい街、SB』とも謳われていて、SB在住のセレブリティのリストが長いのもご自慢らしい。

よっしゃ、目的地として不足?はない!。せっかくだから、『サイドウェイ』のルートでも、辿って、美しい街を見て、ワインカントリー巡りでもしてみるべ、ということで、のこのこと行って参りました~。


さて、そこのあなた(笑)、あの方は大丈夫?、と、思ってるでしょ、思ってるでしょ???

d0056879_14134833.jpg心配させたくないから、先に言いますけど、大丈夫でしたよ。彼がトイレに行ったのを確認してから出発し(おかげで、遅くなり、昼ごはん、その他、いろいろ食い損なった^ ^;)、次の日も何かあったときのために獣医のあいてる時間に帰ってきてましたから。。。帰ってきたらトイレにはでっかいおしっこ玉がありましたしね(最近、順調なの、うふ)。

↑ 別れの構図(やらせではありません)。明日の明るいうちに戻ってくるってばと説得中…


***

ええ、長い前振りでしたが(^ ^;ゞ、今度こそ、出発!

高速の運転は楽ですので、道を知ってるL.A.を越えるまでは私が運転しました。こう見えて?時速130km程で一番左車線(=追い越し車線)を疾走中(笑)
d0056879_14303733.jpg
L.A.を超えてからは、内陸を抜けてくんですけど、おかげで外気温華氏103度(左下の温度計=摂氏39度超!)。これが南カリフォルニアの実態です。海沿い以外はこうなのじゃ。雨も降んないんで、そもそもカラカラだし、山火事が自然発火で起こるわけがわかるでしょ。しかして、1時間後にはそれは華氏75度(右下=摂氏24度)に。つまり、海に近づいたということです。ほら。
d0056879_14362125.jpg
前に見えるのがSBです。


ここらはこういう方々が多いことでも有名らしい。
d0056879_1437616.jpg
たくさんのバイク乗り(ほぼ、ハーレー)の方々を見かけました。SDに帰ってから、知り合いのハーレー乗りのオジサンに聞いたんですけど、SB周辺はバイク乗りの一種の聖地、というか、ツーリングの目的地なんだそう(適度なワインディングが多い&風景がすばらしいから)。海沿いだけではなく、ワイナリー周辺の田園地帯でも、ハーレーにゆったりまたがる人々を目にしました。


そして、SBはこういう所。。。
d0056879_1444042.jpg
19世紀の↑スペイン統治時代のPresidio(砦)。

うちのすぐ下にあるSDのOld Townはカリフォルニア発祥の地として知られていますが(スペイン人が最初に定植した場所。そこにもPresidioがあります)、SBもスペイン人が開いた古い街。

しかしながら、残念なことに1925年の大地震でSBは大きな痛手を受けてしまいました。が、それを機に、SBのシンボル、古いスペイン風建築特有の赤い屋根をテーマに街を再興。西海岸のリビエラ、赤い屋根の街、と言われる今の美しい街並みが生まれたそうな。

海に山がすぐ迫るSB。緩やかな傾斜に沿って、赤い屋根が並びます。
d0056879_14584959.jpg
d0056879_0511054.jpg
この先はもちろん、美しいビーチでーす♪。

こういうことをいうと、殴られそうだけど、地形は別府にそっくりだねえ。海沿いの道なんて、でっかいパームが生えてて、花がいっぱいで別大国道にクリソツだし、ワイン畑のあるエリアから降りてくる道も、なんか、雰囲気、湯布院から別府に下りて来る道かと思っちゃった。湯煙はないけどさぁ(^^ゞ、って、これを読んでるうちの数名しかわからない話題をしてしまいましたが、SDと違って、山にもやわらかい緑がとっても多いから、余計そう見えるのかもしれない。和みました。


もちろん、街中も緑がいっぱい。
d0056879_3355758.jpg
↑木の大きさに注目! 

街のど真ん中にこういうでっかい木がいっぱい生えています。揃った街並み、通りを歩く人々を見てると、ヨーロッパのようでもあるんだけど、私の知ってる範囲の南欧とも西欧とも植生が違う気がして、とてもエキゾチックな感じがしました。が、南米に何度か行ったことのあるBに言わせると、こういう木の感じ、白っぽい街を人がそぞろ歩いてる感じはブラジルみたい、だそう。アメリカ大陸固有の植生なんでしょうか。。。

d0056879_3452043.jpg
d0056879_3453796.jpg
d0056879_3511944.jpg
街のサイズが手ごろで歩き回るのにいい大きさ。ショッピングモールも凝ったスペイン風だったりして、楽しいです。冷やかすのにいい古本屋や小洒落たブティックも適当にあって、散歩が楽しかったですね。久しぶりに木陰を歩くということをした気がします(SDはパームツリーばっかで街に陰がないのじゃ)。

d0056879_3555378.jpgカフェも本当に多くてね。

一応、猫飼いなものですから、こういうカフェを見つけて、早速、入ってみましたよ。
ちょっと裏通りにあるのに、人が入ってるなあ、と思ったら、こんなかわいいお店だった。
d0056879_3574190.jpg
ココの商品には紙コップにまで、この、黒猫君がおられます。後からガイドブックを見たら、ここ、SB一押しのコーヒーの美味しい場所だそうで、実際、店内はすごくいいコーヒーの香り。しっかり、この黒猫君のコーヒー、うちにもお持ち帰りしました。


SBのダウンタウンは19世紀~20世紀初めの古いスペイン建築が随所に残って&復元(地震で壊れたからね)されてまして、古い建物好きのあたくしには堪らん場所でもありました。が、全部載せると、嫌われそうなんで(笑)、 ここだけは!、という場所だけ、ご紹介しますね。

State Street(メインストリート)のすぐ裏にあるCourthouse(裁判所)です。1929年、地震の後に再建されました。
d0056879_4115254.jpg
d0056879_412660.jpg
椰子が邪魔で、うまいこと、全景が撮れんかったよぉ。

d0056879_4141898.jpg10時になったら、この塔に上れるので待機中のところ。

高いところが好きなもんで、この程度をエレベーターで登るのはちょっと物足りなかったけど(笑)、ココは絶対に行く価値があると思う。

ちなみに最初の方のSBの街の見下ろし写真はココから撮りました。

あ、そうそう、ついでに言うと、もし、春夏に登るなら午後を推奨します。カリフォルニア中&南部の海沿いは暑い時期の午前中は、たいてい、海からの湿気でけぶってんの(だから、最初の街の見下ろし写真も海側は空が白っぽいでしょ@午前10時)。真っ青な空が撮りたかったら、午後2時以降がいいんじゃないかなぁ。


塔からの景色もいいけど、建物自体もビューティフルよん。
d0056879_4163949.jpg
d0056879_4165355.jpg
写真がでかいって? おーほっほ、あたしはタイルフェチなのよ^ ^。イスタンブールでも1週間以上いたのにどこにもいかずにモスクばかり見て歩いたのはあたしです。

この建物、タイル好き、漆喰好きにはたまりません。手入れもすごくいい、、、と思ったら、今も現役でした(驚)。つまり、名前が示すとおり、日々、裁判がここで行われてるの(法廷中の部屋の前には『静かに!』のサインが)。日によっては入れない部屋もあるようですけど、無料のツアーもありまする。SBに行かれたら、ぜひ、どうぞ。

以上、the most beautifulかどうかはともかく、美しいことは間違いないSBのダウンタウンでございました。

次回、ワインカントリー編に続きまーす。

Santa Barbaraでのチーズ部活動…
[PR]
by koru2005 | 2006-09-17 10:05 | ◆サンディエゴの外
The Wedding in La Jolla
日差しはあいかわらず強いものの、暑い!と感じることはすっかりなくなり、SDにも秋がしっかり到来したようです。9月はアメリカの新学年の始まり。私のコースも秋学期が始まり、ちと、他にも新しく始めようとしてることもありまして、このブログもなんとなく週一ペースになりつつあるような^^;

