ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活、の続き
riruinsd.exblog.jp

南カリフォルニア、サンディエゴに3年間居住。'07年3月末に日本に帰国。スパムが多いのでこちらのコメント欄は閉鎖しました。新ブログ(http://mogusuya.exblog.jp/)にてお待ちしておりまーす♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今の時間とお天気
神奈川


サンディエゴ






















(c) 2005-2006 koru2005
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:SD restaurant ( 45 ) タグの人気記事
おさんぼ・さんぼ: Old Town の Cinco de Mayo
d0056879_7474774.jpg何度か書いたように、今、住んで
る家はSDではかなり古めのエリ
アにありまして、近所には古い
お屋敷が結構残っていたり、要塞
の跡があったりするのですが、
中でも、SDで最古、というか、
カリフォルニア発祥の地(1769年
に白人=スペイン人がカリフォル
ニアで初めて永住した場所)、
とされている場所がうちのすぐ裏に
ありまするOld Townでございます。


d0056879_5482057.jpg


そこで、大きなお祭り、Cinco de Mayo(シンコ・デ・マヨ)が行われているというので(ってか、じゃんじゃか、マリアッチが聞こえてくるの^^;)散歩方々、歩いていってみることにしました。

シンコ・デ・マヨ=5月5日というのは、「プエブラの戦い」でメキシコがフランス軍を打ち破った記念日だそうで、本来はメキシコ本土のお祭りなんですけど、いまや、アメリカでの方が盛んだそうで、アメリカ国内のメキシコ系住民の多い地域=SDではスーパーのチラシにも、シンコ・デ・マヨの文字が踊り、コロナビールやトルティヤが安売りされたりするくらいメジャーです。

SDのオールド・タウンは、アメリカにあって、今に残るスペイン風/メキシコ風のフンイキを売りにしてる場所ですから、シンコ・デ・マヨの期間中にはうん万人と言う観光客が来るそうな。

ではでは前口上はこれくらいにして^^、オールド・タウンに行ってみましょう…d0056879_618241.jpgd0056879_6191391.jpg
d0056879_6195969.jpgd0056879_649082.jpg
オールド・タウンは州&市の公園/施設でもありまして、明治村みたいな昔の建物を移築して集めた場所(左上)、CA発祥当時の街並みを再現した場所(右上)、メキシカン・レストランや土産やの集まるエリア(下)からなっておりまする。


いつも、赤緑白(メキシコの色)だらけで、楽しいエリアですが、今日はさらにお祭り仕様…
d0056879_748147.jpg
この方々がうちまで聞こえたマリアッチの元^^;↑

特設ステージが作られ、たくさんの出店が出店。おめかししたメキシコ系の子供たちに遭遇することも出来ました。


古い建物は小さい博物館やお店として活用されています。
例えば…
d0056879_761027.jpg
d0056879_764759.jpgこれは当時の歯医者(博物館として機能している)。
薄暗い室内には恐ろしげな器具や、歯型が並べられておりました。




かわいいお店もありますのよ…
d0056879_774829.jpg
d0056879_10271339.jpg
このように、オールドタウンのお店では、店内も当時の道具をインテリアとして使ってる店が多いですが、店員さんもたいていはコスプレ。こちらはオーガニックの手作り石鹸のお店なのですが、1周年記念クイズ用にあるものを購入いたしました^^


りるーちゃんにも何かないかなーと入った雑貨&タバコ屋で…d0056879_793255.jpg
一瞬、いいかもと思ったウサギの毛。実は毛だけではなく、『足』でございました (T_T) 。
恐る恐る触ったら、指があるんです、ひー。。。これって、ラッキー・アイテムなんですって。やっぱり肉食人種の考えることはわかりません。



気が済みましたので?、続々と来場する観光客を尻目に、混む前にとっとと退場(このとき11時前(笑))…
d0056879_7113635.jpg
d0056879_713267.jpg↑駐車場に入ろうとする車が列を成すオールド・タウンの裏通り。うちはこの坂の上ですので、行きはよいよい、帰りは…、です^^;。

朝っぱらからいい運動になりましたっ。



もちろん、これじゃあ、終わりませんぜ…
[PR]
by koru2005 | 2006-05-08 23:44 | ◆サンディエゴあれこれ
エスニックなオフ会×2 ♪
TB、早くしたいんで、スミマセンが服はまた次回(笑)。

***

先週、ブログ経由で知り合ったSD在住の方々とお会いする機会が続けてありました。

1個目はBも一緒に、K嬢とレバノン・レストランにて。K嬢は人を通して、ブログ経由で知り合ったのですが、九州出身同士のためか?妙にテンポが合いまして、いまやすっかり友人状態。この方、洋裁のプロでもありまして、私の物つくりのお師匠さまでもあります。

機会があれば会っておしゃべりする仲なのですが、うちの近くのレバノン・レストラン、結構、人も入ってるようだし、ということで今回、お誘いした次第。レバノンといえば、たしか、地中海の東奥。はて、レバノンの食べ物とは???と行ってまいりました。
d0056879_14194223.jpg



