ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:SD restaurant ( 45 ) タグの人気記事
サンディエゴ食べ納め & 書き納め
すみませんが、まだ、サンディエゴにいて、食べてます(^^;)。

今回は台湾人の友人と、彼らがサンディエゴで一押しだというチャイニーズレストランへ行ってきました。この同じ店を、以前、北京出身の中国人の友人や、別の台湾人の友人からも薦められていたので、久々に正しい中華が食べられるのを非常に楽しみに行ってきました〜。


この店のスペシャルといえば(by 台湾人&中国人の友人)、、、
d0056879_7103419.jpg
週末の中国系の人向けの朝ご飯メニューです。

実はこうしたメニューは印刷されたメニューには出ていません。つまり、中国語が話せて、料理の名前を知ってる人間と行かないと食べられないのであります。

そのためか、出てくる料理はアメリカ人向けの甘ったるい中華料理とは全く違う。台湾や中国の街角で食べられる美味しい朝ご飯がここにはありました。
d0056879_7154193.jpg
本当の名前は覚えられなかったが、友人呼ぶところのしょっぱい豆乳。ほかほかの揚げパンをつけていただきます。

実際はこれは豆乳にほんの少しの酢を足して、豆腐状になったものをベースにしたスープで、干しエビ等のだしがよく効いていて、しみじみ、美味しい。豆好き、豆腐好きの私には堪えられないものでした。

d0056879_7241961.jpgスープに浸した揚げパンを香ばしいパンにさらに挟んで。




日本人には考えつかない食べ方ですよね。


中国系の人と食事をするとたいていそうですが、朝ご飯と言ってる割にはものすごい量を注文してくれました。その中の一部を。。。
d0056879_7254456.jpg
おもちと野菜のいためもの。


d0056879_7255733.jpg
水餃子。

d0056879_7261055.jpg台湾人の彼らがLAや東京の鼎泰豊(小龍包が有名な台北が本店のレストラン)にも負けないという点心類です。



d0056879_727444.jpg
大根餅。


d0056879_7272691.jpg
そして、おやつのスープ。うす甘いのですが、すこーし、紹興酒の香りがして、大人向きです。ごま入りのお団子入り。久々に優しい味のデザートを外で食べました。


噂通り、広い店内は11時半の開店とともに即満席となりましたが、聞こえる言葉は中国語のみ。中国人の多い店はSDに他にもありますが、ここまで、集まってる場所はなかなかないでしょう。家族連れが多く、みんな、にぎやかに話していてなかなか壮観。ここは、どこだ、状態でありました。
d0056879_7273797.jpg


J&V、忙しいのに連れて来てくれてありがとう。大好きなアジアを思い出して、とても幸せな気持ちになりました。おまけに安かったぜい!

More 自主的な食べ納め。。。
[PR]
by koru2005 | 2007-03-20 00:01 | ◆ごはん&おやつ
ロブスター & ロブスター
また会いましょう、と、いうことで、宴の日々。。。

先日はNちゃんちにお呼ばれしてきました〜。サンディエゴ引っ越し隊(3家族でお互いの引っ越しを手伝い合って来たのです)のメンツがメンバーです。

d0056879_21515026.jpgNちゃんお手製のおご馳走がいっぱい。

これは牡蠣のジョン(卵の付け焼き)かな〜。素材の良さが生きております。プリプリよん♪

衣がかりかりの香ばしいからあげクン。
d0056879_21482911.jpg


懐かしいお味のさわやかなサラダ。
d0056879_2148437.jpg
みんなに大人気ですぐ無くなっちゃって、ね。でも、何度もつぎ足してくれました〜。

ドライカレーも美味しゅうございました。
d0056879_2149614.jpg


d0056879_2214350.jpgあたくしも少々。
d0056879_222529.jpg
d0056879_2222056.jpg海苔とすし酢がまだあったので、巻き寿司を作ろうと思ったら、巻き簾がもうない。梅干しがあるんで、豚肉の梅しそ蒸しを作ろうとしたら、蒸し器がない、、、ということに、料理し始めてから気がつきましたが(^^)>。


意外になんとかなるもんですね。巻き簾はラップと布巾で代用。梅しその方はいつも皿ごと蒸すのですが、パーチメントペーパーに巻いて、せいろで蒸したら、とりあえずはなんとか^^;

ただ、寿司は巻き簾がないと均一に力が入らないということがよくわかりました(爆)。不細工ですけど、見逃してくださ〜い(笑)。


そして、じゃかじゃん♪♪ 

この日のハイライトはロブスターの炭焼きでございま〜す。
d0056879_2151990.jpg
気の毒に生きてたそうで。。。いい匂いで焼かれております^^;。


d0056879_21553935.jpg室内にまで香ばしい匂いが充満。

いまか、いまか、と拷問のような時間を過ごすと。。。






本日の焼き手がロブスター様とともに盛大に参上(笑)→



ちょうどいい焼き加減。ふわふわの身でしたよ。
d0056879_21564618.jpg


次にこんなロブスターの固まりが食べられるのはいつだろう(遠い目)。
d0056879_21591150.jpg
誰かの結婚式っすかね(笑)。

Kさんお手製の小豆入りのシフォンケーキも軽やかで美味しゅうございました。
d0056879_22214710.jpg
抹茶入りのクリームも作ってくれてまして、絶妙の組み合わせ。うす甘くてうまい。和菓子のよう。あたしも作りたい。今度、レシピ教えてくださーい。