バタバタはしてますが、我が家は皆げんき♪

もちろん、この方も元気。最近の彼の(私の?)楽しみはブラッシング。というのも(ちょっと前だけど)新しいブラシを買ったら、殿にも好評なのですよ。ほれ、こんな風に。。。
d0056879_1312345.jpg


気持ちいいらしく、すぐこうなっちゃうの^^;
d0056879_13141031.jpg
そして、見よ、このブラシの威力を! ↑

このブラシ、だいぶ前にtomoさんのブログで拝見して、ずっと欲しいなぁと思っていたのですが、値段にビビって(猫用定価$34.95、ひー)、手が出せず。しかしながら、こう見えて、寒冷地出身の種である殿はダブルコートのかなり厚い毛の持ち主でして、我が家は一年中、灰色の綿毛が舞っておる。

このブラシのうたい文句、もう、抜け毛に悩まされません!、に、どうにも抵抗できず、e-bay(半額だったのよ、おほほ)での購入に踏み切った次第。抜け毛は皆無とは言いませんが、かなり、取れまする(これ3分くらいでこうなる)。猫にも負担がないようですし、うちには良かったようです。


***


バタバタしてるのは、公私共にいろいろとイベント毎が重なってるというのも大きな理由。これから、クリスマスにかけて、アメリカでは楽しいイベントが続き、ホリディ気分が盛り上る1年で一番華やかな時期に突入しますけど、今年一番楽しみにしていたイベントの一つが先週ありましたのよ。d0056879_13404110.jpgd0056879_13405532.jpg
2週間前に行われたブライダルシャワーに引き続き、RちゃんとGの結婚式がLa Jolla(ラホヤ)で執り行なわれたました。こちらは↑凝り性のGが自らデザインした招待状。ご覧の通り、日本の水引をモチーフにしています。

RちゃんとGのカップルはSDで一番親しくしてもらっている友人のうちの一組。こちらに来て以来、本当に彼らにはお世話になりました。こだわりの強い彼らの結婚式は予想通り、素晴らしいものでした。


会場はこちら、海をすぐ見下ろす閑静なLa Jollaの住宅地にあります古いお屋敷。
d0056879_13503710.jpg1900年代初頭に、あるお金持ちの未亡人の避暑用の別荘として建てられたこの屋敷は、SDの歴史建造物にも指定されております。

凝ったつくりの建物も見ごたえがありますが、スペイン風のパティオと、薔薇の花園に囲まれた裏庭も面白いデザイン。

今回のお式と披露宴はこの広い敷地をフルに使って、行われました。

←エレガントな玄関。この建物、どこをどう撮っても絵になるので写真を撮るのが楽しかったです。


ちなみにこの方はGの親友S君。イケメン倶楽部に自信を持って、推薦できるいい男の彼。ブルータスのモデルみたい(by B)な外観の持ち主ですが、Bの知り合いなんで、このサイズで失礼。ちなみにGもハンサムで有名。この晩は他にもなかなか結構なイケメンの方々が何人もおいででございました、ひひ^^

受付は1階のサロンにて。
d0056879_1445179.jpg
このサロンもよく保存されていますが、このお屋敷でいいなぁと思ったのは、調度品も当時のものを使ってあるんですね^^ 1階はすべて、ゲストの待合室として開放されていたのですが、各部屋とも家具もデコレーションも素晴らしかったですよ。トイレも凝ったつくりのタイル張りでかわいかった。


今回、私はお式の開始の2時間も前にココに来ました。というのも、頼まれていたことがあったからね。
d0056879_1484878.jpg
↑一緒に着付けをした友人E嬢。

そうじゃ、ブライズメイド5人への浴衣の着付けじゃ。着物はワタクシは結構好きでして、着付けも一応出来ることは出来るのですが、人に着せたことはほとんどないもんで、前日、Bを相手に思わず、練習しちゃいましたよ。彼は小さくないので、紐は長さが足りなくなるし、お端折りは取れなくて、本当に練習になったかは疑問だけど(爆) 

誰に着せるかはブライダルシャワーで確認済み。どの子もアメリカ人にしては小柄だったので、一安心していたのですが、細くても、皆さんグラマーでねえ・・・^^;(羨) 帯が胸に当たって折れちゃうのよ。。。かなり補正してもおっつかない。仕方ないから、わざと帯の一番上を折り返して、シワをごまかしましたけど、どうしても着崩れしやすい。それが気になって、気になって…。披露宴が終わるまで、びくびくしてました(苦笑)

今回、背景もゴージャスでしたけど、Rちゃんの衣装も印象的でね。
d0056879_1419116.jpg
d0056879_14192358.jpg
このお色直し用の黒内掛けはRちゃんのおうちに代々伝わるものだそうで、R家に嫁ぐ人、R家から嫁ぐ人が順番に着続けたもの。Rちゃんは20人目の花嫁さんなんですって。

ご覧の通り、刺繍、染め、織りもそれはそれは豪華。分厚い羽二重が貸衣装とは全く違う(あたりまえ)。眼福でございましたワ^^


さて、式の時間が近づいてまいりましたよ。
d0056879_14171323.jpg
女の子達の控え室はこの屋敷の女主人の元寝室。
さぁ、行くぞ!、と言ってるところです♪


というわけで、はじまり、はじまり~
d0056879_14243145.jpg
d0056879_14284438.jpg
d0056879_14291019.jpgお式はパティオで行われたのですが、ご存知のように、最近の日本の結婚式はアメリカのやり方を踏襲してるものですから、式次第は我々にも親しみやすいものでした。

←でも、三々九度をちゃんとしたんですよ。演奏の人達もこの時はさくらさくらを奏でてくれてね。


本人達の希望で今回、ドレスコードは結構カジュアルでしたけど、式自体は厳粛そのもの。
d0056879_14335052.jpg
いいお式でした。(クッションはRちゃん作)。


さて、まだまだ続く、この日のイベント。
d0056879_143512.jpg
d0056879_14355363.jpg花嫁花婿やご親戚、グルームズ・メン、ブライズメイドが写真を撮られまくってる間、裏庭ではパーティの準備が急ピッチで進行中。


その間、我々は、といえば、、、
d0056879_14374836.jpg
d0056879_1438037.jpg
d0056879_14381680.jpgパティオで飲んで、待っておりました^^

アペタイザーもかなり種類がありましてね。さすが、La Jolla、ケータリングの質もなかなかのようでございました。




さ、支配人の方のお声かけでパーティのはじまりはじまり~
d0056879_14434059.jpg
ライトアップされたパティオを抜けて、、、

薔薇に囲まれた裏庭に着席。
d0056879_14435735.jpg
d0056879_14442031.jpg
前菜はメロンとチーズ(チーズ部、むふ♪)

d0056879_14443390.jpg
私のメインはサーモン(その下はマンゴー入りのリゾット)。他にビーフ、ベジタリアン用が用意されてました。

幸せのおすそ分けも。
d0056879_14505596.jpg
d0056879_14521938.jpg



締めはやっぱりこれですよね。
d0056879_1452454.jpg
Gの妹、Dがゲット(20歳!)。大喜びでかわいかったです。


まさか、アメリカに、、、と、何度も仰られていたRちゃんのお母さまも、本人達も涙していた今回の式。20年来のGの親友というベスト・マンのBのスピーチ、Gのお父様のご挨拶も真情のあふれる暖かい内容で、この披露宴は実際には、とても心温まるものでした。折に触れて、準備の経過を聞いていた我々も結構、感激致しましたです。