まずは、中東を意識して、ミントティーを注文…
d0056879_14202473.jpg
突き出し?はオリーブとピクルス。


メニューはかなり豊富でしたが、料理名を見る限り、地理的にも近いトルコ方面とかなりかぶってる感じ。デビューでしたので、私はチキン・サンドイッチ(Chicken Shawarma)、Bはビーフ・ケバブを注文しました…
d0056879_14265051.jpg
d0056879_1427045.jpg
…こういうピタみたいのにお肉がどっちゃりこ。ちっちゃいポテサラ付きで$7-9くらいでした。ボリュームはたっぷりです。

味はねえ、まず言えるのは香辛料がすごいね^^ トルコ方面に行ったことのある方は想像がつくかもしれないけど、塩コショウ以前にかなりキツイ香りがするんで、日本人だと人によって、合う合わないはあると思います。

K嬢の注文したビーフ(写真なし)はたぶんヨーグルトと香辛料でガッチリ、マリネしてあったんで、蛋白質の二乗状態でかなりくどかった模様。ちと、つらそうでした。Bの頼んだケバブはこの中では香辛料が薄めで、ケバブものが好きな方にはお奨めかも。

d0056879_14404851.jpgテラスに陣取った我々が写真を撮りまくってたもんで、お店の人が親切にも中をあちこち見せてくれたんですけど、どうよ、この内装。


←水タバコも見せてもらえて、それはそれはいい香りでした。夜に来ると吸わせてもらえるそう。


d0056879_14502659.jpg〆は濃厚&スイートなレバノン・コーヒーで(トルコやギリシャのコーヒーほどは粉っぽくなかったような)。わたしゃ、物好きなんで、今度はケバブ中心にメニューを組み立てて、ベリーダンスを見に、夜、参上しようと思っとります^^


***

そして、ひきつづき、今度はラオスでございます。こういう、日本にいるとニュースでしか聞かない国のものが食べられる=その国の人が住んでいる、と言うのがアメリカらしいですわな。

お店をご紹介くださったのは、かわいい猫ちゃん2匹と、おいしいご飯がオンパレードのブログをお持ちのnoirさん。食通のnoirさん絶賛のお店でしたので、これは行かないわけにはいくまい、と、SDのブログ界では有名なtomoさん、こちらもご主人がブログをお持ちのゆーこさん、とご一緒に馳せ参じることに^^。気がついたら、全員、犬か猫を飼っておりまして、当然、話題は尽きることなく、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

お店の場所はいわゆる、そこらにはあまり行くな、と言われがちなエリアに存在。よって、店の外観はこんな感じ…
d0056879_15302327.jpg
檻はあるけど、高級宝石店じゃないのよ(笑)。そのモールはラオス・なんちゃらと書かれたカラオケや、コインランドリー、スーパー・マーケット等々で構成された小ラオスでございました。

鉄格子はありますが、中に入ると、いわゆる東南アジアの食堂の作りでさっぱり清潔。厨房からは牛のスープのそれはそれはいい香りがぷーん、と漂ってきて、食べる前からこの店はうまいに違いない、と確信を持たせてくれました。

noirさんのだんなさんのJさん調査によるお奨めメニューを慎重に注文し、待つこと少々…
d0056879_1532082.jpg
…左からシーフードのサラダ、奥はパパイヤのサラダ、右は牛のスープ(他にビーフ・ステーキとチャーハン、ごはんを取りました。〆てチップ混み1人$10)。

感想を申し上げましょう。。。美味いです


d0056879_15331844.jpgメニューを見ても思ったけど、なんだか、タイとベトナムに近い感じはあります(後で調べたところ、ラオスというのはタイの真上、ベトナムの左でした^^)、が、そのどちらよりもこの店の味は日本人の口に合うと思う。

香辛料は使ってるけど、生姜とレモンがきいてて、全体にサワヤカ、ちらっとガーリックの下味。そして、何よりもスープがしみじみと美味しい。東南アジア系の店には珍しく、化学調味料の味もしない。久々に感動しました。


なので、次の日、また行きました(笑)。
d0056879_15415510.jpg
d0056879_15411229.jpg
d0056879_15412784.jpg
今日はBさんの趣味でテキトーにとりましたが、どれも美味しかった。


味も美味しいけどね、フンイキも気に入りました…d0056879_15433977.jpg
用もないのに、楽しそうに集う人々(多分、皆ラオス人)。我々と目が合うと、つい、頭を下げてしまう店のおじさん、ありがとう、というと、どういたしまして、と丁寧に答えてくれるウェイターのお兄さん、、、ここには私の好きな東南アジアの匂いがとてもします。


と言うわけで、私はこの店に通うでしょう。
いいお店を教わりました。ありがとうnoirさん!
[PR]
by koru2005 | 2006-04-30 16:03 | ◆ごはん&おやつ
Let's eat Sushi, shall we?
と、言ったのはワタシのブログに何度か登場しているフィンランド人のE嬢。この人、東アジア文化を大学院で専攻した、アジア通。ってか、あたしより、よっぽど詳しい(笑)。彼女のご希望で、月イチ、アジア系のランチを食べ歩くという課題に取り組んできた我々ですが、ついに…『寿司』の番がやってまいりました。


