ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ:SD restaurant ( 45 ) タグの人気記事
リハビリ中
ここ数ヶ月、根性のない自分にしては根を詰めて、やってきたことが目処がついたので、その反動で完全にぼけています^^;

例えば、こんな感じ。

Before。。。
d0056879_14433792.jpg



After。。。
d0056879_14441296.jpg



って、全然、例になってませんね(^^;ゞ


世間がすっかりお祭り気分なのもボケを助長している気もします。


定点観測? 近所の園芸や。
d0056879_3254863.jpg
暖炉の薪を調達しにいったついでに、写真を撮ってきました。ご覧の通り、もみの木とポインセチアの嵐。こちらでは毎年生の木を買うおうちも多いので、この時期はあちらこちらにクリスマスツリー屋もできます。3m半のが$289だって。結構高いなぁ、そんなでかいのが家に入るっつーのもすごいが。

我々がいる間にも、次々にお客さん達がトラックで乗り付け、じゃんじゃか、もみの木を買ってってました。とっくのとうに飾ってあるおうちも多いから(外から見えるようにみんな飾る)焦ってんのかもね~^^

12月なのに、青空にパームツリーがゆれてて、道端にはブーゲンビリアが咲き、店員は半パン、買い物客のおばちゃんはビーサン履き、ってのがサンディエゴらしさですけど、皆さん、真剣且つ楽しげにクリスマスの支度をしてる模様。日本の暮れに近いものを感じるねえ。

近所の家の飾りつけも日に日にすごいことになってってますので、おいおい、また、盗撮結果 スナップをご紹介しますね。興味のある方はお楽しみに~^^。


***


ワタシのボケは先週の水曜日、先生にずっと書いてたレポートの原稿を押し付けて以来、始まったのですが、このままでは、殿と寝たきりになりそうだったので(笑)、気合を入れに?週末はちと、外出してきました。

行った先はこちら。さて、何やさんでしょう^^
d0056879_15155442.jpg
店内に飾ってある写真の女の子がヒント、だよ。



そうそう、この子、ナショナル・ジオグラフィックの表紙で世界中に有名になったアフガニスタンの女の子でーす。

というわけで、近所のアフガニスタン・レストランに行ってきました。

うちのすぐ近く、ヒルクレストというエリアはSDで一番レストランの集中したエリアでして、特にエスニック系の充実度はなかなかなんですが、このレストランは近所に住む友達の間でもなかなか評判がヨロシくてね。
d0056879_15223999.jpg
エスニックというと、リーズナブルにカジュアルに、という店も多いですが、この店は結構スタイリッシュ。お客さんもすごく若い子はいない。ちょっとファッショナブルな感じの女性同士というお客さんがこの日は目につきました。

でも、ヒルクレだからね。
d0056879_15255321.jpg
こういう組み合わせもありました。どっちが窓際に座るかを譲り合ったりなんかして、とてもスイートなお二人だったワ。ま、こういう方々が多い店はたいてい美味しくてお洒落だったりするのは事実。わたしなぞは一種の目安に使わせていただいておりまする^^


で、アフガニスタン料理とはこれいかに?。。。
d0056879_1528582.jpg
色とりどりのピラフとマンゴーのソースでとても華やかなプレート。

メニューを見た感じ&食べた感じ、インドと中近東、トルコの中間みたいな調理法&材料でしたね(ケバブがあったり、タンドーリがあったり)。


Bはラムの炭火焼(手前)、わたしはデビューということもあって、お店の方が選んでくれた鶏、牛、ラムのコンビネーションをお願いしたんだけど、付け合せのピラフ(プレーン、ビーフ、ほうれん草。パラッと炒まってて旨い♥)、ほうれん草のペースト、グリーンピースにいたるまで、かなーり美味しかった。

d0056879_15363014.jpgインド料理もトルコ料理も好きですけど、この店に限って言えば、アフガン料理は日本人の舌により合いやすいかも。スパイスが効いてはいますが、くさみがない品の良いお味でありました。

あと、さすがにラムの焼き方がお上手。薫り高い美味しいラムを久々にいただけました。

食後にお願いしたお茶もカルダモンが入っていて、お口すっきり、気分は爽やか。この店、とても気に入ったので、また近々、今度はランチに来ようと話しておりまする。ワインからお茶まで入れて、チップ込み2人で$100でした。

More 今日のチーズ部。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-12-12 16:05 | ◆日々の暮らし
なにしろ、ひこうき、が好きなもので @ Miramar Air Show
週末以来、最高気温でも20度前後となり、SDの秋も本番。朝晩は日差しもだいぶ弱くなって、お日様が苦手の私にも優しい気候となりましたので、腰痛防止もかねて、朝、散歩を始めました。

最近の散歩のお楽しみは、いろんなおうちのハロウィンの飾りつけ。玄関のカボチャが見えますか?
d0056879_0331745.jpg
朝七時前の写真なんで、薄暗くて悪いけど、この界隈ではハロウィンの支度はチャクチャクと進んでる模様。歩いていると、あちこちにカボチャがごろごろ置かれているし、墓場もあれば、魔女、こうもり、黒猫、各種ゴーストもおられる(笑)。ここらは他所のエリアからも人が来るようなハロウィンの盛んな場所なんですワ。

というわけで、↑この写真は予告編。

月末はうちは友達んちのハロウィン・パーティに参加しますが、そのときに会えるであろうかわいいお化けたちの写真と一緒に、朝、散歩やジョギングをしてるご近所の人達の目を盗んで、コソコソ(笑)撮った写真も一挙公開する予定。本場アメリカのハロウィンの記事、今年もお届けさせていただきまーす^^


****


で、本題。

今日のテーマは『ひこうき』。

d0056879_2032750.jpg唐突だが、うちのBさんは趣味がやたら多い。が、彼が一番好きなのはガンダムではなく、『ひこうき』。

この週末、彼が3年来楽しみにしていた世界一大きな航空ショーMiramar Air ShowがSDにあるMCAS Miramar(ミラマー海兵隊基地)にて開催されたので、行ってまいりました~。


SDに転勤が決まった時以来、このショーを見るのを楽しみにしていたB。ところが去年もおととしも出張で行けず。この時期は本番前の練習も含めて、基地界隈では軍用機がごーごー飛び回るので、飛行機の進路にあるBの会社の屋上からは実はかなりよく見えたりもするのだが、飛行機は離発着を見ないと!と、おっさる(笑)。