もう、とっても幸せなことは知ってるけど、さらに幸せになって欲しい。そして、これからも一緒に遊ぼうね。
d0056879_14444876.jpg
お幸せに。

長くて悪いとは思っているのよ。。。^^;
[PR]
by koru2005 | 2006-09-12 13:07 | ◆日々の暮らし
アジアなごはん♪
最近、チーズ部を立ち上げ、Whole Foodsなどという少々オサレ系の?オーガニックスーパーへの偏愛を隠さない私であるが、それと同じくらい私がSDで愛してるのは実は中華系のスーパー、99 Ranch Market(以下、99と省略)。
d0056879_933316.jpg
↑中国語表記の広告。SDにいかに中華系の人が多いかわかるでしょ^^

この99も違う意味で、私にとっては血湧き肉踊る場所(笑)。猫を飼う前の海外旅行の行き先は圧倒的にアジアを選んでおりましたアジア好きのワタクシ、なんてったって、この99のエキゾチック感はWhole Foodsに勝るとも劣るものではないですから。
d0056879_935448.jpg
ここもアサイチに行くことが多いが、それはこの巨大スーパーの混みぶりがすごいからでして、我々とは一味パワーの違う中華系の人々のショッピングカートの操作テクニック(ぶつかってもほぼ謝らない)&大量買いに太刀打ちできないから。小心者の日本人は一番空いてる朝にそそくさと買物を済ませるのであります^^;。
d0056879_945479.jpg
99の野菜売場。アメリカの普通のスーパーほど、通路が広くない分、狭く見えるかもしれないが、品揃えの多様さには行くたびに感動する。なんてったって、見たことないもののオンパレードだからね...

d0056879_993241.jpgこの日のお目当てはタイカレーの材料でありました。右に写ってる緑色のがタイの茄子だよーん。茄子嫌いのBを色でだまくらかすためにも本物感を追求するために、うちの近所のWhole Foods等を素通りして、ココまで買い物に来たわけです。といっても、ここまでうちから15分とか^^ ありがたや、フリーウェイ様です。


そして、茄子様の調理後のお姿。
d0056879_914254.jpg
具は他にきのこ、鶏、彩り&栄養のためにパプリカ等々。野菜を細かめに刻めば、うちのコンサバティブなBにもOK。なんせ、うちはカレー好きのBのために週一カレー食べてますから、カレーのレパートリーを増やすのは、私の料理上の大きなテーマなのですよ^^;

d0056879_9204967.jpgその日、買ったものはこういう夕飯にもなりました。右奥の野菜は中華ブロッコリー。ナンプラーでしゃきっといためたもの。左手前の鶏は唐揚げにして、紹興酒、醤油、ニンニク等のタレにさっとつけました。味がしっかりしてるので、ご飯によく合います。

他には中華風のスープと、皆様おなじみのだしを冷奴にぶっかけ。野菜を食べましょうということで、カボチャも。ご飯は最近はうちはずっと有機玄米です。タイカレーのはジャスミン・ライスですが。こういった材料はどれも99で手に入ります。日本のものも売ってるしね。なので、実は日系スーパー以上に99に通ってるかも^^



というのも、99はおやつを買うのも楽しみでねえ。d0056879_9301610.jpgd0056879_931175.jpg
d0056879_9304317.jpg99には台湾系の食堂と香港系の食堂↑が併設されてますけど(テイクアウトも可)、ベトナム系の売店もありまして、私はここのタイ・ティー・ボバ($2.5)をこよなく愛しているのです。
SDにはボバを売ってる店がたくさんありますけど、個人的にはココのがタイでよく飲んでたボバに一番近い気がして♪ 買物帰りにこれを買って、チューチュー飲みながら、車を運転して帰るのが楽しみなわけ。やたら甘いわ、色はオレンジがかってるわ、で、一体何が入ってるんだろうと毎回思いつつ、やめられまへんのです^^


***


そんなアジア好きの私に、先日、嬉しいお誘いが。お料理上手と名高いゆーこさん(リンク先はご主人のHさんのブログ。ゆーこさんのおいしそうな手料理もたくさん登場しています^^)から、肉まんを作って、食べましょう、とのこと。

アジア方面への駐在も長かったというゆーこさんですから、さぞや、うまい肉まんが食べられるに違いない、と、いそいそと出かけてまいりましたよ~。
d0056879_1229121.jpg
一緒にうかがったのは、noirさんtomoさん(どの手が誰でしょう?^^)。これはゆーこさんが作ってくれた餡を、これまた、ゆーこさんが捏ねてくれた皮に、ゆーこさんの指導の下、包んでいるところ。

一緒に作りましょう、と、誘ってもらったのですが、つい、おしゃべりが楽しく、ちっとも手伝わなかった我々(すみません^^;)。それに、こんなにかわいい接待主任がこのお宅にはいるんだもん。

マニスちゃんだよー。

芸達者でオリコウなマニスちゃん、最新の芸、ハイ・タッチ、をご披露してくれました^^。d0056879_1102216.jpgd0056879_1104120.jpg
どうです、このかわいらしさ。ハイタッチのお相手をしてるtomoさんの笑顔もすっごくいんだけどもね、この写真。お見せできないのが残念ですワ。


そうこうしてるうちに、肉まんをゆーこさんが蒸してくれました~。
d0056879_12373036.jpg
食べる前にカメラを構えまくるブロガーのお客人たち(笑)。


そして、肉まんは旨かった。
d0056879_12385062.jpg
腹ペコの我々が手伝いもしなかったせいか?、ゆーこさんに言わせると捏ねが足りなかったかも、とのことですが(もうちょっと生地が白く、ふわっとなるイメージらしい)、私に言わせれば、十分、生地はふわふわ。また、この餡がジューシーでおいしいの。具を炒める時に、肉を半分、残しておいて、最後に生のまま、混ぜるのがコツなんでしょうか。しっかりして複雑なお味なのに、くどくない。レシピもいただいたので、是非、近々、作ってみたいと思いましたよ。


そして、肉まん、マニスちゃん以外にも、感激したのが、ゆーこさんのさりげないけど、完璧なおもてなし。
d0056879_12463125.jpg
どうよ、この爽やか且つエレガントなテーブル・セッティング。ご結婚以来のほとんどの生活を海外で過ごされているというゆーこさん、さすが、おもてなしの年季が違います。


d0056879_12492537.jpg
帰りにはチーズ入りのココアケーキまでお土産にいただき、チーズ部部長、たいへん恐縮いたしました。

ゆーこさん、本当にごちそうさま。楽しかったです。それに、わんことこんなに遊んだの初めてかもというというくらい、いっぱいマニスちゃんと遊べて面白かったぁ。また、おいしいお料理是非、教えて下さいねー。



<今日のチーズ部>

しつこく、今日もチーズのエントリーです^^ ったって、お手軽でいつもすみませんが (^^ゞ
d0056879_13164250.jpg
d0056879_1317130.jpg
先日、食パンを焼きましたので、それを使って、フレンチトーストと、チーズ(シュレッドチーズとパルメザン)をのっけて、休みの日のブランチに。サラダもしつこく、フェタチーズ入り(笑)。ついでに飲み物は、いちごベースのスムージーでした。

d0056879_13221636.jpgd0056879_1322347.jpg




そして、部員の方々からのエントリーのご紹介でーす^^

テキサスはヒューストンにお住まいのもかさん@『Notsu Oh!』からは、モッツアレラとトマトの黄金コンビのサラダを(ドレッシングに一工夫あり☆)。

フィンランドはヘルシンキにお住まいのchick_peaさん@『北へ行く猫』からは、ご当地特産のブルーベリーを使ったマスカルポーネのチーズケーキをご紹介いただきました(ベリーのお勉強にもなりますよ^^)。