なので、先日、行ったのはこちら。どうよ、この店^^…
d0056879_11334251.jpg
d0056879_11335332.jpg
…時にはBGMも演歌だったりして、本物感(?)ではSDイチかと思いまして、選ばさせていただきました(笑)。よって、E嬢、大喜び。わたしゃ、寿司屋のカウンターで写真を撮る勇気はとても出なかったんですが、彼女が撮らせて~♥とオヤジさんに嘆願して、許可をいただきました。外人さん万歳♪

看板は漢字。インテリアにも横文字はゼロ。○○ロールの類は無し。ついでに、オヤジの愛想も無し^^; まぁ、いろんな意味でクラシックな寿司屋さんです。美味しいです、が、夜に来ると、すごい値段になりますので、わたしゃ、もっぱらランチのみだす。

ちなみに、SDには何軒か、まぁ、これなら、と思える寿司屋がありまする。例えばダウンダウンにあるオサレめなTaka、海のそばにあるSushi Ota、等々。この2軒はグルメガイドのZagatでも常に高い点がついてます。

先日のWBCの時も、この二店での日本チーム(イチローはOtaの常連らしい)の目撃情報を多数キャッチいたしました(笑)。他にも紹介抜きでは入れない寿司や(客は基本的に日本人only)もあったりするのよ、サンディエゴ。もし来たら、ウニは食べてね。日本にもカリフォルニアから輸出してますので、地物です。美味しいよ^^

***

そして、前から寿司を作りたがってたE嬢。寿司レッスン(と、Eが言った^^;)を熱望されましたので、僭越ながら、一緒に作ることに。本格志向?の彼女、カリフォルニア・ロールじゃ嫌だ、と申すものですから、いきなり、太巻きデビュー☆を果たしました。

d0056879_11592597.jpg具はアタクシが準備させていただきましたが、オーソドックスに、卵、かんぴょう、しいたけ、きゅうり、でんぶ。

まずは巻いて見せたところ、かぶりつきで写真を撮るので、具を取り落としそうになっちゃったよ^^;

d0056879_12638100.jpg
↑人生1本目の太巻きの完成に大喜び中。

見よう見まねでやったことはあるらしいのですが(悲惨な出来だったらしい^^;)、本格的な寿司作りは、もち、今日が初めて。まぁ、でも、予想はしておりましたが、この人、料理も上手だし、根が器用なんですよね。というわけで、デビューとは思えないくらいに上手にできましたのよ、ほら、これも…
d0056879_12133821.jpg
彼女に言わせると、ヘルシンキでは寿司の材料はかなり手に入るとのことですが、手鞠すしは簡単で、かわいいし、サーモンならフィンランドでも簡単に手に入るだろうと思いまして、ね。


約1時間の格闘後の我々のお昼…
d0056879_12152466.jpg
味噌汁は赤だしの蕪、他にかぼちゃの煮つけとおひたしも足して(写真撮るの忘れた^^;)。純和風で攻めてみました。


d0056879_12163139.jpgおやつは抹茶のムース、黒蜜かけ。これも写真を撮り忘れたことに途中で気がつきまして、おしゃべりの途中に慌てて1枚パチリ。アングルがイマイチです。すみませぬ。

一応、彼女に敬意を表して、iittalaのグラスとカップにて^^



実はですね、彼女、5月末に帰国するんですよ(T_T) 。Eのご主人、こちらで転職しようとしてたのですが、ビザの更新がうまく行かず、結局帰国することになりました…。母国に帰国する人を見送るのは駐在の宿命だと思ってますが、個人的に親しかった人だと彼女が初めてかも。日本に遊びに来たいといい続けてくれてますが、遠いなぁ、フィンランド(哀)。でも、残りのサンディエゴ生活を楽しんで欲しいと、切に願っております。


d0056879_1221287.jpg引っ越し祝いにもってきてくれたRIEDELの花瓶。私がRIEDELのグラスを細々と集めているのを知ってて、選んでくれたよう。嬉しいけど、コレ、見るたびに思い出しちゃいそうで、余計、悲しかったりして、ううう。
[PR]
by koru2005 | 2006-04-24 12:03 | ◆ごはん&おやつ
エキゾチック・サンディエゴ? 謎の○○編 その1
先日、久々にこちらで一番仲良くしてもらってる日本人の友人3人と会うことが出来ました。つき合い始めて、2年近くになりますが、最近はみんな、いろいろと忙しくて、ね^^;。

で、オンナ4人集まれば、まずはメシですな。というわけで行った先はこちら。

さて、コレはなに屋でしょう?…
d0056879_11412244.jpg
d0056879_11414982.jpgd0056879_1142677.jpg




和食じゃん、と思ったあなた、まだ甘いですな^^なんちて。

ってか、これがいわゆる韓国系の(笑)和食屋です(レストランガイドでも、きちんとJapaneseのところに載ってます)。サンディエゴで和食と名のついた店の半数以上は韓国人の経営と言われています。