Nちゃん、Kちゃん、ごちそうさまでしたっ。我々以外の二家族は当分、アメリカに住む予定だと思うのですが、近いうちの日本での再会を信じて。みなさん、次は日本で会いましょう。

More さらに続く ロブスター^^
[PR]
by koru2005 | 2007-03-14 23:07 | ◆日々の暮らし
ダウンタウンな感じ
d0056879_1204960.jpg我が家はサンディエゴのアップタウンといわれるエリアにある。そのアップタウンにアメリカでも一番大きい都市公園があることは何度か書いたが、その公園を突っ切っていくと、うちから車で10分強で、サンディエゴの中心部、ダウンタウンに入る。

全米第七だか、第六だかの大きさの都市であるサンディエゴですから、ダウンタウンは普通にビルの建つ街である(ね、ううたろうさん^^)。

ずっと近所で用が足りていたので、載せなかっただけ。サンディエゴは海だけじゃないんですよ^^;。まぁ、大したもんはないけどさ。


そのダウンタウンに最近、よく行く。

というのは、ダウンタウンにある、とあるNPO(非営利団体)でボランティアをしているから。敢て言えば、国際交流関係と申しましょうか。。。ちょっとした翻訳の手伝いをしたり、ファイリングをやったり、イベントの裏方をやったり。仕事はいろいろあるようです。

一時期、駐在期間が延長されるかも、という話があり、だったら、働こう、と思っていたので、アメリカの労働許可証も、修論を書いてるクソ忙しい時期にわざわざ、取ったんですけどね。
d0056879_1313961.jpg
↑ アメリカの思ひ出の品♥ 『Employment Authorization Card(通称:労働許可書』)
、、、登録料$180。高過ぎ。

結局、予定通り&我々の希望通り、帰国が決まりましたので、アメリカで働くという面白そうな?チャンスはなくなりまして。学校の卒業に目処がついた頃からぼちぼちボランティアをやっていたというわけです。インターンとかも考えたけど、引越関係もあるから、責任を持って定期的に働くというのは残念ながら厳しいかな、と。。。


ボランティア先は予算の限られたNPOということもあって、専属スタッフはごくわずか。そのため、たくさんのボランティアの人が出入りしていて、いろいろな人との出会いが面白い。よくボランティア時間が一緒になる日本人のおじ様は日本人なら誰でもが知ってるような大きな会社のSD支社のエライ人だったそうだが(他人から聞いた)、定年後、SDに移住することにした方(こういう人は結構多い)。たいへん腰の低い&気さくなお人柄で、いつもコーヒーを入れてくれるんですよ、ありがたやー。

彼らとお昼に出ると、ランチ先で合流するおじーさんというのが、これまた、学生をやっていた頃には話す機会のない職種の人だったりするのだが、こういうのは楽しいですね。年をとっても、自分のやりたいことをしてる方々はイキイキとしていて、偉ぶらない気がします。こういう風に年をとりたいなぁ、などと、つい思ったり。老後はそんな先のことでもないし(爆)。


定年後の世代の人が多いボランティアですが、専属スタッフは若い子もいるこの事務所。たぶん20代と思われる女の子Y嬢がボランティアにいろいろと指示を出してくれるのですが、こっちに来て親しくなったアメリカ人はやはり同世代が多いので、これまた新鮮^^。SDっ子の彼女が連れて行ってくれるお昼も毎度楽しみなのでありまーす。


先日はここに行ってきましたよ。
d0056879_2331873.jpg
あるレストランガイドで最近、SDで一番の寿司やに選ばれていたので、興味を持っていたRAです。

ネットで見る限り、どう見ても握る人が日本人じゃなさそうなので、自分たちだけで来るのは怖かったのよね(笑)。なので、彼女が案内してくれた時は大喜びしちゃいました。

中はこんなの。
d0056879_2394184.jpg
結構長いカウンター(右に続く)。寿司シェフは白人さんとメキシコ系の方かしらね。

d0056879_2395625.jpg
インテリアはアメリカ人の考えるじゃぱん、です。お昼時というのもあって、広ーい店内はとても賑わってました。

奥の額が見えるかな。食楽。美皿。。。なんじゃ、そりゃ?、って感じだけど、見た限り、私以外、東洋人のお客は帰り際に1人見ただけだし(日本人じゃなさそうだったし)、ま、どうでもいいんでしょうな。なんせ、日本語であることがエライのですから。
d0056879_2451222.jpg
d0056879_2471014.jpg誰も読めないだろうに、メニューにも日本語がいーっぱい。

あちこちにお魚のモチーフがあってかわいい。デザインにはとても気を使ってる店とお見受けしました。

で、食べたもの。。。暗いんで&一眼じゃないんで、イマイチの写真ですが。
d0056879_2493874.jpg
ランチセットはミソスープつき。味は定食屋の普通の味噌汁って感じ。蓮華つきなのがご愛嬌。