どっちもすごく美味しそう&美しいです。是非、みなさま、リンク先に飛んで行って、ご覧になって下さいまし。お二方、どうもありがとうございました♪


* チーズ部では新入部員、及び、ベテラン部員?のエントリーをお待ちしております(ネームカードはチーズ部で入れております)。奮って、ご参加下さいましねー m(_ _)m
[PR]
by koru2005 | 2006-09-06 09:43 | ◆ごはん&おやつ
オンナの会
来週、こちらに来て二度目の結婚式に出席することになっているのですが、それに先だって、週末、ブライダル・シャワーという会に初めてお呼ばれしてきました。

アメリカでは結婚式の前に、花嫁、花婿、別々に同性だけのお祝いの会が開かれるとは聞いていたのですが、何をするものかは全く謎。招待状には『お式の準備に忙しい花嫁Rちゃんをリラックスさせるようなギフトをお持ち下さい』と、ありましたので、ちょっとしたプレゼントを持って、うちから車で40分ほどの会場のお宅へ、いそいそと行ってまいりましたよ。


今日の会場はRちゃんが初めて日本からアメリカに留学した時にホストファミリーになってくださったというお宅。それ以来、彼女が帰国し、また、渡米し、二度目の留学をして、こちらで就職してからも、親戚のようなお付き合いをされているとか。話で聞いていた通り、本当に皆さん、暖かい方々でした。

そして、大家族でみな、なかよし。おばあさま、おばさま、等々の年配の女性が何人も出席されていて、日本で似たような親戚の多い家庭に育った私には、こういう雰囲気はとても懐かしく、ちょっと大分の自分の家にいるような気分にも。。。^^


アメリカのパーティ、、、着いたら、まずはお約束?の握手攻撃。この日は、終始、忙しく立ち働いていたホステス(お母さま)の代わりにおばあさまが社交の中心に。何度も何度も名前を確認してくださり、皆の名前と顔を一致させてくれて、話に入りやすくしてくれます。こういうことがアメリカ人は本当に上手だと思いますね。社交に不慣れな日本人の私は、ここでは、とにかく、必死に相手の名前を覚えます。アメリカ人、とにかく、人の名前、忘れませんからね^^;
d0056879_251260.jpg
こちらがおばあさま。握手をしながら、しっかり、にっこりお客様を確認中^^

d0056879_2511722.jpg
食堂でもさらに続く紹介の輪。この家のおじいちゃんも、お父さんもどこかに出かけてくださってたようで、ごらんのとおり、女子ばかり。


挨拶が済み、場がほぐれたところで、かわいらしくセッティングされている会場=お庭に移動。

どうよ、プールよ♪ アメリカみたいでしょう(笑)。
d0056879_2582328.jpg
が、実は日本の首都圏並みに地価の高いSDではプールはかなり貴重。街中&海辺に近いうちのあたりだと、よっぽどの豪邸でもない限り、まずはお目にかかれないシロモノでございます。ありがたや、ありがたやー。
(ここは多少、郊外、ではある)。


やっぱり、水はいいねえ。朝晩、涼しくなったとはいえ、昼間はご覧の通り、日差しぎらぎらのSDですから、水がそれは涼やかで、目を楽しませてくれました。
d0056879_2584879.jpg
d0056879_3183478.jpg
ちなみにこの方が今日のフラワー・コーディネーター^^。20年以上もフラワーアレンジメントを趣味でやってらっしゃるそうで(本業は別にお持ち)、頼まれて、よくパーティー等のお花のアレンジをされるそう。こちらのお母さまの従姉の方だそうです。


チーズ部部長としては、チーズのレポートもしなくちゃ、ね^^ あれだけ、たくさん、こちらのスーパーにチーズがあるのは、もちろん、食べる機会があるからなのよ。パーティにチーズプレートは欠かせませんからね、ほら♪ 
d0056879_319013.jpg
ブリーのチーズプレート。他にもチェダー、モントレー・ジャックのプレートも別に用意されておりました。後ろにちらっと写ってるオレンジのケーキも甘すぎず、美味しかったですよ^^

d0056879_3245433.jpg
このサラダにもしっかりブルーチーズが入ってます。サンドイッチのきゅうりもかわいいでしょ。こちらのお宅には大学院の博士課程に在籍中の長女の女の子を筆頭に、20歳前後のお嬢さんが3人いらっしゃるのですが、彼女たちが今日の食べるものをすべて準備したんですって。

d0056879_3252787.jpg
人数が多いので、コーヒーはスタバから買ってきたと申し訳なさそうにおっしゃってましたが、飲み物もお手製(右のピッチャー)。ハイビスカスジュースとフルーツジュースを混ぜたというそのドリンクは、結構、酸っぱめ&良い香りで、プールでのパーティにぴったりでした。

そうそう、アメリカ人だって、よく料理する人もいるし、そういう人の料理は味も薄めで、もちろん、おいしいです。なんてったって、この家の方々は皆、細い(笑)。普段、食事に気を使ってる家だということがよくわかります。


食べながらやることは、知らない人と、ひたすら、会話、会話、会話。。。
d0056879_3423412.jpg
渡米当時、相槌のうち方(こんなの日本の学校じゃ習わないでしょ^^;)も知らない頃だったら、死にたくなってたかも(苦笑)。さすがに2年以上、こっちに住んでるので少しは慣れましたが。。。


さ、散々しゃべったところで、今日のメインイベントだよ。
d0056879_351110.jpg
プレゼントの公開でございまーす。パチパチ~♪


プレゼントに埋もれる花嫁。リラックスさせるもの、というお題だったためか、ギフトはスパ関係のモノが多かったかなー(スパの金券、スパ用のボディケア、お風呂グッズ、等々)。あとは2人の記念になる写真立て、アルバム、インテリア用品、とか。
d0056879_3514095.jpg

d0056879_3521728.jpg
ワタクシは皆と重ならないように、と、和モノ(手ぬぐいと、日本の名湯・温泉の素セット、等)で、笑いを取らせていただきました。お式用の本プレゼントも和モノを差し上げるつもりなので、一応、お揃いということで^^。

d0056879_3591746.jpg皆がお互いのプレゼントにキャーキャー笑ってる間も、さりげなく、でも、ひたすら、気を使うこちらのお母さま(水色のキャミの方)。おかげで初めてのブライダルシャワーでしたが、本当に寛いで過ごさせてもらいました。

行き帰りから含めて、6時間弱、英語をしゃべりっぱなしで、なんか、英会話の特訓コースみたいだったような。おまけにここんとこ学校も休みで、ほとんど英語を使ってなかったので、ちと、くたびれましたが、久しぶりに自分の母や伯母の年齢の優しい女性達と話せて、和めたなー。

また会おうね、と、皆とはお別れの挨拶もして、お式もさらに楽しみです。ここの家の女の子たちはブライズメイドになる予定で、浴衣を着せることになってるので、しっかりお手伝いさせていただきますわよ。その前に、久々だから、ちょっと、着付けを練習しとかなきゃ、だが(笑)。
d0056879_461350.jpg
花嫁Rちゃんからはお土産に彼女と彼のイニシャルをかたどったお手製のクッキーをいただきました。クッキーの色は彼らのお式のテーマカラーのグリーンと茶色。お味は各々、お抹茶とアールグレイ(多分)でこれまた美味でした。デザイン関係の仕事をしている2人ですから、さぞや、スタイリッシュな式になるでしょう。そう意味でもとっても来週が楽しみです♪



<今日のチーズ部>

上のパーティでも食べましたが、チーズ部部長、しばらくは1エントリー、1チーズを目指しますので(予定)、今日の分。

先日のチーズ(Fleur Vert)の残りがありましたので、刻んで、ドライトマトが漬けられていたスパイス&ハーブ入りのオイル、ファーマーズ・マーケットで買ったトマトと一緒にカッペリーニ(細麺)を和えて、冷製パスタに。さらにパルメザンとイタリアンパセリ、ケーパーも散らして、残り物料理にアクセントをつけてみました。
d0056879_4311243.jpg
トマトの甘さとチーズの酸味がワタシ的には◎。暑い日のお昼にピッタリでした^^d0056879_4443928.jpg d0056879_8321580.jpg