わたしゃ、ひねくれもんなんで、韓国人の友達に寿司食べに行こう(@韓国系の和食屋)と言われても、のらりくらりと断り続けていたのです。が、この日、一緒だったC嬢(もち日本人)が安くて美味いと絶賛するものですから、滞米2年を超えて、初のフェイク和食やにデビューしてまいりました^^d0056879_122720.jpgd0056879_1223730.jpg

本日のご注文はこちら(4人で2品を山分けよん)…
d0056879_11461354.jpg
看板メニューらしい(皆、頼んでた)寿司サラダ(ちらしサラダだっけか?ま、いいか^^)。下には酢飯が埋まってます。巨大です…


d0056879_11463036.jpg
うどんの一種だったような(笑)。同じくでかい鉢に入ってます。


そう、メニューは可能な限り、日本語(のローマ字表記)でございますのよ。寿司サラダも下にご飯が入ってて、ちゃんと気分はチラシだし。

そして、弁護しますが、決して不味くはないです。でも和食じゃないよね、コレは^^。 さりげなく、うどん?には赤唐辛子が浮いてるし、ちらしにはごま油が入ってました、うふふ。

d0056879_12165355.jpgが、何よりも偉いのは安いことだす。食べ切れなくて大量に残しましたが、1人チップ混み6.5ドル。日本人経営の店の半額だす。とっても流行ってるのも納得。お客さんはほぼ韓国人だったのが面白かったけどもねえ(韓国料理屋って書けばいいと思うのはワタシだけかぁ?^^;)

↑妙に海の家チックなインテリア(なぜか金魚の水槽と池が…)。懐かしい感じがして、なごんじゃったわぁ♥。
[PR]
by koru2005 | 2006-04-20 12:13 | ◆ごはん&おやつ
おさんぼ・さんぼ: ご近所デビュー、Hillcrest編
引越から早3週間が経ちました。
毎度、申し上げておりますように、殿は新しい家、らぶ♥
d0056879_12445012.jpg
日当たりのいい南西の窓に張り付いて、太陽を全身に吸収中。

おしっこも今んとこ、絶好調♪ さきほども本日2度目を、ワタクシの勉強机の背後に設置されておりますご不浄にて、『ちょぉ~♪』。
今日も我が家は平和でございます^^


ようやっと、家の中も落ち着いたような。
というわけで、週末、ちょこっと、近所の繁華街ヒルクレストをぶらついてまいりました。

ミッション・ヒルズにあります我が家を出発しますと…
d0056879_12583399.jpg
…パームツリーの下には1920年代から1940年代に建てられたクラシックな家々が並んでいます。前に住んでいたところほど、敷地の広い家ばかりではありませんが、ここはSDで一番先に人が入植したエリアの一つ。賃貸はほとんどなく、アパートも全くと言っていいほどないので、非常に揃った街並みです。手入れのいいかわいらしい家ばかり。

d0056879_1321779.jpgd0056879_1323967.jpg
d0056879_133674.jpg年代によって様式は様々。建築ツアーも時々見かけます。

面白い家がいっぱいあるので、そのうち、建築案内も載っけようかなー^^。

で、車を走らせ、5分程でヒルクレストに到着でございます~。うちから繁華街の中心までは2km弱っすかねえ。途中もいろいろありますんで歩こうかと言う説もありましたが、向こうについてから歩こうと言うことで不精いたしました^^;


ヒルクレ(となぜか日本人は略す)はこんなところ…d0056879_1322274.jpgd0056879_13251917.jpg
このサインがヒルクレの目印。右は古本屋。


d0056879_13254775.jpgd0056879_1338672.jpg
左は有名な古着屋。右は配電盤の落書き。実はプロ(含む知り合い^^)が描いてます。

d0056879_13264790.jpgd0056879_13391987.jpg
左は大規模チェーン店よりはるかに雑誌の充実したニューススタンド。気の効いたセレクションに感動しました。右はレバノン料理屋。


d0056879_1351781.jpgd0056879_13513141.jpg
左はアフガン料理屋とちょっとかわいい靴屋。右はヒルクレの並木道。


アメリカにはめずらしく、街を歩いて楽しめるのがここのいいところ。カフェやレストランの類の充実度はSDイチだと思いますが、エスニック系のレストランがなぜかとても多い。古本屋、古着屋、ちょっと妙なデザイン・モノを扱ってるブティックも集まっていて、下北沢、な感じが懐かしいっす(涙)。

アメリカは一般に、ステキなもの=高級なもの、という一元的な価値観が主流のデザイン砂漠ですが(断言)、ここらは少しサブ・カルチャーのニホイがして、ホッとするのよね、ほれ、ビンボー症だから(爆)。


ではお腹が空いたところでブランチなど。

渡米以来、パンのまずさは悲しいばかりでしたが、ここは正しく美味しいパンや。近所にあって嬉しい店の一つ。
d0056879_14301743.jpg
全てのパンはこの場で焼かれていて、焼いた人が売ってくれます。彼らのきびきびした動きがとても気持ちいい店。

d0056879_1472188.jpg
パンを買って帰る人と、この場で食べようとする人の注文でごった返す広い店内。

休日はスタートダッシュが肝要です^^

我々の注文の品…
d0056879_14123890.jpg
午前中は食欲のないBが『軽く』食べたくて注文したブレックファスト・セット(笑)。パンが3切れって、そりゃそうなんだけど、誰もこんなに食べれないと思うわけよ^^;($4.75)。


d0056879_14125471.jpg
ワタシのパニーニ。パンはコーン&ライ・ブレッド。具はパストラミ、ゴーダチーズ、モロッコ風のピクルス等々($7.75)。この店はSDにしては、決して安くはないです、はい。ま、美味しいけどね。