お寿司のランチもありましたが、日本の定食屋的なメニュー、うどん、等々まで、日本な?メニューがいーろいろ。頼んだのはY嬢推薦、ランチセットのサーモンのテリヤキ弁当。7.5ドルだったっけか。
d0056879_2491950.jpg
揚げ春巻きと揚げ餃子(緑の)も入ってました。サラダのドレッシングは生姜味でコレは気に入った。サーモン(右下)の下にはたっぷりの野菜炒め入り。予想以上に野菜が取れて嬉しかったな。

味はー。自分で作った方が美味しいとは思うが(スミマセン)、SDのこの手の店にしては薄めです。方向性としては?コンビニ弁当みたいな味付けと申しましょうか。材料はコンビニほど悪くない気はしたけどもね。


こちらはY嬢のサーモンのテリヤキ丼。私の弁当も右下はこれの大きなスライスが入ってたと想像して下さい(私の席は暗すぎて色が出なかったの)。
d0056879_2495497.jpg
なんと、ご飯の中には山菜が混ぜてある。どんぶり物なのに野菜が多いのはエライ。盛り付けはともかくとして。

Y嬢によると、夜の寿司は、純・日系の寿司屋よりは手ごろで悪くはないそうな。

あめりかんなSushiを最後に拝みに、帰国前、夜、来るのも面白いかも、と思いましたっ^^。

More 殿のご様子。。。
[PR]
by koru2005 | 2007-02-23 03:49 | ◆日々の暮らし
Go Go Shopping!
めんどくさがりで、食いもの以外の買物には腰の重いワタクシですが、そうも言ってられなくなってきた。そうです、お土産を買う時期に突入したのであります。

というわけで、自主的に行ったのは超久々(日本から誰か来るとアテンドでは行く^^;)。うちから車で30分くらいかな。SD北部のアウトレットに行ってきましたー。
d0056879_1220330.jpg
折りしもこの日はプレジデント・デイとかいう祭日の絡んだ休みで、セールの真っ最中。ほとんどの店がアウトレット価格からさらに2割引とかいう世界。混むのが嫌で、開店と同時を目指していったのに、駐車場はほぼ満車でありました。


まぁ、お店は有名どころは一通りあるんですけどね。お土産買い初日ということで、アメリカン・ブランドでまずは攻めてみましたっ。
d0056879_1221742.jpg
お世話になったあの方へ~♪(笑)

アメリカ土産の王道、コーチではベルトと傘、オークリーでは刺繍のかわいいTシャツを3枚、ご親戚用に^^。しめて、約1万円ってとこかな。ビバ☆アメリカ(というか、アウトレット^^)。特に、セール用じゃないと思われる上等なベルトがやっすくなっててラッキーだったわー。


こっち来て、驚いたのは、こういうアウトレット・モール以外に、ディスカウント・ストアがあっちこっちにありまして、ついこの前までデパートに出てたようなものを平気で叩き売りしてることですー。イメージ、ドンキホーテの洋服、雑貨バージョンと申しましょうか。

大抵のそういう店はでっかくて、みっしりハンガーに洋服がかかってるんで、根性はいりますが、買物上手の人達は皆さん、そういうお店を上手に使って、良いものをお安く、というか、激安で手に入れてるようです。こっちに来る機会のある方、アメリカはアウトレットが全てではありません(というかディスカウント系のほうが大抵は安い)。機会があったらいろんな店を探してみて下さいー。


d0056879_1223614.jpg次。

ちょっと南下して、Cardiffというところに。

というのも、ここには、サーフィンに特化したPatagoniaがあるのです。
d0056879_12245346.jpg
実は、Cardiffは、サーフィン天国のSDでも、有数のサーフ・スポット。世界チャンピオンの方が何人か住んでるとも聞きますですよ。
d0056879_12251326.jpg
道の向こうはすぐビーチだす。

d0056879_12253071.jpg
SDの海沿いらしい風景です。↑この子も小学校に上がる頃にはボードを持って海に通うのではないでしょうか。前、住んでた家では(=ここから、割とすぐ)、うちの前をボードを担いだパパ&ちびっこが海に歩いてくのを毎日見てたしね^^。


サーフィンをしない我々の目当ては、Cardiff店オリジナルのTシャツや小物。かわいいデザインがいろいろ~。
d0056879_12312248.jpg
日本ではアウトドア・メーカーとしては高めのPatagoniaも、本国アメリカではだいぶ安い。アメリカにしては高いとも言えますが、Tシャツの質の良さは抜群だと思うし。ということで、Bの通勤着=Tシャツ(笑)も買いました~


d0056879_12255531.jpgそして、外食禁止だと言っておきながら、また、行ってしまった^^;。

Cardiffに来たら、ここに寄らずにはおれない。SD一、美味しいという評判のドーナツ屋、VG'sです。

土日の朝は行列が出来てますが、ここの揚げたてのドーナツは、んまいよっ。


d0056879_12294044.jpg
家族経営の素朴なお店なんだけどね。みなさん、大量に箱で買っていきまーす。
d0056879_12261359.jpg
二人分のコーヒーとドーナツ2個(チョコとハニー)で、$3也♥ 