そして、部員の方々からも早々にご報告をいただいております。

神戸のTamarind-Cafe'様からは芦屋の老舗ケーキ屋さんの一口サイズのチーズケーキと、雪印パルメザンチーズ、6pチーズのアレンジのご紹介。

大阪のううたろう様からは、LOTTEの意欲作(笑)、クランキーチョコのチーズケーキ味の試食レポート(ご苦労様でした^^)。

テキサス州ダラスのdarari様からは、ハッチというチリのフェスティバルと合わせて、ご当地のチーズ事情及び、パルメザンを使ったスナックをご紹介いただきました。

みなさん、レポートありがとうございましたぁ m(_ _)m

ご興味のある方、お名前のところにリンクを張っておきました。どれも、興味深い&エントリー自体、毎度、楽しい方々ですので、是非、飛んで行って、ご覧下さいましね。


引き続き、チーズ部(ネームカード、チーズ部で登録しております^^)では、チーズ関係のご紹介、お待ちしております。皆様、ふるって、エントリーして下さい~♪



<今日の殿>

Rちゃんのシャワーは、くつろぎ・リラックスがテーマでしたが、うちにも、リラックス大好き、マッサージ大好きな方が約1名いらっしゃいます。彼のマッサージのエンジョイ振りをどうぞごらんくださいまし(シーツの洗濯中で後ろがばっちくてごめんなさーい)。

<動画・音入り(54秒)>
[PR]
by koru2005 | 2006-08-30 04:44 | ◆日々の暮らし
La Jollaは食べ物屋で出来ている。。。
明日で短かった夏休みも終わり。ご存知の理由で、遠出は出来ませんし、こっちにはお盆がありませんので、決まった夏休みがあるわけでもなく、Bは毎日出社。おかげで車で30分圏内から一歩も出ないうちに、夏も終わろうとしております^^;

一時期は(ここにしては)暑かったサンディエゴもすっかり通常ペース。朝など、湿気がないので、涼しいくらい。既に初秋っぽくなってまいりました。ただ、冬も初秋のまま、行くのがSD。。。よく言えば過ごしやすいですが、季節感の乏しい場所ではあります。

さて、夏休みの締めに入ってるワタクシ、今日は久々の女友達との逢瀬です^^ で、こういう時によく選ばれる場所が、SDだとLa Jollaエリアではないでしょうか。なぜならば、La Jollaはどっちを向いてもレストランかカフェが目に入るような街だから、ね。
(La Jollaがどういうところかもっと知りたい人はこれとか、これとか、これをクリック!)

d0056879_13541067.jpgd0056879_13452326.jpg
d0056879_13454596.jpgd0056879_13544450.jpg
↑犬も歩けば、、、パラソル(=レストランかカフェ)に当たるLa Jolla ダウンタウン。

d0056879_1356378.jpgだからといって、騒々しい繁華街と言うわけでもなく。全米でも有名なリゾート、La Jollaは1年中、観光客の途絶えない美しい海辺の街ですが、その実は超高級住宅地でもありまして、今年もアメリカ人が住む平均的な住宅(四つ寝室がある、とかだったような)の平均価格調査とやらで全米一の高値をつけた場所。
従いまして、La Jollaは観光客以前に住民が強いため、観光地なのにまともな飲食店もしっかりとある。が、ありがたいことに、アメリカなので値段も割と気楽だし、服装も昼ならビーサンOK♪。そんな中の一軒で今日はランチしてきましたぁ。

本日のチョイスはFresh。名前の通り、新鮮なシーフードが売り。老舗も多いLa Jollaでは比較的、新しい店ですけど、レストラン・リビュー等にも載りまくり&知り合いにも推薦されたので来てみたかったのじゃ^^

La Jollaらしい思いっきりオープンな作りが明るくて気持ちいいので、外のテラス席に坐りました。インテリアもご覧の通り、なかなか、オサレ。重厚な店は苦手なので、入ったときから、これはいい感じ~と思ったり。
d0056879_141847.jpg
d0056879_15163654.jpg
開店直後の写真。この後、次々とお客さんが入ってきましたよ。


で、食べたもの、、、
d0056879_14291280.jpg
ワタクシのダンジネス・クラブのバーガー。かにの量をご覧あれ。ひそかにわさびが効いてて、爽やかでしたワ。

d0056879_14321956.jpg
Y女史注文のサラダ。素材の味が濃~いお味。材料の良さがよくわかる感じ。

d0056879_14285036.jpg
Nちゃん注文のアヒのバーガー。これもアイオリ&わさびソースがよく合ってました。

シェアして食べたのですが、本当にどれも、とても日本人好みの味付け、ってか、美味しかっただよー。野菜の味も濃くてうまい。そして、大事なことですが、味付けがしょっぱくない(=珍しい)。

半日陰でおいしそうに撮れてなくて悪いが、パンもシュー皮チックというか、ちょっとブリオッシュのようで、バターが効いててそれ自体とても美味しかった(甘くはない)。シーフード系のバーガーにも、良く合っててね。おお、この手があったかと、ちょっと真似してみたくなりましたー。

上の一品は各10-12ドル。+スパークリング・ウォーター&税、チップで1人18ドル弱でした。もっと安い店はたくさんあるけど、場所と内容からは大満足。今までの私のSDの洋物お気に入りレストランはDel MarのarterraSbiccaでしたが、ちょっと、ここも仲間入りかもしれませぬ。ふふふ。
d0056879_14253325.jpg



残念だったのは、、、全く、お店のせいじゃないんですけど、一眼レフを持っていかなかったことだす。いやー、こういう店でカメラを出すのは(って撮りまくってるけど^^;)いまだに勇気がいるんだよね、ははは。実はやや高級系の店だと、液晶部が回転できる(=正面切って対象の方を見なくても撮れる)Bのカメラで隠し撮り的にささっと撮ってることが多いんですワ。

で、今日もそうしたんだけどね、そしたら、ちょっと向こうのテーブルにいたアメリカ人のお客さんがキャノンの一眼をしっかり持っててねえ、ブロガー魂に欠ける自分の小心さを苦笑いたしました。観光地だし、こんだけ、オープンな作り&昼前に入ってまだ空いてたから、使っても良かったかもしれませぬ。今度からは持ち歩くだけは持ち歩こうと心に誓わせていただきました。。。


もちろん、これで終わる我々ではございませぬ。お茶を飲まないとね。で、行った先はこちら。
d0056879_1524550.jpg
Pannikin Cafeでございます。このブログでも何度かのっけたPannikinはSDの海辺にいくつかある私がよく行くカフェの一つ。雰囲気はユルいけど、コーヒーはまとも。La Jolla店も観光客の多いエリアから少し引っ込んだ場所にありまして、ローカルの人がのんびりたむろしてる場所です。
d0056879_15272498.jpg
掘っ立て小屋みたいでしょ(笑)。でも、このカフェはどの店もインテリアが面白いのよん。
d0056879_15281868.jpg
アンティークだらけの店内です。が、気取ってるわけでもなく。そこらに適当に絵や彫刻が置いてあったりします。壁には昔のオートバイがぶら下がってたり(写真忘れた。すまぬ)。と言うわけで、ここでもひたすら、おしゃべりをいたしました^^


が、さらに続く(笑)。3軒目。。。
d0056879_15314770.jpg
あんなに食べたのに、これは別バラだろうということで^^
d0056879_15323791.jpg
La Jollaにフランス系の女性が作る美味しいケーキ屋さんがあるというのはずっと聞いていて、何度か挑戦したのですが、いつもタイミングが悪くて、今回、やっと口にできただよ。