じゃあ、せっかくだから、と、あっという間に売り切れる滑走路正面、報道関係者の真横の席のチケット(チケットが無くても、飛行機は空を飛ぶものなのでショーは見えますが、多少、遠くから見ることになる)を何ヶ月も前からゲットして今年こそは、と、アサイチに出かけたのですが。。。
d0056879_20411419.jpg
どしゃぶり(大笑)。


いや、日本なら、雨が振った、あらま、ってな感じでしょうが、この前にいつ雨が降ったか覚えてないようなSDで雨、それも豪雨。行い悪すぎだよ、と、非難しつつ、一旦退避。

雨が止んだのを見計らって出かけたら、雷雨という予報にもかかわらず、その後、一滴も振らず。例年、暑くて暑くて日差しもきつく、がっちり日焼け対策をしていかないとひどい目にあうと脅されておりましたが、テキドに雲もありまして、なかなか快適なショー日和となりました。これは晴れ女のアタシのお陰ね(=傲慢^^)。


では基地内のスナップ。アメリカのエアショーは完全に家族の娯楽。心なしか、ガイド役であちこちに立ってる兵隊さんは女性が多くて、ソフトな雰囲気。子供向けのエンターテイメント(カムフラージュ・メイク、等)もしっかり用意されてて、マニアのパパに引きずられてきた子供もなんとか間が持つようになってます。
d0056879_22193684.jpg
商売としてのプロの食べ物屋、ミリタリーグッズ屋、おもちゃ屋以外にも、海兵隊の各隊ごとの出店もありまして、やばそうなTシャツ”Hard Iraq Cafe;爆弾はただ”が平気で売られてたり(海兵隊はイラクへの派兵の中心部隊。。。)。

一番人気の店は自分の名前が入れられるG.I.タグ屋(もちろん、本物。$7)。渋谷あたりに行くと、模造品がすごい値段で売られてますから、お土産にはいいかも?ね。

こういう商業エリアのあちこちで売られてたのは、日傘、サングラス、サンスクリーンと耳栓! この品揃えを見ると、エアショーの過酷さがわかろうというものですが、いやー、頭の真上を飛ぶ軍用機はうるさかった(苦笑)。 


で、はい、こちらが騒音の元凶ショーの目玉。世界一古い(今年で60周年!)アクロバット飛行隊、米海軍所属、ブルーエンジェルスざんす。
d0056879_2393459.jpg
d0056879_2242331.jpg
解像度をもっと上げときゃ、字までくっきり見えたのに残念。この写真だとなんだかのんびりしてるようですが、最高速マッハ1.8(音速の約2倍ですな)。こういう青い機体が目の前でゴーゴーとものすごい爆音を立てながら、サービス精神いっぱいに芸を披露してくれます。

ほれ、これが、彼らの売り物の一つ『Opposing Knife-Edge Pass(通称ジャック・ナイフ、の背面すれ違いバージョン。すれ違いざまにナイフを抜くイメージからの名前だそう)』。
名前通り、超至近距離をすれ違いながら飛びぬけます。
d0056879_23161184.jpg
d0056879_23163711.jpg
自転車同士でやってるわけではないですからね^^。これが出来るパイロットは相当の訓練をつんだ人のみ。このテクニックの高さがブルーエンジェルスのご自慢というわけです。

動くブルーエンジェルスは、正直、圧倒的にカッコいい。気がついたら、頭の上を蝿のように飛び回る(本当にそんな感じなのよ^^;)彼らの写真を撮りまくってて、気分はすっかり似非戦闘機オタクのワタクシでした。

が、みんな、そんなに興味ないと思うから、ね(笑)。あとは動画でおまけ(音量に注意!)。

ナレーションに載って、テイク・オフ!(動画)

『ダイヤモンド・フォーメーション』(動画)
;60年前にブルーエンジェルスによって始められたアクロバットのわざとして有名
 


見てわかるように飛行中にバックに流れる音楽はノリノリのハードロックで、会場はトップガン、の雰囲気そのもの。パイロットも一人一人大画面で紹介され、地元出身の子には盛大な拍手があったりして、スポーツの中継のようでもありました。

が、この前にブルーエンジェルスの母機F/A-18や、Hurrierの圧倒的なハイテク加減、戦車とヘリを使ったイラク爆撃の想定演習も見せられていたので、大喜びする周りの人々を見て、正直、段々と複雑な気分にもなったりして。

そりゃ、自分の国のものだと思えば、心強くて、誇らしい気持ちにもなるのかもしらんが、この美しく高度に洗練されたモノ達が何を目的に作られたのか、思い出すと、なかなか、ね。。。
d0056879_0402820.jpg
会場に展示されていたこの機は核も搭載可能。


というわけで、実はショーで我々が一番楽しんだのは第一次大戦当時(紅の豚、の時代、ね)に開発された双翼機のデモでありました(Bさんがコレクションしてるのもその頃の飛行艇^^)。当時のものは基本的に木製。飛行機というより、ひこうき、という感じで愛らしい。

最後に双翼機を操ることでは世界一と言われているSean Tucker氏の冗談のような曲芸飛行をご覧アレ。

紅の豚、のリアル・バージョン(?)(動画)。

このおっちゃんは偉大だよ。
空中でくるくるぶんぶん回りながら、地上からの司会者の問いかけに答えて、『あー、疲れたから、ちょっと休むよ(と、エンジンを止める。当然、落ち始める)』『お、そろそろ、地面に当たるから操縦桿、持たなきゃ(と、地面すれすれでエンジンをかけて、機首を上げ始める)』等等、マイクを通じてしゃべり続けておられました(笑)。
d0056879_0534491.jpg
着陸後の顔見世(オープンカーにて)も、イケイケ。。。^^;

More。。。ひこうき、に、因みまして。
[PR]
by koru2005 | 2006-10-16 20:01 | ◆サンディエゴあれこれ
La Jollaは食べ物屋で出来ている。。。
明日で短かった夏休みも終わり。ご存知の理由で、遠出は出来ませんし、こっちにはお盆がありませんので、決まった夏休みがあるわけでもなく、Bは毎日出社。おかげで車で30分圏内から一歩も出ないうちに、夏も終わろうとしております^^;