引っ越して、そうそう、頻繁には来れなくなったのが口惜しや。。。とろけるような生地と、薄めで酸味のないコーヒーが、なんていい組み合わせだ、といつも感心します。外のテーブルで海風に吹かれながら、食べると、さらに美味しく感じるしぃ。今日も美味しかったでーす。


ところで。。。人のものばかり買ったのか、って?(笑)

自分のもちょっと^^買いましたよ。


d0056879_12202340.jpg行き先はここ。

先ほどのアウトレットの中にル・クルーゼのショップもあるのでね。

日本に比べると、定価でも安いようですが、もちろん、ここはアウトレットなので、だいぶ安い。それにこの日はいろんなものがさらに20%offでしたからー。
d0056879_12203851.jpg
d0056879_12194571.jpg
またも(10年以上やってるんです^^;)、何度も鍋を持ち上げ、そして、買わずに帰ってきてしまった(苦笑)。

というわけで、この日のお買い上げはやかんとツール類4本、ココット。税込み80ドルくらいだったかな。やかんは20ドルだったので、つい買ってしまった^^; これで学生の時から使ってるやかん君の跡継ぎが出来ました。

それにしても。また、無彩色を買ってしまったよ、ル・クルーゼなのに。とほほ。



More 恒例の袋閉じ^^。。。
[PR]
by koru2005 | 2007-02-19 13:45 | ◆日々の暮らし
常春 @ North Coastal County
もうオン・シーズンです。
d0056879_1183099.jpg



天気が良かった先週末、アンティーク・ショップをひやかしついでにNorth Coastal Countyと呼ばれるエリアにドライブに^^。去年までこの辺に住んでましたので、おなじみのルートでーす。
d0056879_1191065.jpg

↑奥の坂を上がると。。。
d0056879_103157.jpg
海でございます。逆光に負けずにパチリ。しみが増えたのは年のせいだけではありません(言い訳、イイワケ、いいわけ(笑))。

d0056879_1033012.jpg
d0056879_1034530.jpg広がったのはシミだけじゃない。。。

確実に胃も大きくなりました^^;










来た当初はひええと思ったものでしたが、
今はペロリといけます(冷汗)。
でもアメリカの朝ごはんは美味いのだった♪



いやぁ、あと少しだと思うと、心なしか、より、きれいに見えるような。
(正面はリゾート地として有名なLa Jolla)
d0056879_1054054.jpg
d0056879_1055318.jpg
ここのところ、めずらしく天気の悪かったSDですが、週末はビューティフルなウェザーが戻ってくるとのこと。

今更だが(笑)、週末もビーチに行くぞぉ♪ 

友人諸氏よ、帰国しても私の肌のことには触れてくれるなよ。。。(祈)。



More 海に因みまして。。。
[PR]
by koru2005 | 2007-02-02 10:34 | ◆日々の暮らし
北緯33度についての考察
前回、前々回のエントリーではお誕生日のお祝いの言葉をたくさんいただき、ありがとうございました^^ もう、祝える年では全然ないですが(爆)、祝ってくださる方がいるというのはとても嬉しいものです、さんきゅーでした♪

お誕生ネタが続いてて恐縮ですが、せっかくだから、なんか食べに行くべ、ということで、週末は外食してまいりました。行ったお店の名前はParallel 33。つまり、『緯度33度』。

こういう機会なので、いっぱいオサレして、、、というのも一瞬、考えたのですが、正月ボケで気合が出ず、また、近場に行ってしまいました(車で数分^^;)。が、この店、我らの周りでは(&ザガットでも)評判がよかったので、楽しみに行ってまいりましたよ。
d0056879_144024100.jpg
このお店の名前は緯度33度線↑に由来してるわけですが、なんでも、緯度33度(北緯の話をしてるようだ)というのは、地球で最初に農耕が始まったチグリス・ユーフラテス流域の緯度なんだそうな。つまり、北緯33度線上というのは、とっても農業に適してる=美味しいものがあるエリアらしい。

で、そこを辿ってくと、モロッコ、レバノン、インド、中国、日本、等々、そして、アメリカのサンディエゴ、に当たる。だから、その線上のエリアに関連する料理を出すのだ、というのが、この店のコンセプト。こちらでいう、エクレクティック(折衷的)、というカテゴリーに入るレストランであります。


でもさ、実際、サンディエゴのこの店の位置は32度45分くらいなんですけどね(=調べたモノ好きは私^^)。そして、日本ではわが故郷、大分県がばっちり北緯33度線上にありました、おっほっほ。ま、おかげでサンディエゴは宮崎の北部と同じ緯度ということがわかりました。でも、ここは宮崎よりもはるかに暖かいがなぁ(昨日の最高気温25度。。。暑)。


お店はサンディエゴにしてはオサレ。
d0056879_14564328.jpg
暗くてわかりづらいですが、きっちり、インテリア・デザインがしてある。中東風というか、アジア風というか。でも高級というよりはモダンです(安っぽいというわけではなく)。