で、結論をいうと、うまかったよ~♪

ベリーがとにかく美味しいのぉ。スポンジもふんわり&しっとりやわらか~、クリームも甘すぎず。ついてるソースはかなり酸っぱくていいバランス。ちょっと、これはExtraordinary Dessert(SDで一番美味いと言われているケーキや)に勝るとも劣らぬ味かも、と我々、堪能いたしましたわ^^

が、難を言えば、、、見ればわかるような気もするけど、でかい(笑)。。。まじに手のひらよりでかい。。。そして、もちろん、厚い(爆)。$8。。。値段だけ聞くとすごく高い、が、材料がいいのは明白なので、まぁいいか、と言う感じ。半分で$4で売ってくれたらサイコーだと思うんだけど、アメリカ人には足りないんでしょうね。まぁ、あたしも、ぺろっと食べちゃったんで、文句を言えた義理ではないのですが、はっはっは^^


<今日のチーズ部>

ええっと、Bが外食だったので、思いっきり臭い^^チーズ料理でも作ろうかと思っていたのですが、さすがにケーキで腹いっぱいになりすぎてしまい、夕飯を抜きました^^;

ので、今日はご紹介のご紹介^^。。。d0056879_1682144.jpgd0056879_1684082.jpg
この夏、新発売だそうで^^、がらさんにご紹介いただいたので、早速日系スーパーでゲットしてきましたよん。1.79ドルなり。今日の為替で209円くらい。ちなみにこれ定価150円ですかね(ほんと?)。で、税込みで日本だと157円かな。つまり、2割5分くらいこっちで買うと高いということのようですね。

味はこの手のものにしてはチーズが効いてて、うれしい♪ ワタシ的にはもちろん、もっとチーズ臭いのもウェルカムですけど、気軽に食べられる濃さで、お腹がすいてるときにちょっとつまむのにいいかも~♥ がらさん、早速、ご紹介いただいてありがとうございましたぁ m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

<今日のサービス?>…
[PR]
by koru2005 | 2006-08-25 14:02 | ◆ごはん&おやつ
あるお休みの日の一日 in Middle Town
ここんとこ、学校が休みなので、いつにも増して、気楽。今日中に…という予定がないので(働いてる方、ごめんなさい!)、のんびり過ごさせてもらってます。
d0056879_834690.jpg
この方もゆっくり。熟睡してるのが、しっぽに出てますわな(笑)。


今日は日曜日でしたので、買出しの日。混んだスーパーが苦手なので、日曜のアサイチ、というのが、私のゴールデンタイム。どうせ、Bは昼前まで、起きてこないし、こちらのスーパーは8時過ぎから開いてるところも多い&週末のアサイチは品物も充実してるので、ほぼ、習慣になってます。

今日、行ったのはこちら。
d0056879_8102682.jpg
おなじみの近所のファーマーズ・マーケット(のトマトや↑)。一応9時からということになってますが、9時に行くと、車の置き場に難儀するので、早めに行くのが正しい。9時前に並べ終わってる農家の方も多いですから。
d0056879_8122219.jpg
野菜をいろいろと買い込みましたけど、今日のお目当てはコレ。↓
d0056879_814268.jpg
ハーブやさんです。

前の家のときは庭が広かったので(だから疲れたと言う説もあるが^^;)、実は庭にいろいろ植えて、育てておりました。ハーブって、ちょっとちょっとあると便利なものも多いじゃないですか。というわけで、保存の効きにくいハーブの苗を今日は購入。ハーブ屋のおじさん推奨のミント、Mint the Best(爽やかな香り♪)とイタリアンパセリでございます。2個で$4なりでございました。
d0056879_8124689.jpg



その後はこれまた近所のこちらに参上。
d0056879_8201944.jpg
オーガニックスーパーの雄、私の愛するWhole Foods様です。あー、だれか、日本に展開してくんないかなー。

何度も書いてますが、ここがエライのは本当に世界中の高品質の食品が置いてあることだす。行くたんびに、あー、コレ使って、ナニ作ろうとワクワクするようなものに出会えます。通常のスーパーに比べればそれなりに高いですが、申し訳ないが、物価高で有名な日本から来たもんで、へ、とも思わない(笑)。それを補ってあまりある品質の良さだといつも思います。


今日のお目当てはこちら。
d0056879_828989.jpg
そうじゃ、チーズじゃ^^。

こちらは青カビや、山羊さん、羊さん、系、のコーナーかなー。


サンディエゴには何軒もチーズ専門店がありますが、Whole Foodsのチーズ売場は回転の良さ、店員の知識が豊富なことで、とても使いやすいです。もちろん、売場はとても充実しています。ほれ、この通り。
d0056879_8301070.jpg
おなじみのブリー等、牛さん系の白カビチーズ中心のコーナー。

d0056879_8303085.jpgd0056879_8304673.jpg>
左はフェタ。右はプロセスチーズ系中心のコーナー。もちろん、写真に写ってるのは一部分に過ぎませぬ。

オープンカウンターになってる売場は、売場の店員さんの周りをぐるっとチーズの冷蔵庫が取り巻き、相談もしやすいし、試食も可。チーズの名前なんて、よう覚えませんので、こういう親しみやすい売場は助かりますです^^。

d0056879_8474556.jpg本日のお買い上げ。私のお気に入り、ストリングチーズ(子供向け裂けるチーズ)。SDに来て試した他ブランドはしょっぱいのが多かったのですが、Whole Foodsオリジナルの子供向けオーガニックのシリーズは優しい味で、お値段も手頃♪ シリーズ自体、愛用してます^^
あ、生のチーズも買いましたよ、一応。ふふふふふ…


さて、では、Bが寝てる間に(買物から帰ってきてもまだ寝てる…)お昼の支度など。

d0056879_8544639.jpg今、夏休みでこちらも体力があまってますのでね(笑)。久々にこねこねして、焼いてみましたー。ケーキを焼くのも嫌いではないですが、パン生地が発酵して、膨らんでいく様子というのは、本当にかわいらしいと思うだよ。
←あったまって、ぷくぷくに膨れてるパンのコドモ(?)。





はい、出来上がり。
d0056879_8562382.jpg
おかずに合わせたいので、あっさりと塩味のパンを手持ちの粉で。久しぶりの割にはそれなりに焼けたような。もちっと、ビシッと切り込みを入れるべきだったがな(笑)。


では、お昼ー。

d0056879_951285.jpg←やっと起きてきたBには、まずはこれをあてがい(中味はマンゴ、オレンジ、ブラックベリー、バナナと豆乳)。

d0056879_10322048.jpg

d0056879_9918100.jpg数日前に煮といたラタトゥイユを
パンとチーズにて、簡単なお昼と
いたしました。

チーズは牛さん/フランス系のFleur Vert(=flower green、
で、いんでしたっけ?^^;)、
とかいうの。

要はハーブがまぶされてるという
ことらしい。ラタトウィユと白ワ
インと合うかな、と。一片、$3
少々なり~。

これにて、先週の焼き鳥の野菜が
やっと片付きましたー♪






腹ごなしはドライブにちょいと行って来ました~。

ちょいと、というのは誇大広告ではありません。ここまで、うちから5分強ですから。
d0056879_9294162.jpg
d0056879_9295694.jpg
d0056879_9302482.jpg
Mission Bay Beachです。ここはぐるっと湾になってるんだけど(この中にいろんなビーチが存在する)、波が静かなので、ジェットスキーやウィンドサーフィンがとても盛んなエリア。1年を通して、カリフォルニア以外からも多くの観光客が訪れます。ちなみにこのエリアの一番外海側がこの前、鰯を捕まえそこなったMission Beach。ご覧の通り、朝方はけぶってた空もピーカンに(=SDの海沿いの典型的な夏の天気)。海風が気持ちよい午後でありました。


以上。ここまで、読んでくれたあなた、何も起きなくてごめんね(笑)。今日は家から10分圏内で終わった私の超お安い(でも典型的な)休日の過ごし方をだらだら書いてみました~。読んでくれてありがとう^^
d0056879_9442041.jpg
帰ってきたら白目むいて、まだ寝てました。。。一年中、夏休みだもんねえ^^;