一時期は(ここにしては)暑かったサンディエゴもすっかり通常ペース。朝など、湿気がないので、涼しいくらい。既に初秋っぽくなってまいりました。ただ、冬も初秋のまま、行くのがSD。。。よく言えば過ごしやすいですが、季節感の乏しい場所ではあります。

さて、夏休みの締めに入ってるワタクシ、今日は久々の女友達との逢瀬です^^ で、こういう時によく選ばれる場所が、SDだとLa Jollaエリアではないでしょうか。なぜならば、La Jollaはどっちを向いてもレストランかカフェが目に入るような街だから、ね。
(La Jollaがどういうところかもっと知りたい人はこれとか、これとか、これをクリック!)

d0056879_13541067.jpgd0056879_13452326.jpg
d0056879_13454596.jpgd0056879_13544450.jpg
↑犬も歩けば、、、パラソル(=レストランかカフェ)に当たるLa Jolla ダウンタウン。

d0056879_1356378.jpgだからといって、騒々しい繁華街と言うわけでもなく。全米でも有名なリゾート、La Jollaは1年中、観光客の途絶えない美しい海辺の街ですが、その実は超高級住宅地でもありまして、今年もアメリカ人が住む平均的な住宅(四つ寝室がある、とかだったような)の平均価格調査とやらで全米一の高値をつけた場所。
従いまして、La Jollaは観光客以前に住民が強いため、観光地なのにまともな飲食店もしっかりとある。が、ありがたいことに、アメリカなので値段も割と気楽だし、服装も昼ならビーサンOK♪。そんな中の一軒で今日はランチしてきましたぁ。

本日のチョイスはFresh。名前の通り、新鮮なシーフードが売り。老舗も多いLa Jollaでは比較的、新しい店ですけど、レストラン・リビュー等にも載りまくり&知り合いにも推薦されたので来てみたかったのじゃ^^

La Jollaらしい思いっきりオープンな作りが明るくて気持ちいいので、外のテラス席に坐りました。インテリアもご覧の通り、なかなか、オサレ。重厚な店は苦手なので、入ったときから、これはいい感じ~と思ったり。
d0056879_141847.jpg
d0056879_15163654.jpg
開店直後の写真。この後、次々とお客さんが入ってきましたよ。


で、食べたもの、、、
d0056879_14291280.jpg
ワタクシのダンジネス・クラブのバーガー。かにの量をご覧あれ。ひそかにわさびが効いてて、爽やかでしたワ。

d0056879_14321956.jpg
Y女史注文のサラダ。素材の味が濃~いお味。材料の良さがよくわかる感じ。

d0056879_14285036.jpg
Nちゃん注文のアヒのバーガー。これもアイオリ&わさびソースがよく合ってました。

シェアして食べたのですが、本当にどれも、とても日本人好みの味付け、ってか、美味しかっただよー。野菜の味も濃くてうまい。そして、大事なことですが、味付けがしょっぱくない(=珍しい)。

半日陰でおいしそうに撮れてなくて悪いが、パンもシュー皮チックというか、ちょっとブリオッシュのようで、バターが効いててそれ自体とても美味しかった(甘くはない)。シーフード系のバーガーにも、良く合っててね。おお、この手があったかと、ちょっと真似してみたくなりましたー。

上の一品は各10-12ドル。+スパークリング・ウォーター&税、チップで1人18ドル弱でした。もっと安い店はたくさんあるけど、場所と内容からは大満足。今までの私のSDの洋物お気に入りレストランはDel MarのarterraSbiccaでしたが、ちょっと、ここも仲間入りかもしれませぬ。ふふふ。
d0056879_14253325.jpg



残念だったのは、、、全く、お店のせいじゃないんですけど、一眼レフを持っていかなかったことだす。いやー、こういう店でカメラを出すのは(って撮りまくってるけど^^;)いまだに勇気がいるんだよね、ははは。実はやや高級系の店だと、液晶部が回転できる(=正面切って対象の方を見なくても撮れる)Bのカメラで隠し撮り的にささっと撮ってることが多いんですワ。

で、今日もそうしたんだけどね、そしたら、ちょっと向こうのテーブルにいたアメリカ人のお客さんがキャノンの一眼をしっかり持っててねえ、ブロガー魂に欠ける自分の小心さを苦笑いたしました。観光地だし、こんだけ、オープンな作り&昼前に入ってまだ空いてたから、使っても良かったかもしれませぬ。今度からは持ち歩くだけは持ち歩こうと心に誓わせていただきました。。。


もちろん、これで終わる我々ではございませぬ。お茶を飲まないとね。で、行った先はこちら。
d0056879_1524550.jpg
Pannikin Cafeでございます。このブログでも何度かのっけたPannikinはSDの海辺にいくつかある私がよく行くカフェの一つ。雰囲気はユルいけど、コーヒーはまとも。La Jolla店も観光客の多いエリアから少し引っ込んだ場所にありまして、ローカルの人がのんびりたむろしてる場所です。
d0056879_15272498.jpg
掘っ立て小屋みたいでしょ(笑)。でも、このカフェはどの店もインテリアが面白いのよん。
d0056879_15281868.jpg
アンティークだらけの店内です。が、気取ってるわけでもなく。そこらに適当に絵や彫刻が置いてあったりします。壁には昔のオートバイがぶら下がってたり(写真忘れた。すまぬ)。と言うわけで、ここでもひたすら、おしゃべりをいたしました^^


が、さらに続く(笑)。3軒目。。。
d0056879_15314770.jpg
あんなに食べたのに、これは別バラだろうということで^^
d0056879_15323791.jpg
La Jollaにフランス系の女性が作る美味しいケーキ屋さんがあるというのはずっと聞いていて、何度か挑戦したのですが、いつもタイミングが悪くて、今回、やっと口にできただよ。

で、結論をいうと、うまかったよ~♪

ベリーがとにかく美味しいのぉ。スポンジもふんわり&しっとりやわらか~、クリームも甘すぎず。ついてるソースはかなり酸っぱくていいバランス。ちょっと、これはExtraordinary Dessert(SDで一番美味いと言われているケーキや)に勝るとも劣らぬ味かも、と我々、堪能いたしましたわ^^