実はこのあと、オサレなペットショップにも行ったんですワ。

が、長くなっちゃったんで、また、いつか~。
d0056879_1420233.jpg
いいじゃんよ、お土産買ってきたんだから(寝てたくせに^^;)



<オマケのCIS報告 番外編:The Chocolate Travelar>

日本のチョコレート業界を牛耳る神戸にて、活発な諜報活動をされている同志Tamarind-Cafe君から、調査協力依頼が出た。この件に関して、短いレポートをさせていただく。

今回のアイテムは、旅行にちなんで、様々な地域をモチーフにした缶のデザインが魅力的なThe Chocolate Travelar(@ハリウッド。うちから車で2時間くらい)。

d0056879_1532190.jpgd0056879_1533627.jpg
近所のスーパー2軒にて、ダークチョコ(写真)、ミルクチョコ(缶は色違い)、ティラミス味(缶の絵はピサの斜塔)、クリームブリュレ味(エッフェル塔)を発見。一番マシそうなうまそうなダークチョコ・バージョンをゲットした。(っつーか、ティラミス味、クリームブリュレ味を扱ってる店は閉店前の長蛇の列にくじけましたorz。スンマセン。また挑戦します(-"-;))。


缶は確かにかわいいねえ、コレ。手のひらにパクっと入るサイズで、イラストもちゃんとレリーフになってて、ちょいクラシックな感じがそそります^^

味はぁ、、、まぁ、普通、だ、な。70%もカカオが入ってたら、もうちょっと深みがあってもいいと思うけど、そういう感じはないねえ…。ま、でも、かわいいんで許す($2.9)。季節物とか、出たら、欲しいわ~♪(中味はBに押し付けるとして)。
[PR]
by koru2005 | 2006-04-18 15:21 | ◆サンディエゴあれこれ
家族サービス。
皆さんご存知のようにうちには『こだわりのある』タイプの殿方がお二方いらっしゃいます。小さいほうの方も手がかかることこの上なく、私の日々の生活を 圧迫 彩り♪のあるものにしてくださってますが、大きいほうの方もなかなか^^ 

彼の服装や持ち物について、ワタシごときが口を出すなど考えたこともありませんが(←自分で全部管理してくれるんである意味、とてもラク~)、食い物も、、、ねえ。

彼は果物は好きですが、この人、自分で皮を剥く、などと言う下賎なことは考えたことがないうえに(含むバナナ)、少しでも酸っぱめだと食べないお上品な味覚の持ち主(ワタシは果物は多少、酸味があるほうが美味いと信じてますが)。

で、何が言いたいかというと(長い前振りだ^^;)、

アメリカの果物は酸っぱいんです~

d0056879_92840.jpg
とても美味しそうなイチゴ♥ が、実は。。。


渡米以来、鮮やかな色に魅かれて、果物を買いまくりましたが、まぁ、外す確立の高いこと、高いこと。別にケチってるわけじゃないんすよ。お高めのオーガニック(ったって日本より安い)のものを大抵買うんですけど、でもね、酸っぱいか、水っぽいんですワ。これは、もう、アメリカ人と日本人の嗜好の違いと言うことでしょうねえ。


で、お察しの通り、今回も失敗しました T_T 

が、捨てると罰が当たりそうだし、パックは結構でかいのに、Bは嫌がって食うわけがない。

ということで、まとわりつく、小さい殿方のお相手をしながら、ちょいと作業をしてみました…
d0056879_916934.jpg
…眠くて涙でアイラインが出来てる猫。

 なのに、離れたところでは眠れず、冷蔵庫の上で作業を監視中^^;



d0056879_991530.jpgd0056879_9101910.jpg
d0056879_910120.jpgd0056879_993654.jpg



では、出来あがりはこちら…
[PR]
by koru2005 | 2006-04-15 10:10 | ◆ごはん&おやつ
引っ越した (いつにも増して長いよ^^;)
日曜におかげさまで引っ越しました。