たまたまかもだけど、お客もこの日はとても無国籍でした。隣りのテーブルはイタリア語をしゃべってたし、斜向かいはフランス語の『ここはどこ?』状態。そして噂どおり、満席でした、9時前に行ったにもかかわらず。


しかし。バーのような照明はかっこよかったが、料理を撮るには暗すぎた(苦笑)。

シェフ(日本人女性なのよん)の名前が冠されたスターターのマグロ(=和風)。
d0056879_195378.jpg
左: コンデジ。右: キャンドルを傾けて無理やり撮った一眼(爆)。暗いんでカメラを出しても、誰も気にしないふうなんで、撮り比べてみました(ヤケ)。よく見えないけど、刻んだマンゴー、梨が入ってます。敷いてあるのはクラッカーと海草サラダ。ドレッシングはわさび風味。これは爽やかでとても美味しかった。きれいなんでパーティの時とかにもいいかも。


メインは欧風とアジア風とでせめて?みました(カメラはコンデジ。実際はもっと薄い色^^:)。
d0056879_1528206.jpg
Bのガチョウの胸肉のグリルとさつまいものニョッキ(=オレンジの)、クランベリー添え。

d0056879_15283389.jpg
私のはコリアンダー(香草)風味のホタテフライ、真ん中の黒いのは紫米。上にかかってるのは野菜の甘酢あんかけみたいなの。ナッツも散らしてあるし、味付けはナンプラー風味でかなり東南アジア・チック。


デザートは東西折衷、そして、お茶は中近東(笑)。
d0056879_15423724.jpg
パリパリのパイクラストにタピオカが載ったもの。食感が面白い。甘すぎず、◎。

d0056879_15441471.jpg
モロッコ風ミントティー。中近東らしく甘い~(私はコーヒー、紅茶に砂糖を全く入れないので甘いお茶が苦手気味)。。。が、まぁ許せる甘さかな。それ以上に後味が爽やかでした。


たまたま、選んだメニューがそうだったのかも、だが、メインの味付けは私にはちょっと甘い感じがしましたかねえ。メインが30ドル前後で、決して安い店ではないのに、音楽はハウスっぽいのがズンドコかかってて、SDにしては面白いお店だとは思いましたが。

スターターやデザートは気に入ったので、次は、人気メニューのタジン(モロッコ料理)を頼んでみようと思います。来てるお客さんも、ここらにしてはオサレな人が多く、ミーハー心を満たす意味では大満足のお店でした~^^


***


クリスマス以来の食べ続けで、やはり、少々、胃にきた気が(=自業自得)。

なので、みなさんのブログに影響されて、無理やり作りましたぁ。
d0056879_1692577.jpg
なんちゃって七草玄米がゆ^^

お粥嫌いのBに食べさせるために餅入り、骨付きの鶏胸肉で出汁をとった嘘っ子バージョン(笑)。

草も冷蔵庫にあった、小松菜、大根の葉、蕪の葉、などの菜っ葉類の在庫処分を適当に。おまけに香草をどばどば入れて、ニョクマム(ベトナムの魚醤:いい出汁にもなる)で味付けし、仕上げには煎りごまと石垣島ラー油を振って。

我が家らしいエスニック粥になっちゃったけど、出汁が効いてて、おいしかったかな~。暑かったけど^^:。
d0056879_153332.jpg
d0056879_1531830.jpg
午後の昼寝風景。頭はやはり日陰がいいらしい。。。
[PR]
by koru2005 | 2007-01-10 02:02 | ◆日々の暮らし
年末のまとめ 2: 作りました、食べました、遊びました
食べる話ばかりで恐縮ですが、昨日はY女史のお宅で忘年会に呼ばれてまいりました。このY女史とNちゃん(& 先般、帰国してしまったCちゃん。元気かー?)はこちらで一番仲良くしてもらってる日本人のお友達で、このブログにもよく出てくるメンバー。

今回、Nちゃんとわたしを呼んでくれたY女史の話をすると、彼女はサンディエゴのグルメ道のわたしのお師匠様であります^^。その守備範囲はたいへん幅広くザガット(レストラン・サーベイ)の上位に来るようなレストランからハンバーガーまで。そして、ご夫婦で料理が趣味という素晴らしさ(羨)。

今まで、何度かお互いおうちごはんの話はあったのですが、毎度、ダンナ含みだと都合がまとまらず。もう、いいや、女子だけで(笑)。ということで、うっきうっきと、お宅に伺ってきましたのよ。


で、手土産を作りました。
d0056879_555425.jpg
急に決まった話だったので、クリスマスのシュトーレンとマチェドニアの材料を転用^^;


d0056879_8573499.jpg
↑この日のストーカーはダイニングルームからこっちをチェック中(常にエラソウ^^;)。


お菓子の出来上がりはこれ。
d0056879_16253756.jpg
シュトーレン(大活躍^^)とナッツのクッキー、トライフルを準備しました。トライフル用には久々にフィンガービスケットから焼き(焦げてるとか指摘しないようにぃ)、カスタードクリームはしっかりバニラビーンズを使ってみました(点々が写真には写らなかった、ちっ(笑))。とりあえずは好評をいただいた模様。良かったワ。