が、難を言えば、、、見ればわかるような気もするけど、でかい(笑)。。。まじに手のひらよりでかい。。。そして、もちろん、厚い(爆)。$8。。。値段だけ聞くとすごく高い、が、材料がいいのは明白なので、まぁいいか、と言う感じ。半分で$4で売ってくれたらサイコーだと思うんだけど、アメリカ人には足りないんでしょうね。まぁ、あたしも、ぺろっと食べちゃったんで、文句を言えた義理ではないのですが、はっはっは^^


<今日のチーズ部>

ええっと、Bが外食だったので、思いっきり臭い^^チーズ料理でも作ろうかと思っていたのですが、さすがにケーキで腹いっぱいになりすぎてしまい、夕飯を抜きました^^;

ので、今日はご紹介のご紹介^^。。。d0056879_1682144.jpgd0056879_1684082.jpg
この夏、新発売だそうで^^、がらさんにご紹介いただいたので、早速日系スーパーでゲットしてきましたよん。1.79ドルなり。今日の為替で209円くらい。ちなみにこれ定価150円ですかね(ほんと?)。で、税込みで日本だと157円かな。つまり、2割5分くらいこっちで買うと高いということのようですね。

味はこの手のものにしてはチーズが効いてて、うれしい♪ ワタシ的にはもちろん、もっとチーズ臭いのもウェルカムですけど、気軽に食べられる濃さで、お腹がすいてるときにちょっとつまむのにいいかも~♥ がらさん、早速、ご紹介いただいてありがとうございましたぁ m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

<今日のサービス?>…
[PR]
by koru2005 | 2006-08-25 14:02 | ◆ごはん&おやつ
ふたたび(よたび?)、SD引越隊発進!
先週末も(もちろん今も)SDはびかびかーと晴れ。そんな雲ひとつないSDの空の下、また引越をしてまいりました^^
d0056879_2123234.jpg
今回の引越す人、Y氏&Nちゃんち(旧宅)から見た風景。我が家もありますアップタウン・エリアの、その少し内陸よりにあった彼らのアパートは風のよく通る気持ちのいいお部屋でした。

ちなみに丘が茶色いのは造成中だからじゃないんですよ。これがSDの標準。水をまかないと基本的に多肉植物みたいの以外、ほとんど生えない。海に近いごく一部を除き、SDは本来、砂漠のようなからっからの気候なんですワ。



恒例の?引越互助活動も今回で4回目(お互いに引越を手伝ってる友人がいて、ここ2年でこれで4回目なんです^^)。いいかげん、慣れて来た我々、さらに今回は引越のプロを自認する(何十回も自分らで引越ししたそうで)Kさん(黒Tシャツの女性)が陣頭指揮をしてくれて、あっという間に終わってしまいました。d0056879_2163992.jpgd0056879_216562.jpg
日本では考えられないくらい、アメリカ人は気軽に引っ越すイメージがありますが、皆、移動のたびに家財は結構、売り払っていくので、こういうふうにトラックを借りて、自分で引っ越すのはごく普通らしい。我々も前回そうしましたし、ね。


Y氏&Nちゃんの新居は前のアパートから海方向にほんの数キロいったところ。うちにさらに近くなってとても嬉しい。
d0056879_228598.jpgSDのアップタウンには古い魅力的なおうちが数多く残っていますが、こちらも1910年代の建築。当時の建物らしく(今の家を探す時にかなり家のことは調べたので、建築様式に詳しくなっちゃったんです^^;)、玄関前にパティオのあるかわいらしい作りです。


d0056879_254054.jpgd0056879_254594.jpg
電話のない当時、パティオ↑はお客が家人が帰ってくるのを待つのに使われていた、と言うのは本当でしょうか^^ 1年中、外で快適に過ごせるSDで、こうした半アウトドアの空間を作るのは生活の知恵なんでしょうね。右はレバー式のチャイム。もちろんちゃんと動きます。

d0056879_2561575.jpgd0056879_2564238.jpg
暖炉もしっかりあります。冬もさほど寒くないSDですが、一軒屋にはたいていついてる気がする。最近はガスのところも増えてますが、こちらはもちろん薪のもの。で、右の穴は何だと思います?


これ、台所の換気口(換気扇がわり)なんですよ。ちなみにうちもこのタイプ。インディアンの家式だと、不動産屋からは説明されました^^;。

私も今の家に決める時、この換気口が一番気になって(台所が油でどろどろになるんじゃないかと思って)躊躇し、大家さんにも『わたしはアメリカ人と違ってイチから毎日料理するから、家の保全のために換気扇を付けたら』と提案したのですが、あなたは油を使わない日本人だから、大丈夫よ、と言われる始末。

だった1年だし、人の家だし、そう言うんだったら知るもんかい、と思って、じゃんじゃん天ぷらとかもやってるんですけど、それがうちの台所は全然べたついてないんですよ。不思議なことに。この穴、SDでは意外にちゃんと意味があるようですワ^^; 湿気の関係かなー

d0056879_3927100.jpgd0056879_3341164.jpg







照明カバーや床、窓枠も約90年前のままの、魅力的なこのおうちですが、一番、皆の注意を引いたのはコレ←。
当時の冷蔵庫なんですって。穴の下に氷を入れる場所があって、この棚を冷やす仕組みだそうな^^

お昼は近所のギリシャ食堂のテイクアウトのジロス・サンドをゴチになりました。
d0056879_3131238.jpg
d0056879_3132290.jpg

d0056879_3145396.jpgコレはみんなの分を取りに言った時の写真。
その店、見るからにギリシャ系の、あたしの3倍くらい彫りの深いおばちゃんたちが、馴染みのお客さんたちが来るたび、ぶちゅーぶちゅーと挨拶してるようなこなれたお店。

フェタチーズを中心にチーズの小売もやってます。他にお惣菜やバクラバなどの地中海東岸地方のお菓子もいろいろと売ってまして、ひっきりなしにお客さんが来てましたね。


d0056879_463384.jpgサンドイッチも美味しゅうございましたわー。

と言うわけで、皆お疲れ様~。

次は誰の引越かしらね^^



部活動の記録…
[PR]
by koru2005 | 2006-07-13 03:46 | ◆日々の暮らし
おさんぼ・さんぼ: Balboa Park 夜の部
d0056879_0594550.jpg爽やかな日曜の朝でございます。
ようやく買物に行きましたので、フルーツ山盛、なんだか幸せ。
アメリカ、果物安いんでさらに幸せ^^
というわけで今朝はラズベリー&バナナのスムージーでございます。
d0056879_1123598.jpg
牛乳が苦手なワタクシ(お腹がくるくるるー、となるんですワ)、ベースは豆乳です。味付けは愛用のラズベリーの蜂蜜をたらーり。というわけで、darari先輩りりぃ先輩、スム部に私も入れてくださーい^^