最初は業者に頼んでさくっとやろうと思ってたんだけど、よく考えたらうちにはトラックがある(うちの2台目の車はトラックなの。因みにトラックを女性でも普段から乗り回すのはアメリカではごく普通)。大きな車を持っていて、ありがたいことに手伝いを買って出てくれた友達もいる。よし!こうなったら、アメリカらしく自分らの車のみで引っ越し、というのをやってみよう、ということになり、総勢13名にて、決行いたしました。

d0056879_225857.jpgまずはりるーちゃんに奥の寝室に入ってもらって、10時に作業開始。 

d0056879_232322.jpgd0056879_242829.jpg
トラック3台に、ミニバン(といっても、こっちのはベッドが載ります)、トレーラー付きのSUV+セダン2台に詰め込みまくり。右は手伝ってくれた北欧出身のE夫妻。Eの旦那様S氏は身長200cm超。人生で出来た一番大きなお友達^^

d0056879_25462.jpg
殿が隠れるように残しておいた我々のベッドで、毛布に隠れて頑張る殿。

荷物を積んだところで、殿にお留守番をお願いして、車7台で30分弱かけてフリーウェイを移動。

d0056879_3125370.jpg新居のオーナーからのウエルカム・フラワーに和みました。

人数が結構いたので作業が早い早い。2往復してもらって、ほぼすべての荷運びを終了。助かりました。


d0056879_321873.jpgd0056879_323124.jpg
と言うわけで、新居の中庭でお待ちかねのランチ&ビールタイム。近所のちょっと評判の良いピザやさんからお昼を調達。その後は世間話(テーマは日欧米の労働条件の違い(笑))に花が咲きました。

が、そうです、殿を迎えに行かねば!ということで、盛り上る人々に退散をお願いして(何故か結果的にほとんどの人が猫飼い経験者で、荷物の積み出し中もみなとても気を使ってくれた。感謝)、デルマーにバック。


d0056879_3132232.jpg何もなくなったリビングで呆然とする殿。

d0056879_3161538.jpg
新しい家のバスルームにAと閉じこもって、外の音(Bはまだ頑張って、最後の荷物=我々のベッドを1人で運んでいた)を伺う殿。

d0056879_35581.jpg騒音の元が終わったところで殿に新居を公開。


居場所がなくて、知ってるモノ(=A)の上でたたずむ殿。


一夜明けました。
d0056879_344089.jpg
結論を言うと殿はとっても元気です。おしっこも通常通り、日に2回行ってます。日曜は腰が引けて、ヘコヘコ歩いてましたが、月曜朝には外の鳥に興奮して大騒ぎ。昨夜からは家中を走り回って、Aのお手伝いをしてくれています。


やっぱり、この猫は家に付いてるんじゃなくて、私に付いてることがよくわかったような。とはいえ、今週は殿と地道に新居の整理整頓に励みまーす。

実はこんな家に住んどった
[PR]
by koru2005 | 2006-03-29 03:58 | ◆日々の暮らし
おさんぼ・さんぼ: 本当の散歩、デルマー編
ここのところ、珍しく雨が続いたサンディエゴですが、今日は久々にパリッと晴れ。
d0056879_13335484.jpg
殿も私のレポートを踏みにじってご機嫌です。


水曜日は一番ハードなクラスの課題提出日。今週もひいこら、なんとか課題を終わらせることが出来ましたが、昨日からずっと机に座り続けで、身体がミシミシ言っておる^^; まずい、まずすぎる。。。

と、思いまして、天気もいいし、お散歩散歩、ほんとうのご近所編、運動不足解消もかねて、ぶらぶらと近所を歩いてまいりました。


家の前の道をまっすぐ下りると、まぁ、海なんですけど、それも芸がないので、いつもの私のお散歩コース、近所のおうちを見ながら、ふらふらとデルマーの街の真ん中まで行ってみますか…
d0056879_13341553.jpg



この辺はわりと凝ったおうちが多くて、建築を見て歩くのが好きな私には、結構、近所の散歩は楽しいものでした。まぁ、歩いてる人と目が合うと話しかけられて、魚屋の場所とか聞かれるというオソロシイ一面もあったんですけど(実話)、まぁ、それはともかくとして(笑)…
d0056879_1315021.jpg
何度か書きましたが、デルマーの家はカーテンを閉めません。あと、地域の防衛?意識が物凄く強いエリアなんで、写真をパチパチ撮ってると実は通報されたりもします。。。ええ、まぁ、気をつけましょう^^;(おかげでテキトーにしか撮れんかった、失礼)。


こういうおうちもありまする♥…
d0056879_13345145.jpg
と、思いきや、実はこれは図書館。このエリアはとにかくこの手のティストがお好みのようで、古めの家、公共施設はみな、こんな感じですな。


さぁ、街の真ん中につきましたよ…
d0056879_13354266.jpg
と言っても、特に大きな建物はないですが(住民が強くて作れないのです)、例のキュート?なショップたちがなくもないですかね(笑)。チェーン店系のショッピングモールでは見ないような、ちょっと変わったデザイン物を置いた洋服やさんや、靴屋さんがあったりはします。あと、ブランド物の古着屋もいいらしい。日本人にはサイズがどうか、とは思うけども。


ここから海岸はすぐそば…
d0056879_133622.jpg



本邦初公開?(笑)。これがデルマー・ビーチでございます…
d0056879_13361851.jpg
我ながら絵葉書のような写真じゃ(苦笑)。が、今日は平日なので、多分、近所の人、か、サンディエゴの人ですかね、皆、思い思いにノンビリしておられました…
d0056879_13363470.jpg