と言うわけで、唐突ですが。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-08-21 08:04 | ◆ごはん&おやつ
Bの帰宅にまつわる種々の記録
Bが日本から帰ってきました。
d0056879_13573533.jpg
d0056879_142705.jpg
ワタクシの1人飯の最後は4種のチーズのトルテリーニとかいうパスタに自家製トマトソースとパルメザンをどっちゃりかけていただきました。この1週間あまりで血中チーズ濃度と魚濃度を大分上昇させられたかもしれませぬ、おほほ^^。

だって、帰って来たらこうですからねー。
d0056879_14551775.jpg
d0056879_1504869.jpg海外出張から帰ってきたらラーメンと決めてるそうで(焼き豚は自家製よ^^)。 
カスタード・プディングもついでにサービス。なんせ、Bさん、結婚前、何食いたい?って、聞くと、『プリンとラーメン♥(もしくはカレー)』って毎度、答えてた人ですからね(苦笑)

殿は例によってBを熱烈歓迎でした。コレも自分からとびついたんですよん。
d0056879_1401372.jpg
一見クールに見えるけど、ほらね…
d0056879_141722.jpg
爪が出るほど、Bの人差し指をぐーってニギニギしてるの。にぎってる、にぎってる、ほら、指が抜けない、とウレシそうなBさんでしたわ^^;


ワタクシの指導がいいせいか、Bさんがいやみなくらい食い物の写真を撮ってきましたので、皆さんも一緒に見ませんかね。
d0056879_1445390.jpg
d0056879_1452494.jpgd0056879_1455378.jpg
d0056879_146193.jpgd0056879_1464641.jpg
d0056879_1484960.jpgd0056879_1491352.jpg
これ、どこのレストランだと思います?


ビジネスクラスの食事なんですって。なんで、Bごときが毎度ビジネスに乗ってるのか、個人的には多々疑問はありますが、飛行機の食事って今、すごいんだなーっとわたしゃ、感心してしまいましたよ。味も美味しかったって(因みにANA。二食分の一部)。

そういえば、渡米時、赴任の引越ということで、わたしもビジネスで来たんですけど、トイレはものすごく活用させていただきましたが(最近、読み始めた方; 殿とトイレに篭ってたんです、^^;)、ビジネスの恩恵、私、全然受けませんでしたからねえ^^; 帰りは少しは眠ったり、食べられたりするといいなあ。。。私の小さな希望です、はい。。。


Bさん、日本で随分、飲み食いされたようですが、ここに行けたのが一番嬉しかったようで。
d0056879_1416917.jpg
d0056879_14163623.jpg
銀座のみかわやさんです。みかわやといえば、銀座でも老舗の洋食屋、いつ行っても安心出来るお味でおいしい。Bの家はもともと東京(芝=東京タワーの側)なので、ここはおばあちゃんとの思い出の店なんだそうですワ。


そして、Bさん、今回も東京で大量に物品を仕入れてきました。
d0056879_1439536.jpg
これは一部^^; でも、右の方は実は全部、アメリカ人の同僚へのお土産。MOMAのショップでも扱われている無印はアメリカ人デザイナーに非常に人気があります。こういうシンプルでさりげない(←ここ重要)良いデザインと言うのはアメリカに一番ないジャンルですからねー。

まぁ、いろいろ写ってますけど、我が家にとって大事なのは、ポケットティッシュでしょうかね(笑)。日本に住んでるあなた、ティッシュなんて、街を歩けば、要らんほどもらえるって思ってるでしょ? 

そんなの日本だけなのよー。おまけに欧米のポケットティッシュは紙質が硬くて(あの人達はハンカチ代わりに何度も使うので)日本人には使いにくいの。なので、アメリカ在住者にひそかに人気のお土産はポケットティッシュなんです(真面目)。ということで敢てコメントさせていただきました^^


d0056879_14472715.jpg今回もお茶やらお菓子やらいろいろいただきました(ありがとうございます、友人の方々。特に虎屋の水羊羹、、、惜しくてまだ食べれない(笑))。

なかで、ちと珍しかったのはこれでしょうかねー。

小田原の和菓子 菜の花の箱根温泉まんじゅうです。
d0056879_1448283.jpg
城下町の小田原は今でもおいしいお店の多いところだと思いますが、この菜の花さんは全国区ではないですが、ちょっとおもしろい、そして美味しい和菓子を作ってるお菓子屋さん。日本の我が家からは箱根伊豆は良いドライブコース。その行き帰り等によくここに寄ってお土産を買ってましたのよ。

このお饅頭も変わってますよねー。が、これもかなり美味しかった。ごまと黒糖の風味がよく効いてるかわりに、甘味はかなり抑え目。帰ったら買いに行こうと思っちゃいました。



そうそう、Bから私へは今回はこれでした。
d0056879_1458484.jpg
奈良美智のTシャツ。が、あいかわらず、かわいい。。。ま、いんですけどね。ははは。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-06-09 14:07 | ◆ごはん&おやつ
エキゾチック・サンディエゴ? 謎の○○編 その2
ええっと、全然、謎じゃないかも、だけど、前回の続きだす。

あのあと、ご友人の方々には引っ越し後の我が家においでいただき、おしゃべり、おしゃべり、おしゃべり♥ 気心の知れた友との会話は楽しゅうございました。で、お帰りの前に、みんなで、ちらりと近所のお店をのぞいてみましたのよん。

さぁ、今度はどこのお国に関係してるでしょう^^


ヒントはこちら…d0056879_14522881.jpgd0056879_14524159.jpg




わかったかしらん。

答えはコレ
d0056879_1452174.jpg



今度はおフランスでございました。

d0056879_14551522.jpgこちらのアメリカ人には見えないオサレなロングヘアの方がこのお店のマダム。10年ほど前にフランスから移られたそう。新しいうちのすぐ近くにあるこのお店、昔からこの辺に遊びに来るたびに気になっていたのですよ。



小さいお店ですが、かわいらしい&繊細なもの(久々に見たぜ T_T)があふれておりました♥ なんでも、品物は、ぜーんぶ、フランス本国から買い付けてるそうで、道理でガサツな大らかなアメリカのものとは随分、違うと思いましたわ、おほほのほ。

あんまり、写真を撮るのも気がひけたんで、コレだけしか撮らなかったけど、店内はふんわりとハーブの香りが漂っていて、入った途端にいい気持ち。明るい色柄のテキスタイル、かわいい食器や、美味しそうなお茶、エッセンシャル・オイル、キャンドル等々が充実しておりましたので、散歩の途中に是非また寄りたいと思いましたですよ。


続きまして、このまた一本向こうの道にあるこちらにも突撃!…

d0056879_1523835.jpg




ま、フランスモノには限りませんけども、関係してるってことでご容赦を^^



店内はこんな感じ…d0056879_1533539.jpgd0056879_1542655.jpg
一個一個の値札には、各々のチーズの簡単な説明と、牛さんor羊さんor山羊さん等々のかわいいイラストが入っていて、オカアサンもばっちりわかる♪。

サンディエゴにはいくつかチーズ専門店がありますが、こちらはイの一番に名前が挙がるその道では?有名なお店。あたしゃ、食い物で一番好きなものは?と、聞かれれば、チーズ!と叫ぶ人間なものですから、近所にこの店があるのは…うふふ、怖いわぁ^^

と言う訳で、手ぶらで帰るわけには行くまいて♪…
[PR]
by koru2005 | 2006-04-22 00:14 | ◆ごはん&おやつ
いろいろと遅ればせながら
d0056879_1374829.jpg
常春のサンディエゴも、ここのところ、時折、雨が降ったりしたせいか(一ヵ月半ぶり♪)、気温が低め。今年一番の寒さが来てるような気がします。今日もご覧の通り、お日様は出てるんですけど、朝晩は結構寒くて、ただいまの外気温4度(朝7時)。どうやらSDにも冬があったようでございます。。。