***


では(笑)、Balboa Parkの続きを。

夜の6時を過ぎ、少し暗くなってきたバルボアパーク。
d0056879_0114138.jpg



夜のお楽しみを前に、まずは腹ごしらえ、ということで公園内にありますこちらへまいりました。
d0056879_1143423.jpg
これは昼間の写真ですが、The Prado。名前が示すとおり、スパニッシュ・レストラン。Balboa Parkのど真ん中にあります。


d0056879_1155582.jpg前回書いたようにBalboa Parkの中にはいくつか劇場がありまして、その日の我々のお楽しみはそのうちの一つに行くことでございました^^ 通勤時間も労働時間も長い東京近辺ではなかなか難しいとは思いますが、欧米の何がエライって、こういう夜のお楽しみの前後の食事の場所が近所にしっかりあることではないでしょうかねー。夜が遅いと言うか。

ここPradoもそういう閉店時間の遅いお店。バーとしての評判も良くて、パーティの後などに、ちょっともう一杯しに来るのになかなかいい場所でもあります。味も決して悪くない。使い勝手のいいレストランです。


暗くなった後、間接照明の灯された店内はなかなか雰囲気がありますが、外のテラスも気持ちいいのよ。
d0056879_1391692.jpg
この後、舞台やお芝居を見に行く客で、どんどん席は埋まっていきました。みんな、ちょっとお洒落してて、ウキウキした感じが伝わってきます。ウェイターも慣れたもので、まず、開演時間を確認して、メニューを薦めてくれますので安心です。あと、公園内の劇場のチケットを持ってると少々割り引きもありますのよ。よく出来たシステムです。


じゃあ、屁理屈はここまでにして食べたもの。

席につくとまずフラット・ブレッド(とアメリカでは呼ぶらしい)が置かれます。
d0056879_1351853.jpg
よくスパイスが効いてるのが美味しかった。


お相手はツナのパテ。
d0056879_1353035.jpg



私の注文、サングリア。
d0056879_1354393.jpg
Bはマンゴのマティーニを頼みました。どちらもレストランらしい上品な味でした。



前菜に神戸牛(Kobe BeefはSDでも食べるのが好きな人には普通に有名です。この牛、アメリカ育ちだと思うけどね)のロール。
d0056879_1355763.jpg
黒色の中味はなんと、ひじき。これは美味かった、というか、違和感なさ過ぎ。ホームパーティとかに真似っ子するといいかも、と思いました。


炭火でグリルしたアスパラにプロシュートを巻いたもの。
d0056879_136531.jpg
焼いてるんで色は悪いけど、イタリアンの好きな人ならきっと好きでしょう。お酒によく合ってた。


さっき、お饅頭を食べていたので、今日はここまで。トマトソースのスパゲッティーニ。
d0056879_137776.jpg
アメリカで細い麺のパスタを頼むのは勇気がかなり要ります、大抵伸びきってるから、、、(と思ってたらNYは違うそうで、恐れ入りました^^)。

ま、とにかくSDで私は絶対に細麺を頼まないんだけど(笑)、トマトソース好きのBの注文にて。が、めずらしくアルデンテでオドロキ(爆)。ソースも不必要に肉が入ってなくて、イタリアンみたいでしたよ(超失礼^^)。

ただなー、ちょっとしょっぱかったなー。酒を飲むのが前提の料理なんでしょうね。


腹いっぱいといいつつ、デザートは頼まないと、ね。チョコスフレのセットよん。
d0056879_1372329.jpg
甘くなさ過ぎて良かった。奥のカップはエスプレッソ味のジェラート。いい組み合わせでした。これは素直に美味しかった。


ガーデン側から見たテラス席。このガーデンはよくウェディングでも使われるようですが、いいデートスポットらしいね^^
d0056879_1561084.jpg



お庭はこんな感じ。木の向こうはオルガンパビリオン。この日もコンサートが行われていて、音楽にあわせて、かわいい女の子が踊ってました。
d0056879_1562521.jpg
家族でおじいちゃんの誕生祝にPradoに来たらしいが退屈した模様^^;

この日の食事代は食前酒からカプチーノまで入れて、2人で78ドルなり(チップは別)。若い人向けのカジュアルな店ではないので、SDにしてはそれなりの値段ですが、サービスもとてもいいし、私はけっこう好きなレストランです。
d0056879_215836.jpg
夜のレストラン。中庭も雰囲気があります。


えー、夜の話を最後まで書こうと思いましたが、いい加減長くなりましたので、また、次回。。。

興味のある人だけ、殿の検疫準備。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-06-26 02:06 | ◆サンディエゴあれこれ
おさんぼ・さんぼ: ダウンタウン 哀愁の駅前編
前にも書いたが、ここのところ、生活の中心はすっかりワールドカップ。幸か不幸か、時差の関係でアメリカ西海岸での生放送は朝の6時から午後2時くらいまでの昼間な上に、何せ、働いてないので、テレビは見放題。

これまでは家でほとんどテレビを見ないので、月々のケーブルテレビ代を惜しいと思っていたが(ちなみにアメリカではケーブルに入らないとテレビはほとんど見られません)すっかり元を取ってる感がある。

おまけに夏が来てしまって、外が暑い(今、夕方7時現在 外気温25度)&日差しがすごい。
d0056879_11415547.jpg
昼間のスーパーにて。融けそうな日差し。。。夏のサンディエゴの空に雲などというものはない。

が、家の中にさえいれば、海に近い我が家は、家中を冷たい海風がそよそよと吹き渡り、エアコン不要&昼寝最高の気持ちよさ(体感温度は20度前後でしょう)。全米一のパーフェクト・ウェザー、ここにあり(サンディエゴは全米一気候の良い都市として有名なのです)、という快適さである。