さてさて、結構、歩いて、のどが渇いたので、私がよく行くカフェになど…
d0056879_13365469.jpg
外から見ると高い木々に囲まれた古い一軒やなのですが、よく見ると小さい看板が。


d0056879_13385681.jpg中?はこんな感じ。
さすが南カリフォルニア、
屋根はなし。

雨天休業、だと思う。
来たことないけど、多分ね^^…





土日は列が出来るこのカフェも今日はノンビリ、がーらがら。さて、いつものセットを頼みましょうかね…
d0056879_1337937.jpg
d0056879_13372233.jpg
2年間、飲み、食べ続けた(笑)メロン&いちご&桃のスムージーと、Ultimate Bagel。

どちらも凝ったものではないですが、もちろん、注文を聞いてから、丁寧に作ってくれまする(お腹が空いてると、結構つらくなるくらい待たされる^^;)。甘すぎないキンキンに冷たいスムージーと、ゴマをまぶしたベーグルに、カリカリのベーコン、トマト、クリームチーズ、アボカド、アルファルファを乗っけたこの『究極のベーグル』。このシンプルさがうまいんだなぁ。青空の下で食べるからかもしれないけどね。


***



さて、一休みした後、ふらふらとうちに到着。
d0056879_13391179.jpg
…あら、まだ寝てたのね。。。いいわねぇ、あんたは^^;。
[PR]
by koru2005 | 2006-03-15 05:36 | ◆日々の暮らし
家捜し始めました @ アップタウン
皆さんご存知のように、前々から春に引っ越すと宣言してる我々。今の家の賃貸契約が切れる3月末まで2ヶ月を切ったので、家捜しをぼちぼち始めることにした。

d0056879_159499.jpg我々が住んでるのはSD北部の海沿いの郊外(鎌倉みたいなもんか)。
このフリーウェイ(ここ片側8車線よ^^)を20分ほど南下すると、我々のターゲット・エリア、アップタウン(無理やり言うと目黒?下北沢?)に着く。



アップタウンはこんなところ…
d0056879_1592215.jpg
この辺りはSDの中でも一番、レストランや、カフェ、バー、古着屋、インテリアショップ、雑貨屋、等々が集まるエリアの一つで、普通に街を歩いている人をたくさん見かける(普通はあんまり歩いてる人を見ない=車社会だから。ジョギングしてる人はいるけどね)。

アメリカは日本と比べようもないくらい、エリアによって、クラスや人種、職種等が特定できるという実感を持っているけれど、ここは、といえば、まずは『ゲイタウン』として有名^^。エリアの一角にあるHillcrest地区は半数以上の住人がゲイであると言われている。

もちろん、ゲイの人だけが住んでるわけではないわけでして、その他(?)多いといわれているのは、アーチストやデザイナーと言ったアート関係の仕事の人。Bの友人デザイナー君たちもほとんど皆この一帯に住んでおり、彼らが持ってきてくれた賃貸物件情報を元に、周辺のフンイキを今日は確認しに来たと言うわけ(まだ、契約するには早すぎるからね)。


非常に活気があるエリアだが、実はすぐ横には大きな公園もある
(道の右側すべてがそう)。
d0056879_15234853.jpg
d0056879_1524275.jpg
アメリカの都市内にある一番大きな公園といわれているBalboa Parkがそれ。ここは公園という名前で呼ばれているが、中には動物園、いくつもの劇場、10以上の博物館が位置しており、緑豊かな林や池、小川もあって、散歩するには最適。木々の好きな私がSDで一番好きな場所。この辺りに住めば毎日来れると思うと、本当に嬉しい(いつか、改めてご紹介しますね)。


繁華街として知られてるこの界隈だが、一歩、裏に入ると、とても閑静な住宅地でもある。d0056879_15372888.jpgd0056879_15374249.jpg
d0056879_162272.jpg
海を見下ろす丘の上にあるこのエリアは、SDでも一番先に人が入植した土地の一つなので、当時の面影を残す広いパティオのついたチャーミングな建物がたくさん残っており、古い家好きの私にはたまらぬ。

今、借りてる家も古いので、次は快適な高層マンションを、とか何とか言いながら(公園を見下ろせるようなマンションもたくさんあるんだけど)なんとかこういう趣きのある家を借りられないかと、つい、思ってしまったり。。。

が、当然ながら、こういう家が賃貸に出ることはほとんどなく、競争率は激高。ここから先は運試しの世界である。

さてさて、どんな家に住むことになりますやら^^

このエリアに来たら、無視できない場所に行ってきましたよ…
[PR]
by koru2005 | 2006-02-05 17:27 | ◆ごはん&おやつ
突然、インド
突然ですが、今日は『インド』について。


というのも、久々に大好きな映画『モンスーン・ウエディング(2001)』のDVDを見たもんで、頭の中がインドになっちゃいまして。
d0056879_9114196.jpg
インド人の女性監督によるこの映画(ベネチア映画祭グランプリ受賞作)は、北部インドのアッパークラスの結婚式を通して、周辺の人間模様を描いたもの(右のライフログも参照下さい)。インドの新旧文化の対比が非常に興味深い、ということになっているようです。

が、有体に言ってしまえば、この映画、すこぶる綺麗な女の子たちがいっぱい出てくるガールズムービーでもありまして、テーマは普遍的。インド映画だからと言って、意味なく踊ったりはしません。