で、わたしのお菓子はどうでも良くてですね、とにかく、この日はよく食べました。


アタシの料理は居酒屋料理なのよ、とおっしゃるY女史ですが。
d0056879_7515024.jpg
居酒屋にはヴーヴ・クリコはついてきません^^。

しつこいけど、この忘年会、急に決めたんですよねー。で、ありモノで作ったっていうんですぅ。なのに、このバラエティ(全部、写りきってない。3人分なのよ^^;)。手持ちのものでぱぱっと作れる人が一番料理のうまい人だとわたしは信じてますのでね。すばらしゅうございました。

どれも美味しかったけど、特に美味しかったもの^^
d0056879_752386.jpg
乳製品好きの私には堪らんクリームソース系。しっかりガーリックが効いてて、シャンパンとバッチリ。

d0056879_752145.jpg
こちらのお宅のお野菜はすべて知野ファーム。オーガニックでございます。ドレッシングも優しいお味だけど、しっかり締まってて、はい、うまかったです。


d0056879_753143.jpg
パリパリの鶏が見えるかねー。ねぎのソースでいただいたんですけど、栗原はるみさんのオリジナルは塩気がちょっときつくて、油っこい(=わたしも賛成)、ということでY女史のはさっぱり酸味が利いてました。今度レシピ、おせーて。


d0056879_7534053.jpg
タペナードと海老入りのソース(右)もお手製だよ。オリーブごろごろのタペナードが花◎。


d0056879_8103061.jpg
豆好きにうれしい、油揚げのはさみ焼き。中味は春雨とたっぷりのお野菜。薄味なのにしっかり春雨に味がしみててうまひ~


いやいや、よく食べましたが、もちろん、全部なんて、到底無理^^;。この日はあまりに満腹で夕飯を抜きました(苦笑)。ほんとうにY女史、御馳走さまでした。新年会は今度うちでやろうね♪


そして、さらに。こちらのお宅ではしっかり遊びましたのよ^^

ええ、サービスたっぷりの接待主任がおりますの。
d0056879_8261113.jpg
こちらの箱入り娘のウィンちゃんです。どうよ、かわいいでしょう^^


好物は。。。
d0056879_8292883.jpg
白菜(特に白いところ(笑))。激食中^^。ウィンちゃんに会うまで、わたしは犬が野菜が大好きだとは知りませんでした。。。


この家に来たらお客には仕事があります。
d0056879_8305066.jpg
『行くよっ』


ウィンちゃん、ダァーッシュっ!
d0056879_8312150.jpg
しかし、どうして、コーギーのお尻はこうもかわいいのだろうか(惚)。


ウィンちゃん、ジャンプっ!
d0056879_8324429.jpg
一応、地面から浮いてます(笑)。


ほんと、ここんちの犬はかわいい♥。
d0056879_8331923.jpg
圧倒的に猫派の私もくらくらするウィンちゃんのかわいらしさなのでした♪


***


今年もあと今日を入れて4日となりました。

早いですね~。

このブログを通して、今年もいろんな方にお世話になりました。どうもありがとうございました。


サンディエゴのお正月は淡々と過ぎそうですが、日本人ですから! 友達と30日は恒例の餅つき、31日は半日遅れの紅白鑑賞会(笑) 兼 忘年会をして、新年を迎える予定です。

今から、それ用のおせち(分担制なの)の準備をいたしまーす。

では、皆さん、良いお年を♪
[PR]
by koru2005 | 2006-12-29 05:53 | ◆日々の暮らし
年末のまとめ 1: 作りました、食べました
日本はすっかり正月準備モードに突入してるかと思いますけど、こちらでは新年はただの年の初めの日に過ぎないようで、普通の会社も休みは元旦のみ。大晦日にたいしたことない花火が打ちあがったりはしますが、まぁ、盛り上がりという意味ではほとんど無きに等しいです。

その代わりといっちゃなんですけど、、、
d0056879_3165045.jpg
d0056879_317323.jpg
クリスマスの飾りつけは年を越すのが普通のようですね(↑ご近所の盗撮)。あいかわらず、あっちもこっちも、夜はビッカビカ。サンディエゴ3年目ともなると、これはこれで年の瀬、と感じるようにはなりました。


うちのクリスマスはBさんが風邪っぴきで、寝クリスマスでしたが、一応、細々とラムなどを焼き、友人がディナーを延期してくれたので、あらためてお邪魔してきました。

というわけで年末のまとめ、その1、作りました&食べ(させてもらい)ました。。。
d0056879_320345.jpg
友人宅では皆でチーズフォンデュをいただきました(右上)。TJ'sのオリジナルのフォンデュ用チーズ・パックを使ったそうですが、ちょっと癖もあって(むふ)、おいしかったぁ。手土産にはブラマンジェ(右下の2枚:牛乳、生クリームとリキュールのムースみたいなもの、かな)の上にマチェドニア(左上)をのっけたものとシュトーレンを。