が、このままでは引きこもりになりそうだったので、土曜日の今日、サッカーを3戦とも見終えて(笑)、久々に外に出てみました。
d0056879_120454.jpg
ワイパー跡が汚いですね、失礼^^;

d0056879_1225512.jpg
行った先はうちから車で10分くらいのダウンタウン。SDに初夏の訪れを告げる(一応5月くらいから咲くので)紫のジャカランダが綺麗でしょ。この花はSDのシンボルなのよん。


今日のお目当ては駅。
d0056879_1212747.jpg
d0056879_12122075.jpgこちらが観光名所にもなっている1915年オープンのサンタフェ駅。アムトラックと言う長距離の電車の発着駅として、全米で2番目に忙しい駅なんだそうです。サンディエゴ、アメリカの端っこだからね。
実はわたくし、約20年前、ここからアムトラックに乗って、LAに北上し、2ヶ月の旅を終えて帰国しました。ここ、サンディエゴでは知り合いの知り合い(要するに他人)のヨットに泊めて貰いました。そういうホスピタリティと言うのか、当時の日本では知らない外国人をいきなり泊めるというのはありえないと思いましたんで、印象的だったなぁ。まさか20年後に、SDに住むことになろうとは思いませんでしたが。
d0056879_12442312.jpg


20年前は駅の裏に高層の建物はなくて、真っ青な空にこの白い駅がやけに目立っていたのを覚えています。海もよく見えてました(駅の裏はすぐ海)。
d0056879_12262011.jpg
ほら、こんな風に、駅のすぐ近くは海。この船はいつも観光客で賑わってる航行可能な世界最古(1863年建造)の帆船スター・オブ・インディア号。今は博物館になってます。これもいつか、ご紹介しましょうね。


駅の中も外に劣らずコロニアル調、壁のカラフルなタイルがよく保存されていますです。
d0056879_12364180.jpg
d0056879_1237533.jpgd0056879_12462138.jpg
ああ、懐かしいなあと言うわけで、哀愁(笑い)↑。

ついでに新しい駅もちょいと。この古い駅の道を挟んだ反対側はトローリーと呼ばれる市内を走る電車の駅。
d0056879_12544324.jpg
d0056879_1255062.jpg
高層ビルの下をくり抜いた作りの超近代的な駅と赤い車体のコントラストはなかなか絵になります。駅のビルの一角には近代美術館(MCASD)の分館も入ってますんで、暑い日はいいかもね(入場無料、冷房キンキン^^)。


と言うわけで?今日の収穫。
d0056879_131743.jpg
近代美術館にて、Bお好みのヘンな飛行機を集めた写真集。


d0056879_1318772.jpg
d0056879_13184832.jpg暑さのあまり、どうしても食べたくなって飛び込んだ韓国料理屋の冷麺。

冷たくてさっぱり。美味しゅうございました。麺をはさみで目の前で切ってくれるのがまたいいね。



d0056879_132064.jpg
d0056879_13201711.jpg
そして、〆は、リトル・イタリー地区(イタリア料理店が集まった地区)にあるジェラートやのジェラートじゃ。

コールドストーンが何のその(笑)。私の周りではこの店がSDで一番おいしいジェラートやと言うことになっております。そういう?エリアにあるため、兄ちゃんはあやしいけど、甘さ控えめ、天然素材のみを使ったジェラートは、甘ったるいアメリカの普通のアイスクリームとは一味違ってくせになる美味しさ。ここはエスプレッソも美味い。うちから近いため愛用してる店です(今日のフレーバーはカシスとマンゴ)。

と言うわけで、今日は終わり。

さぁ、寝る支度をしなくちゃ^^ では、みなさん、応援頑張りましょう。

興味ある人だけにサッカー関連の話…
[PR]
by koru2005 | 2006-06-18 13:46 | ◆サンディエゴあれこれ
Bの帰宅にまつわる種々の記録
Bが日本から帰ってきました。
d0056879_13573533.jpg
d0056879_142705.jpg
ワタクシの1人飯の最後は4種のチーズのトルテリーニとかいうパスタに自家製トマトソースとパルメザンをどっちゃりかけていただきました。この1週間あまりで血中チーズ濃度と魚濃度を大分上昇させられたかもしれませぬ、おほほ^^。

だって、帰って来たらこうですからねー。
d0056879_14551775.jpg
d0056879_1504869.jpg海外出張から帰ってきたらラーメンと決めてるそうで(焼き豚は自家製よ^^)。 
カスタード・プディングもついでにサービス。なんせ、Bさん、結婚前、何食いたい?って、聞くと、『プリンとラーメン♥(もしくはカレー)』って毎度、答えてた人ですからね(苦笑)

殿は例によってBを熱烈歓迎でした。コレも自分からとびついたんですよん。
d0056879_1401372.jpg
一見クールに見えるけど、ほらね…
d0056879_141722.jpg
爪が出るほど、Bの人差し指をぐーってニギニギしてるの。にぎってる、にぎってる、ほら、指が抜けない、とウレシそうなBさんでしたわ^^;


ワタクシの指導がいいせいか、Bさんがいやみなくらい食い物の写真を撮ってきましたので、皆さんも一緒に見ませんかね。
d0056879_1445390.jpg
d0056879_1452494.jpgd0056879_1455378.jpg
d0056879_146193.jpgd0056879_1464641.jpg
d0056879_1484960.jpgd0056879_1491352.jpg
これ、どこのレストランだと思います?


ビジネスクラスの食事なんですって。なんで、Bごときが毎度ビジネスに乗ってるのか、個人的には多々疑問はありますが、飛行機の食事って今、すごいんだなーっとわたしゃ、感心してしまいましたよ。味も美味しかったって(因みにANA。二食分の一部)。

そういえば、渡米時、赴任の引越ということで、わたしもビジネスで来たんですけど、トイレはものすごく活用させていただきましたが(最近、読み始めた方; 殿とトイレに篭ってたんです、^^;)、ビジネスの恩恵、私、全然受けませんでしたからねえ^^; 帰りは少しは眠ったり、食べられたりするといいなあ。。。私の小さな希望です、はい。。。


Bさん、日本で随分、飲み食いされたようですが、ここに行けたのが一番嬉しかったようで。
d0056879_1416917.jpg
d0056879_14163623.jpg
銀座のみかわやさんです。みかわやといえば、銀座でも老舗の洋食屋、いつ行っても安心出来るお味でおいしい。Bの家はもともと東京(芝=東京タワーの側)なので、ここはおばあちゃんとの思い出の店なんだそうですワ。


そして、Bさん、今回も東京で大量に物品を仕入れてきました。
d0056879_1439536.jpg
これは一部^^; でも、右の方は実は全部、アメリカ人の同僚へのお土産。MOMAのショップでも扱われている無印はアメリカ人デザイナーに非常に人気があります。こういうシンプルでさりげない(←ここ重要)良いデザインと言うのはアメリカに一番ないジャンルですからねー。

まぁ、いろいろ写ってますけど、我が家にとって大事なのは、ポケットティッシュでしょうかね(笑)。日本に住んでるあなた、ティッシュなんて、街を歩けば、要らんほどもらえるって思ってるでしょ? 