東アジアではちょっと見かけないような濃~いいいオトコがぞろぞろ出てくるのも、おいしい所ですねー、うっとり(笑)。
(私見ですが、インド系の本当にハンサムな男性というのは←Bの同僚にいるんです#^o^#。。。ほんと、見るたびに寿命が伸びそうなほど、美しいと思いますね、でへへ)。


で、この映画を見てたら、やっぱり食べたくなったので^^、ちょっと行ってきましたよ。d0056879_954170.jpgd0056879_1024368.jpg
今回行ったのはこちら、『Taste of India』

このお店のあるエリアはSDの中でもインド系の方が多く住むことで知られてまして、この日も何組かインド系のお客さんもお見えになってました。
d0056879_10184512.jpg



我々のテーブルの構図。ホカホカのナンは食べ放題よん。
d0056879_10243254.jpg
ワタクシのお皿(手前)でごはん(見えないけど)にのっかってるのは、左手前から時計回りに、チキンマサラ、豆、野菜(ブロッコリー等)、ほうれん草のカレー。サモサとタンドーリチキン、パコラ(天ぷらのようなもの)も添えてみました。

まともに頼むとそれなりに高くなる店ですが、お昼のビュッフェなら$8.95。

あまり量が食べれない私は、本来、ビュッフェは苦手ですが、この値段でいろんな味のカレーやサモサ、タンドーリ、etc.が試せるのは、逆に嬉しい^^ もちろん、この店、美味しいしね♪



頭がインドの私、さらに突撃!(笑)


向かいましたのは、やはり同じエリアにあるリトル・インディアという名のインド系のお店が集まったモールでございます。
d0056879_10433319.jpg
…モール内のサリーのお店。他にもボンベイうんちゃら、とか、アショカほにゃらら、とかいう名前の、レストラン、ビデオ屋、医者、銀行、保険、等々が集まってます。


お目当てはこちら…
d0056879_10465822.jpg
インドマーケットのKER。一歩、店に入ると、強烈なスパイスの香りがして、闘志(?)が湧いてきたりして^^。


d0056879_10582448.jpgd0056879_10584567.jpg
左はスパイスの棚の一部(この4倍ほどあります)。右はインド料理に欠かせない豆、マメ、まめ。。。両側、全部、豆(笑)。

見たことないものがいっぱいあって、わくわくしますが、難易度が高すぎるんで今回、ナゾの新製品の買物は断念。次回はインド人の友人Rを引きずって来ようと、固く心に誓った私でございました。


ご飯だけでなく、こういうのも置いてます…d0056879_11141633.jpgd0056879_11143470.jpg
左はインド人家庭必須のスパイスいれ。右はこれも必須のろうそくですね。このろうそく、どれも派手な色だけど、実際に使ってるところを見る限り、インテリア用というよりは、仏壇(というのか)用。ところ変われば、何とやら、よね。

あと、エスニック系スーパーの中で、一番陳列がテキトーなのもインド系だなー。ま、どこも、いろいろ、お国柄が出てて、ほんと、エスニック・スーパー通いは面白い。これだからやめられませんな、へへへ。


では、本日のお買い上げ…
d0056879_1163785.jpg
ナン、マサラティーの素、黒いマスタードシードです。普通のマスタードシードは黄色ですが、こっちの方が断然、香りがいい。R直伝のカレーに必須の材料なのですが、彼女がくれた分は使い果たしてしまったので、ずーっと探していたのですよ。ようやく手に入れることが出来ました。



そして、さらに続くインド話。
今日もインド人のオニーサンにガソリンスタンドで声をかけられました。最近、よく声かけられるのよ、インド系の男性に(実話)。

ガソリン入れてたら、おーい、おーい、とニコニコして、隣の車から手、振ってるのよねー。


で、なんだろうと、窓を開けたら、、、






バンパーの凹み、$200で直すけどって(爆)。

一瞬、グラッと来たけど、うちは社用車で修理工場も指定されてるので、丁重にお断りしました。車の修理関係って、私の知ってる範囲ではインド系の人がほんと、多いのよねー。

いやー、ほんと、インドづいてるわ、最近、はっはっは^^



<今日の?殿>

大好評につき、調子に乗って、第二弾。
さらに凛々しいりるーちゃん…
d0056879_1132264.jpg


前回のガンダム・りるーについて、複数の方から、やっぱヨワヨワのアムロ・ガンダムより(すみません、アムロ嫌いなの^^)、いい男の強いシャー・ザクの方が殿に合うのではというご意見を頂戴しました。

が、製作者に寄れば、1.赤は銀+緑に合わない。 2.モノアイ(一つ目)なので被せようがない。ということで、シャー専用りるーのアイデアは今ひとつダメダメなのでは、とのことでした(うるさいよねえ…)。

この話が訳わかんない人、シャー専用ってこれのことね↓
d0056879_11435637.jpg

もちろん、このプラモも我が家にありますが、やっぱ、一つ目はキビシイ?^^;
[PR]
by koru2005 | 2006-02-02 11:46 | ◆ごはん&おやつ