家では、ラム好きの我が家、今回はラムをワインとハーブでマリネしたもの(左下)をオリーブとアプリコットと煮る(オーブンで)、というのに挑戦してみました(左上から2枚目)。先週、アフガン料理屋で似た様なのを食べたので自分でも作ってみたいと思って。
d0056879_421523.jpg
↑台所の入口で飼主をストーカー中のりるーちゃん(実はここんとこ、飼主が余り家にいない&いても台所でバタバタしてるので不貞腐れ気味)。


d0056879_6533470.jpgラムのレシピはフード・ネットワーク(1日中、料理番組をやってるチャンネル)のタイラー・フローレンスというシェフのものを参考にしました。関係ないけど、このタイラー君、アメリカで一番セクシーなシェフ、とかいうのに選ばれたことのある人(なんで、そんなアンケートをやるのかはともかく)。

こちらでのシェフの人気というのはなかなかすごいものがありまして、有名な人は半分芸能人のような扱いを受けているように私には見えますが、このタイラー君もフード・ネットワークでいくつか番組を持ってるスター・シェフ。

彼の番組の中に視聴者の家に行って、その人が困ってるお料理関係の問題(例:料理なんてしたことないのに、フィアンセの両親にディナーを出さなければならない)を解決する番組があるのですが、タイラー君は文字通り、手取り足取り教えるんだよねー。

あ、また、触った、みたいな(笑)。で、日本人のわたしから見ると、彼のスキンシップは気持ち悪い領域に入ってるのですが、アメリカ人の知り合い(女)に言わせると、『すてき~♥』だそうで(謎)。アメリカ人(男)の料理好きの友達はあいつはベタベタし過ぎだって言ってたから、やっぱり、そういうキャラなんだろうか(独り言)。最近太ったように思うので、彼の人気の行末が心配ですが、この人のレシピ自体は結構、好きだったりはします。話、それましたが^^


<チーズ部>

久々のチーズ部でございます。今週はフォンデュもご馳走になりましたが、自分ではチーズのクロスティー二を作りました(これもタイラー君のレシピ)。クロスティーニというと、かっこいいが、フランスパンにバターを塗って、チーズをのっけて焼き、食べる直前に白ワインで作ったシロップをたらりとかけただけ。胡桃をのっけたサラダと一緒に食べました。ラムと合ってたかな^^
d0056879_426232.jpg
↑オーブンに入る直前のフランスパンたち。


では部員の方の活動のご紹介です。部長がさぼってる間にもちゃくちゃくと取り組んでくださってありがとうございます。

がらさん(@そういうことになっちゃいました)、からは不二家LOOKチョコレート<ワイン&チーズクリーム味>を。微妙な組み合わせに感じますが(笑)旨いそうであります♪ 酸っぱいというのがいいですね。日系スーパーにあったら買ってみようっと。

も一つ、がらさんからはTully'sの豆乳チーズクッキーも。豆乳スムージー愛好家仲間のがらさんによると、これはサクサクしててマジに美味しいそうな。豆乳と聞くだけで?身体にも良さそうに感じるあたくし。とても気になりました。


whitewaterlilyさん(@のんびり午睡)からは皮無しのキッシュを。パイ皮を使わないのはいいアイデアですよねー。チーズをばくばく食べたいあたしなど、皮でお腹いっぱいになるより、中味(=チーズ)を食べたいですもん(笑)。さすが、りりぃさん、土鍋でポルチーニを入れて焼いてらっしゃる(チーズはスイスのエディバだそう)。さぞやうまかろうと思われます♪


d0056879_4535591.jpg



引き続き、チーズ部では来年ものんびり活動をやっていきまーす。部員の皆様、2006年はお疲れ様でした。来年度もよろしくどうぞ。新入部員も常時募集中ですよ~^^
[PR]
by koru2005 | 2006-12-29 04:28 | ◆日々の暮らし
サンディエゴの休暇の過ごし方
平和な日々です。。。
d0056879_111275.jpg
虐待してるのではありません。


うちの殿が一日で一番不機嫌な時間帯っていつだと思います?


そうなの、それは我々のご飯時なんです。
d0056879_1104188.jpg
今日のお昼。サラミと2種類のチーズのサンドイッチ。

d0056879_203757.jpg


冬でもベリー類が割と気軽に手に入るので、バナナやグレープフルーツ、等々、うちにあった果物と一緒にを蜂蜜とレモンで和えたマチェドニアを添えて。ここのところ、(特にBは年末で)外食続きだったので、地味メシな我が家でございます。。。


***


毎度、我々がご飯を食べ始めると、殿もこのダイニング・ルームにやってきます。

黙って普通に来るんじゃないの。ヤンキーのように、肩をいからせ、顔を斜めにしながら、にゃうーにゃうー、と、いちゃもんをつけながら来るんです。

想像するに、飼主の気が他所に行ってるのが不快なのでは、と^^;