そんなの日本だけなのよー。おまけに欧米のポケットティッシュは紙質が硬くて(あの人達はハンカチ代わりに何度も使うので)日本人には使いにくいの。なので、アメリカ在住者にひそかに人気のお土産はポケットティッシュなんです(真面目)。ということで敢てコメントさせていただきました^^


d0056879_14472715.jpg今回もお茶やらお菓子やらいろいろいただきました(ありがとうございます、友人の方々。特に虎屋の水羊羹、、、惜しくてまだ食べれない(笑))。

なかで、ちと珍しかったのはこれでしょうかねー。

小田原の和菓子 菜の花の箱根温泉まんじゅうです。
d0056879_1448283.jpg
城下町の小田原は今でもおいしいお店の多いところだと思いますが、この菜の花さんは全国区ではないですが、ちょっとおもしろい、そして美味しい和菓子を作ってるお菓子屋さん。日本の我が家からは箱根伊豆は良いドライブコース。その行き帰り等によくここに寄ってお土産を買ってましたのよ。

このお饅頭も変わってますよねー。が、これもかなり美味しかった。ごまと黒糖の風味がよく効いてるかわりに、甘味はかなり抑え目。帰ったら買いに行こうと思っちゃいました。



そうそう、Bから私へは今回はこれでした。
d0056879_1458484.jpg
奈良美智のTシャツ。が、あいかわらず、かわいい。。。ま、いんですけどね。ははは。。。
[PR]
by koru2005 | 2006-06-09 14:07 | ◆ごはん&おやつ
朝のヨロコビ in Hillcrest
唐突だが、私は完全な朝型の人間であります。

そんなわけで、夜11時すぎると、何をしゃべったか、あまり覚えてなかったりするが(本当)、朝は6時過ぎには毎日起きて、殿と遊んでたりする。


d0056879_9452731.jpgありがたいことにアメリカ人は本当に朝が早く(サンディエゴだけ?)、スーパーも朝7時、8時から開いてるし、気候のいいサンディエゴには朝ごはんで有名な店がたくさんある。真冬でも真夏でも外でご飯が食べられる気候だからね^^

↑ここはSDで一番有名な朝ごはんの店の一つ。土曜朝からこの行列。



というわけで、街中に越して以来、週末、ブランチ(Bは夜型で朝に間に合わないんです…)に行くことがさらに多くなったこるー家。

先日もそういう朝ごはんで有名な店にいってまいりました^^

Hob Nob Hillさん、60年以上続いてるサンディエゴの名物レストランです。d0056879_9442424.jpgd0056879_9444620.jpg
ほんとはねー、上の大行列の店に行こうと思ったんですが、案の定、Bが起きられなくて、遅れを取っちゃってねぇ。並んで朝ごはんを食べる気分でもなかったので、さくっとこっちに。両方ともうちから車ですぐなのですワ。


このHob Nob Hill、歴史も古いが、その関係者も年季が入ってました…
d0056879_9561073.jpg
↑席の案内を待つお客さんたち。続々とこういう年齢層の方々が入ってこられてました。


d0056879_9562978.jpg
↑何年、働いてるんですか、と聞こうと思って忘れました(笑)。でも、ぱりっとしてて、とても親切。どのウェイトレスさんも丁寧です。


食べたもの。こちら、Bの頼んだソーセージ入りパンケーキ…
d0056879_9595844.jpg



私の。本日の特製、シーフードのキッシュ…
d0056879_1002290.jpg



味。。。おいしいんだろうが、ちょっと、しょっぱいかな~全体に。はっきりした味で、やはり客層の似たMarine Roomを思い出してしまった。これがアメリカン・クラシックと言うことなのかもしれませんね。でも、落ち着いてて、とてもいい雰囲気でした。


***


ワタクシの週末の朝のお楽しみはもう一つ^^。

やはりこれも今の家の近所Hillcrestで開かれるFarmers' Marketです。

d0056879_1082022.jpg
d0056879_1092251.jpg

会場はDMV=陸運局と運転試験場の合体版みたいなところ。要するに広い駐車場があるんですワ。


前の家の近所でも開かれていたFarmers' Marketですが、Hillcrestのが多分SDで一番規模が大きんじゃないのかなー。農産物だけじゃなくて、アクセサリーや、民芸品。陶器、パン、たくさんの朝ごはんの屋台も出てまして、冷やかして歩くだけでも楽しいのですよ。
d0056879_1020617.jpg
こういうふうにコーヒー片手に散策する人もたくさん。このパン屋は以前紹介した私の行きつけの店の出店。


d0056879_1019463.jpg
こちらはサンディエゴらしいサルサの屋台。ココのサルサはSDで一番美味しいと思うのですが、どうですか、SDのみなさん? 某テキサス方面に送ろうと思ったのですが、常温で保存できないと言われ断念しました、ガックリ。が、この夏のスペシャル、マンゴー入りはお奨めざんす♪


d0056879_10192336.jpg
こちらは根菜や。


d0056879_10194037.jpg
きのこや。新鮮なものは香りが全然違います。


ではワタクシのお買い上げの一部…
d0056879_1025513.jpg
腹が減ってたので、すぐ食えるものばかり(笑)。


の、成れの果て…
d0056879_10253491.jpg
d0056879_10324559.jpgマッシュルーム入りのチーズオムレツにかかってるのはサルサ。とれとれのブルーベリーにはラズベリーの蜂蜜をかけて。サラダはバルサミコとオリーブオイルのみでいただきました。