周りのサンディエゴ育ちのアメリカ人はどうにもこの寒さがつらいようで、死にそうだ、の、凍える、だの、昨日もクラスでぎゃーぎゃー、と嘆く、嘆く(苦笑)。真冬にはマイナスうん十度になる中西部や東海岸出身のクラスメートに鼻で笑われておりましたが、ほんと、SDの人間は幸せな人達です。

*****

遅ればせながらの、その1

オリンピックですわね。

d0056879_1514970.jpgスポーツ観戦は大好きで、長年Numberの愛読者でもある私ですが、バタバタしてて(&日本のマスコミの報道ぶりに、?と思いまして)
全く見てませんでした。
が、SDも寒くなって、気分も
出てきたし、ようやく女の子の
スケートなど見たりしてみました。


昨夜もテレビ見てたんですけど、アメリカの放送はスケートに関係ない人間が出てこないのはいいですね。解説者は(昨日は3人いた)皆、過去のアメリカのメダリスト。彼らのお気に入りは、やはり、荒川選手のようで、毎度、彼女が出てくると、僕のお気に入りのシズカだ、エレガントでスバラシイ、こんなにスムーズに着地できる人はそういない、とか、なんとか大騒ぎ。

解説は日本以上に専門的で、ズケズケと誉め、且つ、批評するので(安藤選手は結構いろいろ言われてたね^^;)、スケートはアメリカでは正しくスポーツなのね、としみじみ。そうは言っても、ワーオ、とか、グレート!とか話しの中に感嘆詞がたっくさん出てくるし、解説者自身があっかるーい。違うスポーツを見てるみたいでちょっと面白かった。

日本はまだメダルが1個も取れてないので、シズカにかかるプレッシャーは相当だ、とか、言われちゃって、ガックリしたけど、フリーの演技も真面目に観戦してみようかと思っています。頑張れ、ニッポン!(今更。。。)

*****

遅ればせながらの、その2

先週はプレゼンと始まったばかりのクラスの課題に追われて、スルーしてしまいましたが、恒例の行事もこなしてみました。
d0056879_2193136.jpg
そう、バレンタインでしたよねー。

我が家にはこのように常に大量にチョコレートがあります。左上から時計回りに、サンフランシスコのScharffen Berger(ここは割とお奨め。このカカオの粒はカプチーノにちょっと入れたりしても美味しい。愛用してます)、お菓子用にと買ったカカオ70%超のスイスチョコ達、ロシアのチョコ、次は、、、解説不要ですな^^、そしてこれもSFのGhirardelli(Lindtの資本が入ってるせいかアメリカで普通に買えるチョコの中では甘すぎない、と思う)、パッケージがかわいいThe Cocoa Roomのひまわりの種のチョコ、などなど。

おまえ、チョコ嫌いじゃないかと言われそうですが、その通り。お菓子(B用)を焼く用途以外にはまず買わないです。多分、自分のためにチョコって一度も買ったことがないし。でも、Bのチョコ好き(&酒好き)は周りに知れ渡っているので、我が家に来られる方は皆さんいろいろとお持ちくださる。ありがたいことでございますー。

毎年、バレンタインにはチョコレーターのBのために、コテコテのチョコレートケーキを焼いてたのですが、この家備え付けのオーブンが、蒸気が漏れるのが見えるような有様なので、ここではスポンジものは断念。卵だけなら膨らむだろ(それに楽だし^^)、と踏んで、今年はこれにしました。

d0056879_3564458.jpgはい、チョコ・スフレ(中もイチゴ入り)でござんす。焼きたてはもうちっと膨らんでましたが、スフレの宿命、どんどん萎む萎む。多少、綺麗に果物など、載せようかという野望もあったのですが、見てるそばから凹んでくので、イチゴをそのまま、どん、と^^;。色気なくてスミマセンが、味は同じだ、ということでご笑覧下さいまし。


d0056879_3232660.jpgそして。。。

人の好きなものばかり見ていたら(=チョコ)、不公平な気がしてきたので、その日の晩御飯は自分の趣味でこんなことをしてみました。

で、このヒラヒラが何になったかというと…
[PR]
by koru2005 | 2006-02-23 04:01 | ◆ごはん&おやつ
わたしは(青)魚に飢えている
唐突ですが、わたしは魚が好きです。私の実家は関サバ、関アジ、城下カレイの産地が所属する県に位置、また、母の親友が大きな網元の娘さんだったり、叔父が釣り好きが高じて、マイ・シップ(ボートに毛の生えた程度のもんだが)を持ってたりするものですから、私にとって、さかな、特に背の青い魚というのは非常に身近なもの、でありました。進学して、関東に出て来るまでは。

実際のところ、18になるまで、鯖や鰯は刺身で食うもんだ、と思い込んでいた、というのが私のさかな観のベースにあります。おかげで初めて、関東でスーパーの鮮魚売場にいったときは…(以下、省略)。
青魚は少し遠いものになってしまいました、大人になってからは。

うちのBさんは 金はかかるが 手のかからない&スバラシイ同居人ですが(お義母さま、読んでます?^^)、どうしても、我々には相容れない点があります。彼は魚が大嫌いなのです 日本人のくせに
魚はさらに遠いものになってしまいました、結婚してからは。


で、何が言いたいかというと(長い前振りだよね^^;)、、、



Bが出張に行きました~♪うっきー♥



d0056879_14115865.jpg私の自由の日々の始まりですぅ。

(Bは魚の臭いがするだけで、
 嫌がるんですよ T_T)。




自由を謳歌して、
リラックスする2名
(イメージ図) →

実際はうなされて、
目が覚めたところ…^^;





と言う訳で、毎度、彼が出張のたびに、私は日系スーパーに走ります。そしてまず、手にするのは…
d0056879_14163662.jpg
干物でございます。二匹で約4ドル。たっけー(失礼)と思いますが、背に腹は替えられません(同時に買った上等な牛しゃぶしゃぶ肉はグラム150円くらい^^;)。干物は臭いが残るので、Bが出かけたその日に、即、焼いて、食い尽くします。


次に食べたのは…
d0056879_14185776.jpg
マグロ。許せるレベルの刺身がなかったので、塩コショウしてあぶってみました。マンゴーがフリーザーに入ってたので、マンゴーをサルサに、シアントロー(香菜)ものっけて&混ぜ込んで、ちょっとエスニック風にしてみました。


ついでに殿にもおすそ分け…
d0056879_14264415.jpg
5秒でなくなりました。。。^^;


マグロを売ってる場所で一緒に見つけたのが…
d0056879_14221513.jpg
上記の理由で、青魚をこよなく愛する私ですが、こういうものしか手に入らないのよねー(泣)。


これを生で単に食べるのは哀しいので、ちょいと、づけに…
d0056879_14235839.jpg
ほんとうに食べたいのはりゅうきゅう(大分名物青魚のづけ)ですが、もちろん、そんなものは望むべくもないので、いただきもののイクラものっけて、ごまかし、ごまかし。とりあえずはとっても、魚くさ~くなったので、満足できました。ああ、魚って美味しいわよね、シアワセ♥


以上、一人暮らし中の私のささやかな喜びでした。。。


<おまけ>

最近、殿の写真が少ないと苦情(?)をいただきましたので、さらに…
d0056879_1426176.jpg
今週のおやつ、ニューヨーク・チーズケーキ(フィラデルフィアをセールで買いすぎたので、ついまた焼いてしまった…)。


カメラの電池が切れたと思って、取りに行って戻ったら、こんな顔をしてる方がいました。チーズ好きですよね、猫って★
[PR]
by koru2005 | 2006-01-11 14:33 | ◆ごはん&おやつ