さすがのワタシも食事中は膝には載せませんからね。食べるのに忙しいし(笑)。

そうすると、すごく怒るの、毎日、毎回。で、遊ぼうよー、と一生懸命、追いかけっこに誘いに来ます。顔を見ては、走ってったり。私の脚を叩いては逃げたり。

かわいいけどねー、うるさい(爆)。

なので、食事の後半はめちゃくちゃになりがちです。ここ数ヶ月、かなり忙しかったので、それが終わった今、食事の後、少しはゆっくりしたい。今日は足で殿を撫でて、ごまかしてみました。足元にひっくり返ってるのは、退屈でふてくされてるってことです(苦笑)。


この後の殿の昼寝風景(サービス画像(笑))
d0056879_112166.jpg
もういっちょ、禁断の^^。。。
d0056879_11213224.jpg
あいかわらず、お昼間は暖かい(というかこの部屋は暑い)サンディエゴ。殿も日が当たってる間はこの部屋ですーぴー寝ておられます。触ると熱くなってて、くるくるぱーになるんじゃないかと心配です。猫は日射病にならないんでしょうねえ、たぶん。


***


前回のエントリーで書いたように、Bのお友達のロシちゃん(仮名:彼もロシアンを飼ってる^^)が東京から遊びに来てくれてたので、先週今週にかけて、まとめていろんな所に行くことが出来て、楽しかった。
d0056879_11301544.jpg
ロシちゃんがここらで食べたもの:アジア編。

吉牛に始まり、山頭火、韓国料理からアフガニスタンまで。手広くBがご案内しました(笑)。特記すべき事といえば、アメリカの吉牛は発泡スチロールの入れ物に入ってるということ、つゆだくは50セントかかるということかな。いっぱいおつゆくれるけどね^^


サンディエゴらしいもの、ということで、オールド・タウンのメキシカンにも。
d0056879_11355491.jpg
<クイズ> どれがエンチラーダで、どれがブリトーでしょう(ワタクシ、この日、初めて違いを知りました(恥))

d0056879_212195.jpg


<クイズの答> 一番下のソースがかかってるのがエンチラーダ。その右上のチーズしかかかってないのがブリトー。でも、この店でブリトーはコーン・トルティヤで、エンチラーダは小麦粉のトルティヤで作るんだ(=新知識)と言われたのですが、本当でせふか。単にソースの有り無しと思ってたんだが。。。

***

メキシコ人の友達にお客さんが来たら、どこに連れてくか聞いて、教わった店です。うちの近所なんだけど、いつも並んでるなぁと思ってた店がそこだったわん。

場所柄か(オールドタウンは観光地)、派手なインテリアとコスプレ?した明るい店員さんが楽しいお店でした。味もイヤミのないお味で食べやすかった。喜んでもらえたようです。

More サンディエゴといえば。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-12-22 12:03 | ◆サンディエゴあれこれ
いろいろな名前
d0056879_4423382.jpg香菜が好きです。



タイ料理のパクチー
中華のシャンツァイ
食欲を増してくれるけど、
ベトナミーズのフォーも
ンゴーがないと始まらない。


d0056879_430856.jpg
d0056879_4302353.jpg
↑定食や?代わりによく行くベトナミーズ・レストランのフォー。

d0056879_7141261.jpg


***

d0056879_4572125.jpg随分前にnoirさんにこの本は使える、
特に香菜の水餃子は絶品だと聞いて以来、
作りたくてたまらなかったのですが、
こちらで日本の本を買うと何割か高いので、
帰国するまで我慢しようと思ってました。




d0056879_4304416.jpgが、何度も日系本屋の店頭で見るたびに
我慢できなくなり、購入。


d0056879_4461294.jpgそしたら、この本は本当に使える。


d0056879_431793.jpg中華まんやら、麺やら、
粉ものの好きなワタシには
タマラナイ内容の本でありました。



(あ、でも、この本の餃子の包み方、いまだにわからない。パラパラを解読された方がいたら、是非、教えて下さい m(_ _)m)


というわけで、はい、できあがり。シラントロの水餃子だよ。
d0056879_6405695.jpg
ウー・ウェンさんのレシピではシラントロが豚肉の半分くらいの量ですが、
我が家はほぼ同量入ってます^^ 

なんで、やけに緑色(笑)。ラー油をつけていただきまーす♪

***

今日のおまけ。うちの緑色の瞳の猫。

ねえ、りるーちゃん、そういえば、コリアンダーとも言うんだよね、香菜って。カレーにどばどば入れると、うまいよねっ!(スパイスは種が原料だそうだけど)
d0056879_4404056.jpg


。。。


d0056879_4405132.jpg
そうね、あんたには、どうでもいいわよね^^;
(餃子を作ってる間は遊んであげられないので、実は不貞腐れている。。。)            ↑クリックすると大きくなります(実験中)。

***

好き嫌いの分かれる香菜ですが、ビタミンCたっぷりで、
風邪の予防にもいいし、肌荒れにも効くそう。

皆さん、香菜を食べて、冬を乗り切るのはいかが。



*こちらに来たばかりのころ、エスニックのレストラン&スーパーで
 香菜の呼名が思い出せなくて(英語はコリアンダー
 でもこちらでの野菜としての呼名はシラントローが一般的。)
 混乱したことを思い出したので、書いてみました。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-12-16 04:34 | ◆ごはん&おやつ