どれも味が濃くて、歯ざわりも本当にしゃきしゃきー。




d0056879_10275725.jpg←この日、一番手に入って嬉しかったのは、ズッキーニの花。季節物&スーパーではこんな新鮮なものは手に入りませんからね。というわけで、海老のかき揚げと一緒に、天ざるにして、夜、いただきました。ちゃんちゃん♪
[PR]
by koru2005 | 2006-05-31 10:35 | ◆ごはん&おやつ
休み中の課題 @ ダウンタウン
待ちに待った学期間休み中のこるーです、こんにちは^^

年明け以来、引越しと学校が重なって、土日も常に何かに追いまくられてるような日々でしたので、今度の休みはそりゃあ、もう、うれしい♪ おまけに夏まで来ちゃって、お天気最高(日差しは怖いが^^;) ぶらぁぼ、ぶらぁぼ、ざます(喜)。

指折り数えたこの休み、休み中にこなすべく設定した課題がいくつかございましたので、早速取り掛かりましたよ。


まずはこれじゃ…
d0056879_8234189.jpg


さーて、なんでございましょうや?^^
[PR]
by koru2005 | 2006-05-29 09:27 | ◆日々の暮らし
今週は韓国だったよ
春の学期が5月いっぱいで終わるので、目の前に仕上げなければならないエッセイやら、プレゼン、レポートが山積中。現実逃避に料理をするのもままならないので(腹を満たすためには作ってるけども)、気分転換に今週は『韓国』方面に出かけてみました。

まずは1個目、またも韓国人経営の和食や/寿司バー(Mr.Wasabi)に、今度はアメリカ人の案内で行ってきましたd0056879_1020419.jpgd0056879_10222154.jpg
一緒に行ったのはクラスの友達、私を含む4人。アジア人とアメリカ人の混合です。この店の常連のアメリカ人Nにお任せしたところ、頼んでくれたのは、こんな感じ。d0056879_10263038.jpgd0056879_10264682.jpg
野菜の天ぷら(揚げだし豆腐、カボチャ、ブロッコリー、しいたけ)、わらじのような大きさの鶏のテリヤキ、他に海老の天ぷら(結構立派なのが1人1本ずつ)、あと、各自にごはん、味噌汁、サラダ。突き出しには枝豆も出てきました。〆てチップ&税混み1人7ドル程度。やっぱ、安いね、韓国人経営の店は。日本人経営だと多分、倍くらいになるだろうなあ。

味もね、定食やだと思えば、上出来。言われなきゃ、ここの味は韓国人経営の店って、わかんないですね、昼間食べた範囲では。インテリアも小奇麗だし、流行るのもさもありなん。アジア系の店が集中するエリアから外れているため、今までマークが甘かったと反省。やっぱ、食わず嫌いはしちゃいかんですな。
d0056879_10364648.jpg
d0056879_1037470.jpg
ありがちですが、板さんはメキシカンのお兄ちゃん。目にも留まらぬ速さで握ってたので、ぶれてます。。。下の写真がいわゆる○○・ロールの類の製造途中。アメリカ人の好きなこうした○○ロールは色が綺麗なのがポイントかにゃあ。

ネタのケースを見た限りでは、悪く無さそうだったんで、魚が食べたいけど、あまりお金をかけたくないときはいいかもしれませぬ。SDの日系の寿司屋のレベルは決して低くないと思いますが、思いっきり食べると、東京の値段になりますのでね^^;



d0056879_10572711.jpgd0056879_1125329.jpg
続いて2個目は前から行きたかった韓国レストラン(チングネ=友達んち、って意味だそうで)ざんす。こちらは前述のアジア系の店が集中するいわゆるアジアン・トライアングルの中のその名もソウル・プラザにございます。

なんで、ずっと来たかったか。なぜならば、我らの周りの韓国人(特にこっちに長く住んでる人)の間では、SDの韓国料理屋の中ではこのしょぼい外観の店が一番美味しいと言う声が大きいからなのじゃ。

中はまたも海の家でした。d0056879_1143529.jpgd0056879_11455242.jpg
韓国人の子に聞いたところ、こういう風にお店の中に家?を作るのは韓国(特に地方)では多いんだそうで。椅子に置いてある座布団も垢抜けなくていい風情。懐かしい感じがして落ち着いたりして^^。


自動的に出て来る韓国の突き出し君たち…
d0056879_1113065.jpg



そして、注文したのは、カムジャタン…
d0056879_11132480.jpg
豚の背骨で、お餅やジャガイモ等の野菜をぐつぐつ煮込んだ料理です。たっぷりエゴマがのっかってて、栄養満点^^。

d0056879_11165466.jpg頼む前に辛すぎないよね、と一応、確認。
大したことないわよ、とお店のオバちゃんに言われたのですが、この通り。

鼻をすすりながら(失礼)食べることとなりました。



d0056879_11503654.jpgが、この料理はうまかった。全然、気取ってないですが、とにかくスープが美味しい。きちんと手間をかけてる印象の味でエライ。

SDの韓国料理屋は、妙に味付けが甘辛いところが多くて、私の周りのLA出身の口の悪い韓国人は、ああいう店はアメリカ人相手にぼったくってる、とよく申します。

が、ここは値段も良心的(定価$6.5位)。庶民派の私、気に入りました。間違いなくまた来ると思いまーす♪


d0056879_11545023.jpgさらに、この日はこのすぐ近くの、ここにも出没。

こちらがSDで一番大きい韓国系スーパー、ZIONさんです。


d0056879_11554890.jpgd0056879_1156269.jpg
ずらりと並ぶキムチも壮観ですが、肉の充実度は日系スーパーの及ぶところではありません。韓国人が我らに比べると、肉食人種だと言うことがよくわかります(因みにこの肉の値段はポンド=約450gあたりの数字。さらに言うと食品には税金はかかりません。以下にアメリカの物価が安いかおわかりかな^^;)。

ここにはいつもこういうものを買いに来ます。
d0056879_11574517.jpg
この日はあと冷麺とキムチを買いました。凝ったものはないけれど、エスニックを追求する限り、サンディエゴは悪くないところだと思っておりますです、はい。
[PR]
by koru2005 | 2006-05-12 12:03 | ◆ごはん&おやつ